金融崩壊が近い 気になるニュースいくつか

スポンサードリンク

まぁ、ちょっと以下は気になる金融関連の記事です。
いくつかピックアップしておきますので興味がある人は読んで見て下さい。

なんでしょうねこれは。
証券会社のインサイダー情報のようです。
JPモルガンからの情報のようです。
こういうのはしょっちゅうネットに載ってるので話半分ですが載せときます。

Read this NOW! Insider spills beans on financial market…
I work as a stock broker for Piper Jaffray located in Los Angeles. What happened yesterday left me absolutely stunned in disbelief.

I manage the portfolios for more than half of our richest clients and my boss called me into his office and told me to cash them all out immediately. My obvious thought was that there was going to be a crash but it was strange that he was so adamant about cashing them out. He clearly knew something so I asked him what was up. He spilled the beans and said look, we are going into a currency crisis. Major banks are going to default in the next 3 weeks. The stock markets are going to go in a violent downward trend not only here but all around the world. The currencies of the world are going to move in every direction and there’s no predicting which ones will still be standing after this is all over. It will spill into the bond markets here and it will be interesting to see what the fed will do. He warned whatever the fed did it was not going to help and not solve any problem. When I asked who told him this. My boss said he talked to a buddy of his who happens to be an executive in JP Morgan. I asked what triggers it and he said the Chinese trust default is going to cause a domino effect which will spill into every market and every currency in the world. He also said this coming week from the 27th to the 31st will have volatile trading and that this collapse is imminent within the next 3 weeks.

I am dumping all my stocks and bonds but the problem is holding dollars is not a safe haven as well. I’m in the process of putting my dollars in precious metals, property, Swiss francs, Vietnamese Dong, Nigerian Naira, Russian Ruble, and Mexican Pesos. Why not Yuan? It’s not safe at all, they are dependent on the consumerism of other nations. Why buy currency of third world countries? They don’t have much industry to be affected. They have more of an agricultural and energy based economy.

If anyone has questions please ask, especially if it is advice on what to do with your assets.

私は、ロサンゼルスのパイパージェフレイ社でストック・ブローカーとして働いています。昨日、とても信じられないことが起きました。私は、多くの超裕福な顧客の有価証券を扱っていますが、昨日、突然、上司から、彼らの有価証券の全てを直ちに現金に換えるように指示されました。その時ふと思ったのが金融崩壊が間近なのではないかということです。 不思議にも、上司はそれらを現金に換えるように強く私に命令したのです。
上司は何等かの情報を入手しているようでしたので、なぜ現金に換えるのかを訊いてみるました。すると、上司は私に非常に重要な情報を話してくれました。
その情報とは。。。もうじき、通貨危機が起きるということです。

今後3週間以内に大手銀行はデフォルトするそうです。世界中の株式市場で株価が乱高下を繰り返します。世界の通貨も激しく変動します。どの国の通貨が生き残るかなど全く分からないほど混乱した状況となるでしょう。そして、アメリカの債権市場にも影響がおよびます。その時、FRBがどのように対応するか、興味深いところです。

しかし、上司は、FRBが何をしようとも何の解決にもならないと警告しました。
上司はこの情報をJPモルガンの幹部から入手したそうです。
何が金融崩壊の引き金になるのかと、上司に訊いたところ。。。中国のトラスト・デフォルトにより世界の金融市場や通貨がドミノ式に影響を受けることになるそうです。

さらに、1月27日〜31日には、市場での取引が爆破寸前の状態となり、3週間以内に金融崩壊と通貨崩壊が起きるそうです。
私は今、自分が保有する株や債権を投げ売りしています。しかし問題は、それらを投げ売りして得た米ドルを持っていてもどうしょうもないということです。従って、米ドルを使って貴金属や不動産を買ったり、スイスのフラン、ベトナムのドン、ナイジェリアのナイラ、ロシアのルーブル、メキシコのペソに換えています。
なぜ、中国元に換えないかですって?なぜなら、中国元は全く安全ではないからです。中国経済は外国の消費(輸出)に頼り過ぎているからです。
なぜ、第三国(途上国)の通貨に換えるかと言うと。。。これらの国は金融崩壊で影響を受ける産業があまりないからです。これらの国々は農業やエネルギーを基盤にした経済でなり立っています。ご質問は何でも承ります。皆さんの資産をどうしたらよいかのアドバイスも致します。

