原発情報 藤子F不二雄さんの予言

スポンサードリンク

さて、原発情報については。
もう何というか。

物言えば 唇寒し秋の風。。

まさにこういった句がぴったりなのですが。
原発情報はもうバカらしいので、あまり書かないようにしていました。
こういうニュースが出ていますね。

10人の甲状腺機能に変化 福島の子130人健康調査
http://www.shinmai.co.jp/news/20111004/KT111003ATI090018000.html
認定NPO法人日本チェルノブイリ連帯基金(JCF)と信大病院(ともに松本市)が、福島県内の子ども130人を対象に今夏行った健康調査で、10人(7・7%)の甲状腺機能に変化がみられ、経過観察が必要と診断されたことが3日、分かった。福島第1原発事故との関連性は明確ではない。旧ソ連チェルノブイリ原発事故(1986年)の被災地では事故から数年後に小児甲状腺がんが急増しており、JCFは今後も継続的に検査が受けられるよう支援していく方針だ。
 調査は原発事故から逃れて茅野市に短期滞在していた子どものうち希望者を対象に7月28日、8月4、18、25日に実施。130人は73家族で生後6カ月~16歳(平均年齢7・2歳)。医師の問診と血液検査、尿検査を受けた。
 甲状腺は成長に関するホルモンをつくる。今回の調査で1人が甲状腺ホルモンが基準値を下回り、7人が甲状腺刺激ホルモンが基準値を上回った。甲状腺機能低下症と診断された例はなかった。信大病院の中山佳子小児科外来医長は「現時点では病気とは言えないが、経過観察の必要があるので、再検査を受けるように伝えた」としている。ほかに、2人の男児(3歳と8歳)が、甲状腺がんを発症した人の腫瘍マーカーにも使われる「サイログロブリン」の血中濃度が基準値をやや上回った。サイログロブリンは甲状腺ホルモンの合成に必要なタンパク質。甲状腺の腫瘍が産生したり、甲状腺の炎症で甲状腺組織が破壊されたりすることで血中濃度が高くなるが、健康な人の血液中にも微量存在する。
 原発事故で放出された放射性物質のうち、放射性ヨウ素は、甲状腺が甲状腺ホルモンを合成する際にヨウ素を使うため、人体に取り込まれると甲状腺に蓄積、甲状腺がんや機能低下症を引き起こす。
 JCFの鎌田実理事長(諏訪中央病院名誉院長)は「いろいろ意見はあるが、被ばくの可能性は捨てきれないと思う。継続してフォローしていくのはもちろん、福島の新たな希望者がいれば、健康調査の枠を広げるつもりだ」と話している。

意外と早かったですね。
3.11から7ヶ月とは。それも福島からわざわざ長野に避難していた子供たちに異常が見つかったということです。

まぁ、チェルノブイリではこんな感じの調査が出ているのですが。
86年の事故後ほぼ5年後あたりからですよね。
201109000011.jpg

これはベラルーシの例。
a3051af71970fadea800-LL.jpg

ちなみに以下は旧ソ連の男性平均寿命の推移。
原発事故後86年から、5年ぐらいでがたっと落ちてますよね。
8192a2e7fb30b36c94a3b60c4e1b8a261.gif

まぁ、クリスバズビー教授も前から100万人は死ぬと言っているのですが。

英インディペンデント紙は「なぜ福島災害はチェルノブイリよりも深刻なのか」と題し、複数の専門家の意見を紹介。オーストラリアの内科医で、反核運動家のヘレン・カルディコット博士は、「福島に災いが近づいている」と警告。チェルノブイリ事故による死者は25年間で20万人に達したが、福島の事故は、これより深刻だと指摘した。また、英アルスター大学のクリストファー・バズビー教授は、「チェルノブイリ原子力発電所は、一度に爆発したが、福島原発では現在も放射性物質が出ており、チェルノブイリよりも状況が良くない。これから100万人以上が亡くなるだろう」と予想した。
金銭的被害も福島原発事故は、はるかに多く、チェルノブイリ事故は、1440億ポンド(約17.9兆円)と推算されるのに対し、日本は再建費用として1880億ポンド(約23.3兆円)を予想している。  一方、日本政府は、福島原発での漏えい放射性物質の量が1945年に広島に投下された原子爆弾の168倍に達したと明らかにした。専門家たちは、福島原発事故の被害は、まだ始まったばかりだと口をそろえているとして、事態の深刻さに言及した。チェルノブイリ周辺で放射能が及ぼす遺伝的影響を研究してきた生物学者ティム・ムソー教授は、放射線被ばくが持続されると、健康に深刻な問題が発生すると述べている。実際にチェルノブイリの近くでは、昆虫やクモの個体数が減り、鳥の脳の大きさが小さくなったことが明らかとなっていると語った。

7ヶ月で、このペースでは確実にそうなるだろうと思います。

さてそこで思い出すのは以下の動画です。
読者様から教えて頂いたのですが。
日本がが誇る最強のコンテンツ。ジャパニメーション。
その中でもワタスが敬愛してやまない藤子F不二雄氏のドラえもん。
ドラえもんにはタイムパラドックスとか秀逸なストーリーがいくつも出てきますね。
この作品は短篇作品のようですが、藤子F不二雄はこのような未来を予見するような作品を書いていたようです。
これはまさに今ですよね。

ちなみにこれはおまけ。
実写版ドラえもんのようですね。

こ、こえぇ。
こちらの作品も恐い。
ドラえもんと言えば、困った時に助けてくれる未来から来たタヌキロボットですが。
実写だとこうなるのか。。
現代社会の暗い部分と友情のありがたみがまぜこぜになった作品。

原発情報といい、どらえもんといい。
物言えば唇寒しどころか全身が寒くなって、ガクガク振るえてきますた。
これから体を温めに温泉に行ってきます。

本当にありがとうございますた。

スポンサードリンク

↓1日1回応援クリック

この記事をシェアしてヒャッハー!しよう