原発情報 動画blind

スポンサードリンク

さて、読者様より秀逸な動画を教えてもらいますたので載せます。
blindという動画です。
坂本龍一氏のDVD映像などを手がけている、映像作家ショウダユキヒロ監督の短編映画だそうです。

通勤途中で見かけた少女。
ついて行くと首に手術痕。いわゆるチェルノブイリ・ネックレスがある少女だった。
それはたったいま妻のお腹にいる自分の子供の未来の姿だった。
この動画は、これから確実に来る日本の近未来を描いています。

この動画、最後にこう言っています。

Turning away from today’s reality will blind our future.
現実に目を閉ざすものは、未来に盲目である

最近、ニュースでやってますよね。
冷温停止だとか。

http://www.yomiuri.co.jp/science/news/20110919-OYT1T00590.htm
【ウィーン=清永慶宏】細野原発相は19日、ウィーンで開幕した国際原子力機関(IAEA)の年次総会で演説し、東京電力福島第一原子力発電所の事故収束に向けた工程表について、原子炉を冷温停止状態とする「ステップ2」の達成期限をこれまでの「来年1月中旬」から「年内」に前倒しする考えを表明した。
 また、放射性物質の除染に関する国際的知見を得るため、10月にIAEA除染調査団を受け入れる方針を明らかにした。 細野氏は演説で「事故の状況は着実に収束に向かっている。『ステップ2』の予定を早めて年内をめどに達成すべく、全力を挙げて取り組む」と語った。
 工程表では、原子炉が安定的に停止する冷温停止状態の実現を「ステップ2」の条件として位置づけ、10月中旬から来年1月中旬までに達成するとしてきた。

はぁ?
着実に収束?ステップ2前倒し?
釜の底が抜けて、すっかり燃料が抜け落ちてしまった。
中身が入ってないその釜の方が冷温なのはあたりまえだろう。
たった今は燃料がメルトアウトして地下に移動し、地下水と反応している状況ですよね。

80e82362.jpg

これは9/11に掲載された群馬大学早川教授による放射能汚染マップ最新版(第四版)です。
着実に汚染範囲が広がってるのが分かりますよね。クリックすると大きくなります。

ワタスはいつも言っています。
物事の良い面を見よう。
しかし、もちろん現実から目をそむけようと言っているのではないですよね。
例え嫌な出来事が起きても、それは自分に原因があるからなんだ。
そうやって、あるがままの現実を受け入れ、自分を直していく。
自分の内側を直せば、外側も変わっていく。
そういう人にこそ未来はやってくる。

このまま終わる訳がない。
これから白血病、いわゆるブラブラ病。秋から始まると言われています。

ニニギさんも言っていますよね。
天が動く。
こんな所業を天は見過ごさない。
こんなスカポンチンなデマ報道で一般国民は騙せるかもしれないが。
天は騙せない。

今ある現実に目をそむけ、なかったことにしよう。
今までのシステムを続けよう。
そんな人々に未来などやって来ない。
その先は断崖絶壁があるだけだ。
鏡の法則で言うなら、まさにこれからその断崖絶壁が目の前に映し出される。
もういよいよかと思っています。

本当にありがとうございますた。

スポンサードリンク

↓1日1回応援クリック

この記事をシェアしてヒャッハー!しよう