長いので続きは下の「続きを読む」からどうぞ。


中国のシャドーバンキングは話題になってますが、これはぎりぎりデフォルト回避だそうです。

http://sankei.jp.msn.com/economy/news/140128/fnc14012809400004-n1.htm
中国「影の銀行」不良債権化に消えぬ不安 500億円デフォルト寸前で回避
2014.1.28 09:40

fnc14012809400004-n1.jpg

 【上海=河崎真澄】「影の銀行(シャドーバンキング)」による中国の高利回り金融商品をめぐる混乱が表面化した。31日に償還期限を控え、デフォルト(債務不履行)が懸念されていた30億元(約510億円)の金融商品について、組成した信託会社が27日、投資家に対し元本償還を行うと通知した。今回のデフォルトはぎりぎり回避される見通しとなったが、総額20兆元を超えるとされる「影の銀行」への市場の警戒感は一段と強まりそうだ。

 問題の金融商品は、国有商銀最大手の中国工商銀行が2011年2月1日に設定した高利回り金融商品で、預金金利を大幅に上回る年利11~13%を掲げ、富裕層など約700人が期限3年で購入した。

 山西省の非上場石炭会社向け融資を目的に、外部の中誠信託が工商銀行の簿外で組成した。ところが石炭会社は12年に違法な資金調達で提訴され、新たな炭鉱開発も凍結。工商銀行が集めた30億元は別の借入金の返済などで使い果たし経営破綻寸前となっていた。
工商銀行は「一定の責任を負う」と表明した。地元紙は山西省政府が50%、工商銀行と信託会社が25%ずつ元本救済する案を伝えている。信託会社は新たな投資家から救済資金を得たというが、少なくとも当初予定通りの金利は払えず、元本分も償還期限までに全額を用意できるかなど、不透明な部分が残っている。金融リスクに不慣れな中国人投資家の理解をどこまで得られるかも疑問だ。

 中国ではエネルギー関連や都市開発、インフラ整備などで資金需要が急増する一方、信用度の低い案件では簿外の「影の銀行」に調達を頼らざるを得ないのが実情だ。なかでも地方政府がからむ調達分が肥大しており、今回の問題は氷山の一角との指摘がある。「影の銀行」をめぐるデフォルト懸念は今後も相次ぐ恐れがある。

これは去年の10月のニュースです。
JPモルガンが11月17日から現金引き出しに制限を設け、海外の電信送金を禁止したという話。

http://www.infowars.com/chase-bank-limits-cash-withdrawals-bans-international-wire-transfers/


(概要)
10月16日付け:

JPモルガン・チェース銀行は、全てのビジネス用口座に対し、新たなルールを設定しました。
それは。。。顧客は限度を超えた現金を引き出す場合、1ドル増えるごとに手数料を支払う必要があるということです。小さなスーパーやレストランでさえも、毎月5万ドルの現金を引き出しています。
銀行は、現金取引を行っている企業を閉鎖させようとしているのではないでしょうか。JPモルガン・チェース銀行は、中小企業の顧客に対し、資金規制を避けるためにも、現在の預金口座を高額預金口座にグレードアップする必要があると伝えたのです。つまり、大企業の預金口座は何ら影響がないということを示唆しています。
結局、預金者が預けたお金は全て銀行のものであり、銀行はいつでも預金者の引き出し額に制限を設けることができると銀行は考えているのです。
JPモルガン・チェース銀行は、企業顧客を対象に、11月17日から現金引き出しに制限を設け、海外の電信送金を禁止しました。このように銀行は、資金規正を課すことによってアメリカ発金融崩壊に備えているのです。

JPモルガン・チェース銀行と取引を行っている様々な企業は、先週、チェース銀行から上記の通知を受け取りました。企業による現金預け入れと引き出し額は、11月17日からは毎月5万ドルまでに制限するという内容です。さらに、対象は企業だけではありません。コロラド州の小学校にも同様の内容の通知が送られました。

