明日2/7デフォルト決定?

スポンサードリンク

なんだかあんまり騒がれてないのですが。
去年の秋ごろに米国債デフォルトと騒いでいましたが、それが今年の2/7まで引き延ばされたのですよね。

もちろん今までのパターン通り、また債務上限引き上げするかもしれませんが。
そう思って誰も騒がないんでしょうか。

ワタスは今回こそデフォルトをやる可能性が高いと見てるのですが。

デフォルト回避、見えぬ出口 米の債務上限問題 7日の期限目前も与野党綱引き
2014.2.4 21:14  産経ニュース
america2014saimujogen.jpg

 【ワシントン=柿内公輔】米国の債務上限引き上げ期限が7日に迫る中、オバマ政権と与野党の綱引きが続いている。デフォルト(債務不履行)回避に歩み寄るとの観測も出ているが、中間選挙を視野に野党共和党は少しでも譲歩を引き出そうともくろみ、与党民主党でもオバマ大統領との不協和音が聞こえ始め、情勢が混沌(こんとん)としている。

 政府は8日以降、債務上限(約17兆2010億ドル)を超える借り入れができない。財務省は一部債券の発行停止などの緊急措置でデフォルトを回避するが、それも月内が限界だとするルー財務長官は3日の講演で、「政府の支払い義務が果たせなくなる」と、議会に直ちに上限引き上げに同意するよう訴えた。

 行政予算管理局のパーウェル局長はロイター通信に先週、「議会は混乱を望まない」と語り、共和党が数週間以内に引き上げに同意すると指摘。複数の米メディアも共和党が歩み寄る構えをみせていると報じた。

 だが、共和党は秋の中間選挙を意識し、オバマ政権から上限引き上げの見返りに歳出削減などの譲歩を引き出したい考えで、コール下院議員は1日、政権側に要求する項目について「党内で協議が続いており、なお戦略を練っている」と明かした。こうした動きにルー長官は「引き上げは新たな歳出と無関係」で、共和党は無条件に引き上げに応じるべきだと牽制(けんせい)した。

 一方、政権・与党の側も雲行きが怪しくなってきた。上院では保守色が強い州で苦戦が予想される民主党議員がオバマ氏の政策を公然と批判し始め、ルイジアナ州選出のランドリュー議員は医療保険制度改革(オバマケア)の見直し法案を提出。大統領に強い通商権限を認める大統領貿易促進権限法案をめぐっても、下院議員の8割が反対し、上院トップのリード院内総務も「議会軽視だ」とオバマ氏を批判した。大統領と与党の不和が債務上限問題の交渉に影響するとの懸念も広がり始めた。

 大統領も今週、上下院の民主党議員と会合を重ねて支持取り付けを図る構えで、危機感を強めている。

以下はウォールストリートジャーナルから。

債務上限を引き上げを承認しない(=新たな借金ができない)と
2月末に国の財布はスッカラカンになると言ってます。

http://jp.wsj.com/article/SB10001424052702304402204579337480043928064.html?dsk=y
【ワシントン】ルー米財務長官は22日、議会が2月末までに債務上限の引き上げか凍結に動かなければ、その時点で政府の借り入れ能力は尽きるとの見通しを明らかにした。2月末は、同長官が以前公表した控えめな方の予想期限に一致する。

 長官は、財務省の最新の予想期限を記した議会宛ての書簡で、「この見通しはもともと変わりやすいものではあるが、緊急措置を長期間維持するような合理的筋書きは見込めない」と述べた。

 議会は昨年10月、政府の債務上限を2014年2月7日まで凍結することを承認した。債務上限凍結が失効した後も、財務省は緊急措置を用いて資金の借り入れを継続することができる。ルー長官は12月、議会に対し、こうした措置は2月末か3月初めに全て使い果たすと伝えた。長官の22日付書簡によると、新たな資料で、政府の選択肢が2月末に尽きる可能性が高いことが明らかになったという。

前に載せた以下の2月中の重大な発表とはデフォルトのことでしょうかね?

遠隔透視実験で有名な数学者、コートニー・ブラウン博士が、非常に意味深なメッセージを、彼のフェイスブックに上げたようです。

ハートの贈り物 http://blog.goo.ne.jp/narudekon/e/19db0831a3f3a49e8f4b0238e3d0ca6dより
Courtney Brown: “Nothing Can Stop It Now. There Will Be An Announcement, And The World Will Change..”

来月、2014年2月に重大な出来事が起ころうとしている。今や、何をもってしてもそれを止めることはできない。ある発表が行われるだろう。そして、その発表の日に世界が変わるだろう。一部の発表は、フェイスブックのこのページ上で起こる。当初はごくわずかな人だけが、その発表の重要性を、そして、それがこの惑星に現在生きている人類全員にとって何を意味するかを、理解する。ある者は笑い、ある者は泣くだろう。

しかし早晩、世界は、2014年2月のその日に地球の生活が大きく変わったことを知るようになる。何千年もの間、我々の文明を混乱させてきた謎に答えが見つかるのだ。そして、その答えから、我々の種族の未来の発展の新しい方向性が生じてくるのだ。

パンさんが仕上げにかかったのならデフォルトをやる可能性は高いんじゃないでしょうか。
そうすると、あの大暴落のチャート通りになるのですが。

本当にありがとうございますた。

スポンサードリンク

↓1日1回応援クリック

この記事をシェアしてヒャッハー!しよう