北茨城市で毎時7μシーベルト

スポンサードリンク

放射能・災害・経済関連ニュースメモ
こちらのブログには昨日の時点でメモしておいたのですが

まぁ、毎度のことですが。
政府の手口は後だし報道。

そうすると報道されてもパニックにならずに、済んだことだ。。と忘れ去られてしまうのです。

しかし。
こ、これは?

昨日の9時頃流れたニュースです。
北茨城市で12日、毎時7μシーベルト?

茨城で毎時7マイクロシーベルト 

茨城県北茨城市で12日、毎時7マイクロシーベルトと高い放射線量を測定と原子力規制庁。
2013/07/25 20:58 【共同通信】

ガクガクガクガク

選挙後に後だしで出してきましたね。


政府は、福島原発とは無関係と言ってるみたいですが。

http://www.chunichi.co.jp/s/article/2013072501002222.html
2013年7月25日 21時34分
原子力規制庁は25日、茨城県北茨城市の南中郷工業団地の路上で12日に毎時7マイクロシーベルトと高い放射線量が測定されていたことを明らかにした。25日の再測定では確認されず、規制庁は「東京電力福島第1原発事故とは無関係とみられる」としている。

12日あたりと言えば、セシウム134が4日間で110倍になったと報道された時期です。

http://www.yomiuri.co.jp/science/news/20130711-OYT1T01319.htm
調査は10日に行われ、水深1メートルの場所で、セシウム137が1リットル当たり1億ベクレルだった。

1億ベクレルってどんな値でしょう。

やはりそのころ何かあったんでしょう。
信じられません。

いやー。
どうなってしまうんでしょうね。日本は。

聖徳太子さんの予言というのがありましたが。。

もう、マズイでしょ~これは。。
a21sd14ifouozfcm,ewrj2013_000436

「皇太子未来記未然本紀」(国立国会図書館)
http://kindai.da.ndl.go.jp/info:ndljp/pid/780715/1

「私の死後二百年以内に一人の聖なる皇族がここに都を作る。そこはかつてない壮麗な都になり戦乱を十回浴びても、それを越えて栄え千年の間都として栄えるだろう・・・
しかし一千年の時が満ちた時には黒龍(黒船)が来るため、都は東に移される。 それから二百年過ぎた頃にはクハンダが来てその都を汚すため、その東の都は 親と七人の子供のように分かれるだろう・・」

チェルノブイリすら石棺をして放射性物質の拡散を防いだというのに、2年も経ってこれでは。。
東の都とは東京ですね。そして完全に放射性物質=クハンダでしょう。

本当にありがとうございますた。

スポンサードリンク

↓1日1回応援クリック

8a31f495-s

この記事をシェアしてヒャッハー!しよう