さらに、他にも多くの企業が同様の内容の通知を受け取りました。11年間もチェース銀行と取引をしている企業のオーナーはチェース銀行と取引をやめ、別の銀行と取引を開始すると言っています。
チェース銀行はツイッターで、11月17日から特定のビジネス口座(中小企業のみ)を対象に、高額現金の引き出しや海外送金を禁止するが、チェース銀行の高額預金口座を開設した場合は対象外となると伝えています。
つまり、チェース銀行は11月17日から中小企業に対し資本規制を始めるということです。その直後に、取り付け騒ぎが起きる可能性があります。チェース銀行は、預金者が預けたお金を預金者が使うことを禁止すると言っているのです。
金融エキスパートのジェラルド・セレンテ氏は、アメリカの人々は来る銀行休業日に備えなければならないと警告しています。
チェース銀行は、預金者にお金(預金)を使わせないように抑制しようとしています。また、キプロスで起きたように、預金(米ドル)が海外に移らないよう米ドルの引き出し額を制限したり、海外送金を禁止しようとしているのです。
銀行がこのような方針を打ち出すのはとても異様なことです。このような事をすると、チェース銀行と取引のある中小企業は破たんする可能性があります。海外から物を調達することができなくなりますし、従業員に給与を支払うこともできなくなります。毎月5万ドル以上の売上高があるスーパーやレストランのオーナーは、チェース銀行の口座に預けた預金を(1ドル毎に手数料を払わない限り)使うことができなくなります。
なぜチェース銀行はこのようなとんでもない方針を打ち出したのでしょうか。
つまり。。。アメリカの銀行は来る金融崩壊に備えて顧客のお金(預金)を凍結しているのではないでしょうか。

さらに、米ドル崩壊に備えて、米ドルの海外送金を制限しているのかもしれません。どのような理由が隠されていようともチェース銀行は、このような方針を打ち出した理由を公の場できちんと説明をすべきです。
チェース銀行は今年の初めに、アメリカ各地の顧客がATMから現金を引き出そうとしたときに口座から預金が消えていたことを発見したことで、チェース銀行に対する信用はすでになくなっていました。
チェース銀行は、ATMが故障したことが原因と説明しており、数時間後にATMを復旧させたのです。その結果、一部の顧客はパニックを起こしました。最近では、アメリカの銀行(2行)は、デフォルトが起きる可能性があるため、ATMに通常の2、3割増の現金を用意しています。

これはHSBCの話。現金引き出しを制限したというニュースです。
ブロ友さんのムーのブログさんより

http://agnes2001.blog.fc2.com/archives/1798
HSBCは大規模な現金引き出しの制限を課し (BBC)


いくつかのHSBCの顧客は、彼らがそれを望んでいたか、BBCは学習しているの
証拠を提供できなかったため、多額の現金を引き出すことが防止されています。

リスナーは彼らが£5,000〜£10,000の範囲の量を引き出すから停止していた
ラジオ4の貯金箱に語っています。HSBCは、それが11月に実施された政策の
変更の顧客を知らされていないと認めた。銀行は現在、スタッフへの指導を変更
しましたと言います。

新ルール
スティーブン·コットンアカウント母親からの融資を返済するために彼のインスタント
アクセス貯蓄から£7000を撤回する今月地元のHSBC支店に行ってきました。

年前に、彼は問題なく、HSBCからの現金で大きな和を撤退した。
彼は貯金箱に語ったように、今回はそれが、違っていた: “我々は撤退スリップで
それらを提示すると、我々はお金が何のために作成したかのために十分な説明と
それらを提供できなかったため、彼らは私たちにお金を与えるために減少した彼ら
が望ん関係者からの手紙。 ”

ミスターコットンは、スタッフが、彼が持っている可能性がどのくらい彼に言うことを
拒否したと言う: “だから、私はいくつかの伝票を書いた私は、言った。「私は£5000
を持つことができますか? ‘ 彼らは言った。私は、言った「私は£4000を持つことが
できますか? ‘ 彼らは言った。そして私は£3000のための1つを書いたし、彼らは
言った、「OK、私たちはあなたにそれを与えるでしょう。 ‘ ”

