きのこ放射能マップ

スポンサードリンク

さて、これはちょっとメモ。
最近、ひさしぶりに全国放射能マップを見てたのですが。

これは、前から見てる早川教授の放射能マップ。

0121As.jpg

これのPDF版があるようです。

・表面pdf 5.8MB
・裏面pdf 8.6MB

ところで風の谷のナウシカには胞子とか菌類が出て来ますが。
どうもキノコというのは、セシウムを吸収しやすい性質を持ってるようですね。

c32d84dccb2543c704a1ef87a7c32afe.jpg

http://www.nirs.go.jp/report/nirs_news/9712/hik2p.html から
キノコをつくる菌の本体は菌糸である。これらは普段われわれの目に触れることはないが、倒木や土壌中に張り巡らされ、シロナガスクジラより大きな菌糸体もみつかっている。地球上で最大の生物とも言われるゆえんである。この菌糸が、森林生態系での物質循環に重要な役割をはたしており、放射性セシウムの挙動にも影響を与えているらしい。最近の研究によると、土壌中の放射性セシウムの30~40%が菌類の菌糸に保持されている・・・

きのこ類はセシウム汚染の非常に優れた指標となるようです。

以下は、野生きのこと栽培きのこのセシウム濃度だそうです。
原発事故後の、現在の状況をまとめて下さった方がいます。

http://inventsolitude.sblo.jp/article/79743358.html

201311030.gif

うーん。
ワタスは長野県だけに注目してしまうのですが。
長野だけを見ると、やっぱり北の新潟に近い方とか北東の野沢菜温泉あたり、東の群馬に近い軽井沢の方面は高いようです。

以前、長野県は、環境保全研究所が落ち葉のセシウムを測定したのですが。
その結果にも合致してる感じです。
↓以下は長野県落ち葉の測定結果です。

9770d8ea-s.png
a21sd14ifouozfcm,ewrj2013_000383

42eb0a47-s.png
90c1c20d-s.png
a21sd14ifouozfcm,ewrj2013_000384
まぁ、しかし。
やはり八ヶ岳周辺。黄金村のあたりは強い。
諏訪地方はまったーく無検出でした。

くほほほほほ
やらせはせん。

ちょっとメモでした。

本当にありがとうございますた。

スポンサードリンク

↓1日1回応援クリック

この記事をシェアしてヒャッハー!しよう