金融崩壊が近い byリンゼイ・ウィリアムスさん

スポンサードリンク

まぁ、これはずーーーっと前から言って来たことです。
何だか言いすぎて飽きてしまいますたね。

いいか。
者ども。
金融崩壊が来るんだ。
考えるな!備えるんだ!

あーあー。テス。テス。
黄金村の皆さん。準備は宜しいでしょうか。
マイクの調子を確かめるワタス。
mad-max-road-warrior-blu-ray.jpg

いいか。金融崩壊後は、こうやって札束を燃やすんだ。
Ben-Bernanke-R_jpg_600x1000_q85.jpg
さぁ、君たちもやってみなさい。
そう言って、我が団員達のお互いの結束力を試すためお札を燃やしたりしていますた。

去年の秋、ワタスはすっかりモヒカン刈りにして完全にスタンバっていたのですが。
金融崩壊などまったく起きず、今では髪の毛がフサフサになってしまいますた。

何が金融崩壊が来るだ。
ぜんぜん来ないじゃないか!

いち抜けた。

あ、ちょっとお前だけ。
ずるいぞ!
d158j2014_00002044.jpg

金融崩壊に完全に備えていたワタスのチームの方がすっかり
崩壊してしまいますた。
一体どうしてくれるんでしょう。

。。
まぁ良いでしょう。

さて、これは今日のニュース

米株は続落、FRB緩和縮小めぐる懸念で
2014-01-27T212459Z_1_CTYEA0Q1NHY00_RTROPTP_2_L3N0L14TB-US-STOCK.jpg

1月27日、米国株式市場は続落。写真はニューヨーク証券取引所(2014年 ロイター/Brendan McDermid)
【ワシントン=柿内公輔】米連邦準備制度理事会(FRB)は28、29の両日、金融政策を決める連邦公開市場委員会(FOMC)を開く。量的金融緩和を一段と縮小するとの見方もあるが、新興国経済の先行きに対する懸念から、FRBは慎重に判断する構えだ。

 米景気の緩やかな改善を受け、FRBは昨年12月のFOMCで、毎月850億ドルだった米国債などの資産購入額を100億ドル減額することを決定した。今回のFOMCではさらに100億ドル程度の規模縮小を決めるとの見方が出ていた。

金融関係者の中では、テーパリング(tapering)と呼ばれる話。
米国債の購入額を減らす=つまり量的緩和の縮小。

これについてリンゼイ・ウィリアムスさんが以前から言っていますた。
リンゼイさんは、大恐慌を発生させるにはFRB議長がテーパリング宣言すれば良いだけと言ってたのですた。

実は、2013年の6月にバーナンキ議長は一度テーパリング発言のシミュレーションをやってます。
ポロっとテーパリング発言をしたのですた。
この時は口先だけで実際には実施しなかったのですが。
その発言の直後どうなったかというと世界中で金利が暴騰しました。

去年の6月は日経は、かなり下げましたね。

https://www.rakuten-sec.co.jp/web/market/opinion/survey/201306.html
6月の国内株市場を振り返ると、前月下旬にバーナンキFRB議長が米議会証言において、量的金融緩和策の縮小に言及したことのインパクトは大きく、月の前半は下値を探る動きが中心でした。・・日経平均は一時節目の12,500円を下回る場面も見られました。

一番顕著に反応したのが中国でした。

中国短期金融市場の翌日物レポ金利 が13.1%に、10年超ぶりの高水準
http://jp.reuters.com/article/marketsNews/idJPL3N0EW0RN20130620

そして、今年になっていよいよ本当にテーパリング実施した。
これは完全にシナリオ通りです。

去年の6月とまったく同じように中国で短期金利の暴騰が始まっています。
10%まで行っているようです。

中国人民銀が小規模銀行に最大1200億元供給へ、短期金利上昇で=関係筋
http://jp.reuters.com/article/topNews/idJPTYEA0J05U20140120
[香港/上海 20日 ロイター] – 中国人民銀行(中央銀行)は短期金利の上昇を受け、短期流動性ファシリティー(SLF)を通じ、小規模銀行に最大1200億元(198億ドル)を供給する見通しだ。
事情に詳しい3人の関係筋が20日、ロイターに明らかにした。
1月31日に始まる春節(旧正月)休暇を控えた資金需要の高まりを主な背景として、銀行間市場の短期金利はここ数日で急上昇している。
中国の商業銀行のトレーダー2人によると、翌日物レポ金利が5%を超えた場合、7日物レポ金利が7%を超えた場合、14日物レポ金利が8%を超えた場合、小規模銀行や地方銀行は人民銀に資金供給を求めることができる。
7日物加重平均レポ金利は6.59%を付け、昨年12月の信用収縮以来の高水準となった。
中国人民銀の報道官はコメントを拒否した。

