原発情報 やっぱり藻

スポンサードリンク

さて、捨てる神あれば拾う神あり。
やっぱり藻なんでしょうね。

・ストロンチウム90 →骨髄に溜まる。白血病の原因になる。
・セシウム137→筋肉に溜まる。だから心臓の筋肉などにもたまり心筋梗塞の原因になる。

このバイノスという藻は、ストロンチウムを95%除去という素晴らしい効果があるようです。

放射性物質:新種の藻類「バイノス」が高い吸収効率
20111017k0000e040020000p_size5.jpg

ゼリー状の球体に加工したバイノスをシャーレに出す山梨大の志村助教=山梨県中央市の山梨大医学部で、岡田悟撮影
20111017k0000e040025000p_size5.jpg

ゼリー状の球体に加工したバイノス(左)とそれを乾燥させたもの(右)=山梨県中央市の山梨大医学部で、岡田悟撮影
 山梨大医学部(山梨県中央市)などの研究グループは、東京電力福島第1原発で汚染水の浄化に使われている鉱物「ゼオライト」より新種の藻類「バイノス」の方が、放射性ストロンチウムとヨウ素の吸収効率が高いことを実証した。同原発での実用化に向け大手プラントメーカーと交渉中で、今月末に放射性物質で汚染された土壌処理にバイノスを活用するデモンストレーションを福島県伊達市で実施する予定だ。

 バイノスは筑波大系のベンチャー企業「日本バイオマス研究所」(千葉県柏市)が既に汚泥浄化用として製品化しており、放射性物質汚染にも対応できないか北里研究所(東京都港区)などと共同研究していた。

 山梨大医学部第3内科で甲状腺疾患などを研究している志村浩己助教が依頼を受け、福島県浪江町の側溝などにたまっていた汚染水で4~7月、実証実験を実施。その結果、放射性セシウム137とストロンチウム各2メガベクレル、放射性ヨウ素3メガベクレルがそれぞれ入った水1リットルにバイノス100グラムを入れて遠心分離機にかけると、10分間でストロンチウムは8割程度、セシウム137は4割程度を除去できた。ヨウ素も24時間で4割程度減った。ゼオライトと比較実験したところ、ヨウ素についてはゼオライトはまったく吸収しなかった。ストロンチウムについては約1時間で、ゼオライトは約6割しか吸収しなかったのに対し、バイノスは95%吸収した。

 バイノスは藻のため、光と炭酸ガスがあれば容易に増やせる。乾燥させると重量が20分の1になるため、吸収後の処理の簡略化も期待できるという。

 デモンストレーションは、日本バイオマス研究所など複数の企業が行う。除染後に生じた汚染土壌をバイノスで無害化し、使用後のバイノスを1次保管するまでの作業を公開で実施する。【岡田悟】

まぁ、このバイノスとは関係ないですが。
スピルリナも藻ですよね。
スピルリナの効果についてはワタスのブロ友さんのページに詳しく載っていますた。

奴等は見ているさん
http://kokuzou.blog135.fc2.com/archives/314

スピルリナとはこんなやつ。以下楽天にあったものです。
参考にして見て下さい。

本当にありがとうございますた。

スポンサードリンク

↓1日1回応援クリック

この記事をシェアしてヒャッハー!しよう