彼は別の£3000を撤回する、その日後に返すことができるかどうかを尋ねたが、
彼は彼が1日に二度同じことを行うことができなかったと言われました。
これはあなたの銀行口座のご利用条件に変更はなかったとして、我々は「変更の
お客様に事前に通知する必要はありませんでした。

HSBCの顧客への手紙

彼は変更を知らされていなかったことも、新しいルールなどについて、HSBCに
文句を書いた。銀行は彼に言う必要はありませんでしたと述べた。「これはあなた
の銀行口座のご利用条件に変更はなかったとして、我々は変化を顧客に事前に
通知する必要がなかった」とHSBCは書いている。 (Google翻訳)

これは、バークレイズが支店を閉じ、投資部門の数百人の人員削減するというニュース。

barclays.jpg
先日、「HSBCが預金引き出し制限」のニュースをお伝えしましたが、今度は
バークレイズが支店を閉じ、投資部門の数百人の人員削減すると報じられて
います。バークレイズは総資産高では世界第2位(2009年)。イギリス3大銀
行中、総資産では第1位、時価総額でも第2位を誇る、イギリスを代表する金
融グループです。そして・・金融マンの自殺が相次いでいます。水面下で大き
な動きが起きていることはほぼ間違いないでしょう。

バークレイズは支店を閉じて、数百人を削減(1.29 BBC)

英バークレイズ、投資銀行部門で数百人削減を計画(1.28 ブルーグバーグ)
     
資産規模で英2位の銀行、バークレイズ は投資銀行部門で数百人の人員削
減を計画していると、事情に詳しい関係者が明らかにした。

関係者が匿名を条件に述べたところによると、削減対象にはディレクターとマネ
ジングディレクターが含まれる。同行の投資銀行部門の従業員数は2012年末
時点で約2万4000人だった。

アントニー・ジェンキンス最高経営責任者(CEO)は昨年2月に、15年までに
年間費用を17億ポンド(約2900億円)減らす目標と人員を3700人減らす計画
を打ち出した。同行は6月に、投資銀部門の管理業務の4000ポストを低コスト
地域に移す方針も明らかにした。

バークレイズの人員削減計画についてスカイ・ニュースがこの日伝えていた。
バークレイズの広報担当者はコメントを控えた。

これはなんでしょう?
ロンドンでは最近、金融業界で働く人の死が相次いでおり、衝撃が広がっているというニュース。

http://jp.wsj.com/article/SB10001424052702304461804579349562188460746.html?dsk=y

欧州金融マンの相次ぐ死―過度のストレスが原因か(1.29 WSJ 日本語版)

ロンドンでは最近、金融業界で働く人の死が相次いでおり、衝撃が広がっている。
ロンドンの金融界は従業員が受けるストレスの問題に取り組んでいる最中だ。

警察によると、28日朝、ロンドンの主要金融地区カナリーワーフにある米金融大
手JPモルガン・チェースの高層ビルから39歳の男性が飛び降りて死亡した。
彼は同社の従業員ガブリエル・マギーさんで、9階の屋根に落ち、即死した。
関係者によると、彼は2004年にJPモルガンに入り、テクノロジー部門のバイス
プレジデントだった。

bank-01s.jpg
ロンドンの金融街「シティ」近くのリバプール・ストリート駅

ロンドン警視庁は、この件に事件性はないとしている。同社広報担当者は「JP
モルガン・ファミリーのメンバーを失い、深く悲しんでいる」と語った。

再保険大手スイス・リーの広報責任者だったティム・ディケンソンさんは先週、
亡くなった。死亡の状況や理由は公表されていない。

また警察が28日に明らかにしたところでは、ロンドン西部チェルシー地区のある
家に死者が出たため、警察が出動した。関係者によると、死亡したのはドイツ銀
行の元幹部、ウィリアム・ブレークシュミットさん(58)で、自殺と見られる。