中国人民銀行がリバースレポで2550億元供給へ、短期金利上昇受け
http://jp.reuters.com/article/marketsNews/idJPL3N0KV0XX20140121
[上海 21日 ロイター] – 市場筋によると、中国人民銀行(中央銀行)は21日、期間21日のリバースレポで1800億元、期間7日のリバースレポで短期金融市場に750億元、合計で2550億元を供給する。
レポによる資金供給は昨年12月24日以来初めてで、1日の供給額としては2013年2月以来の規模となる。
20日の取引では、7日物レポ金利 が一時10%まで上昇した。
金利上昇は、新規株式公開(IPO)での株式購入用の資金確保や、旧正月休みを控えた銀行の資金準備が背景とみられている。
人民銀行は20日、短期流動性ファシリティー(SLF)を通じ、商業銀行に緊急の流動性を供給したことを明らかにした。

世界同時株安が始まっている。

以前ワタスはこのように書きましたよね。

リンゼィ・ウィリアムズ氏が伝えるアメリカの危機

エリートらの計画では、アメリカの金融崩壊は、無理のない医療保険法が完全実施された後に起こされます。
米議会が成立させた新たな医療保険法(オバマケア)は、本当の医療保険ではないのです。この法律の中身は議員ですら読んだことがないのです。何も知らずに法案を通過させました。
中身をよく熟知しているエリートによると、この医療保険法は、米国民の医療のためではなく、政府が米国民を独裁的に支配するための法律なのだそうです。

・・中略・・

10月に大きなことが起きるというような情報が駆け巡りました。しかし10月には何も起きません。エリートらはまだ準備ができていませんから、10月には何も起こりません。
10月に医療保険法は完全実施されませんでした。予想されたようなアメリカ全域にわたる暴動も起きませんでした。
全米に設置された電力システムのスマートメーターについて皆さんは理解していますか。
スマートメーターも、NWOと新通貨の下で米国民を完全に支配するために使われる道具なのです。米国民は米政府の命令に完全に従わなければ、食べ物も電力も供給されなくなります。今後、米国民は街頭で暴動を起こすことも、政府に抵抗することもできなくなります。米国民の暴動を防ぐために、スマートメーターが設置されたのです。

・・中略・・

この法律が通った今では、銀行に預けたお金はもはや預金者のものではなくなったのです。銀行に預けたお金は全て銀行のものになったのです。取引銀行が破たんしたなら、預金者のお金は預金者に戻ってきません。そのうち銀行は破たんすることになっています。そして、医療保険法が完全実施されることになっています。
そしてNWOによりアメリカは完全に支配されます。ただ。。。金融崩壊は少なくとも来年1月までは起きません。
従って、今年中に米国民は用意周到に準備をする必要があります。
来年1月までには、銀行が閉鎖されますからその前に現金を引き出しておいてください。

リンゼイウィリアムさん曰く、オバマケアが実施された後だと言っています。
オバマケアは確かに今月1日から開始されてます。

http://www.fujisankei.com/video_library/world-eye/obamacare-kicks%20%20%20.php
d158j2014_00002043.jpg

去年10月の申し込み開始以降、保険購入ウェブサイトの不具合などの問題で加入手続きが難航していたオバマケアですが、今月1日、この制度のもとでの新しい保険の適用が開始となりました。これまでに申込みを終えた人はおよそ210万人と報告されています。

リンゼイさんは1月までに資金を下ろしておけと言っていますよ。

ちなみに、今後起こる3つのことは以下だそうです。

http://www.youtube.com/watch?v=vW02e3xUldU
Lindsey Williams ? 3 Things Will Happen Before The Financial Collapse Takes Place!! (Video)
(リンゼィ・ウィリアムズ:金融崩壊が起こる前に3つのことが起こる)

そのうち、(1) ウォール街の株価が数千ポイントも下落することになります。しかしこの時はまだ金融崩壊は起きません。もちろん、株価が急落すると大きな損失となります。株価暴落の次に (2) 銀行が閉鎖され、預金者が預金を失うことになります。次に、(3) 通貨の切り下げが起こります

以下では、3月までに起きると言っていますね。

http://blog.livedoor.jp/wisdomkeeper/archives/51909960.html

リンゼィ・ウィリアムズ氏は12月4日に放送されたGoldSeekというラジオ番組で世界通貨のリセットの可能性について語ってくれました。
ウィリアムズ氏によると;
グローバル・エリート集団が勝手な事をしようとするなら、今後3か月以内にやってしまおうとするでしょう。それは米ドルの崩壊でも切り下げでもありませんが、世界準備通貨としての米ドルの地位を失うことになるでしょう。
彼の友人(エリート)は、1000年に1度の金融大事件が起こることになるだろうと言っています。それによって、世界中の誰もが影響を受けることになるでしょう。
世界の204ヶ国は、国の資産を基に3%~5%の範囲で各国の通貨を再評価するというIMFの提案に合意しました。それにより通貨戦争は終焉し、その後、NWO勢力は、金本位制度の新たな通貨システムを完全に支配することができるようになります。
再評価により米ドルの価値は30%も下方修正されることになります。バンクホリデーは1年先でしょう。今から1年以内に、個人、州、国の退職基金の30%~50%が国有化されるか国に没収されることになります。
ウィリアムズ氏は、アメリカの各家庭にスマートメーターと呼ばれる電磁波テクノロジーが設置されていることについて非常に問題があると伝えています。この装置は、エリート集団がこれからやろうとすることに対して、米国民が反乱を起こさないようにするために設置されたものだからです=(各家庭に電磁波を送ることで脳を刺激し、彼らの行動を抑制させる。)。
ウィリアムズ氏はスマートメーターの影響に関しては、電磁波兵器の専門家(バリー・トロワー氏)のる研究で明らかになっていると語っています。

リンゼイさん自身のサイトでも以下のように言ってます。
千年に1度の出来事だそうです。

http://www.lindseywilliams.net/global-currency-reset-new-dvd-from-pastor-lindsey-williams/
The greatest event in the financial world in the past 1,000 years is about to take place. Two hundred and four nations have agreed with the IMF (International Monetary Fund) to reset their currency. Christine Lagarde is the new financial head of the IMF. If she and the Elite have their way, this event will take place within the next ninety days (three months).

The Elite have prepared you for this event with an Electric Smart Meter which has been installed on almost every house in America. Only from my Elite friend will you ever know what has been done to you. Only in my new DVD will you learn these details. No one else will dare to tell you this.
Time is no longer on your side. Its time to take action and protect yourself today.

過去1,000年間の金融界で最も大きなイベントが行われようとしています。 204の国が彼らの通貨をリセットするために、IMF(国際通貨基金)に同意しました。 クリスティーン・ラガルドは、IMFの新しい財政的長官です。 彼女とエリート達が思い通りにやるならば、このイベントは次の90日(3ヵ月)以内に行われるでしょう。
エリート達は、アメリカのほとんどあらゆる家にインストールされたスマートメーターで、あなたにこのイベントの準備をさせました。 私のエリートの友人だけから、あなたはが何をされたかについて情報を得ることができます。 私の新しいDVDだけから、あなたはこれらの詳細を学びます。 他の誰も、あなたにこれを話すことさえないでしょう。時間は、もうありません。 行動を起こして、今日身を守るその時です。

– See more at: http://www.lindseywilliams.net/global-currency-reset-new-dvd-from-pastor-lindsey-williams/#sthash.euaLHlpm.dpuf

いよいよ日月神示が言うところの金で固めて金で潰すイベントが起きようとしている。

ワタスが以前書いたように。
来年2014年 奴らが動き出す

2014年4月までに何も起きなければ奴らの計画は頓挫なのです。
奴らの悲願。
ソロモン神殿の建設。

ユダヤ祭日と日食・月食が重なる日付。
2014年4月15日 過越の祭りまでやるに決まってるのです。

いよいよその兆候が表れてきますた。

都知事選などにトチ狂ってうかれている場合ではないでしょう。

ワタスは食料備蓄をしていますが。
今年は広大な畑も借りています。

いよいよ始まります。

ワタスも再度、崩壊してしまったワタスのチーム。
チームヒャッハーの団員を呼び戻して、立て直し、またモヒカン刈りを始めることにします。

funassy_hyahha.jpg

本当にありがとうございますた。

スポンサードリンク

↓1日1回応援クリック

この記事をシェアしてヒャッハー!しよう