ブレークシュミットさんは同行のアンシュ・ジェイン共同最高経営責任者(CEO)と
親交があった。同行が社内メモで彼の死亡を明らかにし、ウォール・ストリート・
ジャーナルはこれを入手した。

米国人のブレークシュミットさんは昨年2月にドイツ銀を退職していた。彼は最高
リスク責任者に就任する予定だったが、関係者によれば、十分な経験がないと
判断したドイツの銀行規制当局がこれを認めなかったという。

ジェイン、ユルゲン・フィッチェンの両CEOが27日に出した社内メモは、ブレーク
シュミットさんは「多くの同僚たちからリスクと資本の管理の分野で最も優れた
人物の1人と評価されていた」としている。

最近、ロンドンでは金融機関が若い従業員たちに過度のストレスを負わせている
のではないかとの懸念が広がっている。クレディ・スイスやバンクオブアメリカ・メリ
ルリンチなどの銀行は最近、若い従業員の毎月の週末勤務を減らす措置を導入
した。

これはロンドンで働いていたバンカメの21歳のインターンが昨年夏死亡したのを
受けたもので、同僚らによると、このインターンは当時、長時間勤務をしていたと
いう。11月の調査では、インターンは長時間労働で起こる可能性もあるてんかん
発作で死亡した。

ストレスの影響は幹部クラスでも見られる。バークレイズの法令順守担当のトップ、
ヘクター・サンツさんは昨年、辞職した。同行によれば、過労とストレスが原因だっ
たという。就任前は英金融の規制当局である金融サービス機構(FSA)のトップを
務めていたサンツさんは、この件について公のコメントをしていない。

昨年8月には、チューリッヒ・インシュアランス・グループのピエール・ウォティエ最高
財務責任者(CFO)が自殺した。彼はヨゼフ・アッカーマン会長が耐えられないほど
の仕事をつくりだしたと批判する遺書を残していた。同会長は数日後、ウォティエ家
の人々が同会長は自殺の責任を取るべきだと考えていることを認める声明を出して
辞任した。ただし、その主張には根拠がないとしている。チューリッヒ・インシュアラン
スは11月、元CFOが社の首脳から過度のプレッシャーを受けていた事実はなかっ
たとの調査結果を発表した。

数学者コートニー・ブラウン博士?
誰だか分かりませんが、こんなことを言ってる博士もいるようです。

遠隔透視実験で有名な数学者、コートニー・ブラウン博士が、非常に意味深なメッセージを、彼のフェイスブックに上げたようです。

ハートの贈り物 http://blog.goo.ne.jp/narudekon/e/19db0831a3f3a49e8f4b0238e3d0ca6dより
Courtney Brown: “Nothing Can Stop It Now. There Will Be An Announcement, And The World Will Change..”
“Something important is going to happen sometime next month, February 2014. Nothing can stop it now. There will be an announcement, and the world will change on the date of that announcement. Part of that announcement will happen on this Facebook page, right here.In the beginning, only a few will understand the significance of the announcement, and what it means for all of humanity currently living on this planet. Some will laugh, and some will cry.
But in time, the world will come to know that life on Earth changed significantly on that day in February 2014.A mystery that has confused our civilization for thousands of years will find an answer. And from that answer, a new direction for the future growth of our species will arise.” – Courtney Brown”

来月、2014年2月に重大な出来事が起ころうとしている。今や、何をもってしてもそれを止めることはできない。ある発表が行われるだろう。そして、その発表の日に世界が変わるだろう。一部の発表は、フェイスブックのこのページ上で起こる。当初はごくわずかな人だけが、その発表の重要性を、そして、それがこの惑星に現在生きている人類全員にとって何を意味するかを、理解する。ある者は笑い、ある者は泣くだろう。

しかし早晩、世界は、2014年2月のその日に地球の生活が大きく変わったことを知るようになる。何千年もの間、我々の文明を混乱させてきた謎に答えが見つかるのだ。そして、その答えから、我々の種族の未来の発展の新しい方向性が生じてくるのだ。

ちょっと探すだけで、なんだかいろいろありますね。

本当にありがとうございますた。

スポンサードリンク

↓1日1回応援クリック

この記事をシェアしてヒャッハー!しよう