原発20キロ圏内に生きる男

スポンサードリンク

いや、こんな人いるんですね。
原発20km圏に住む男という動画です。
たまたま見つけますた。

松村さんと言う方です。

65万回も再生されてる動画です。

3年後の続編もあるようです。

ワタスはも先月仙台に行く際に途中で福島を通りましたが。
確かに木も折れ曲がり、草もぼうぼうで震災以降完全に放置されて
いるような場所も通りましたが。

あれから3年。多くの人が原発事故はほぼ忘れ去ってしまってます。

ワタスは今でも食べ物は気をつけていますし。
東京に行く時はマスクをします。

ガクガクガクガク。
し、死にたくない。。
完全に放射能を恐れる派なのですが。

そんなの関係ねぇ。
福島原発のすぐ近く。
誰もいなくなった20km圏内にたったひとり生きる男がいた。

世の中に振り回されない。
考えるな感じるんだ。

もう覚悟を決めているというか。
なんというか、ロックな生き様というか。

松村さんは震災の直後、叔母の家を頼りに避難したそうです。
でも、放射能が家の中に入って来るからと入口で断わられた。
避難所も一杯だった。

それで面倒になって自分ちに戻って来た。
それから誰もいなくなった地でたったひとりで生きている。

難しいことなんてどうでもいい。
動物と一緒に暮らす素朴な生き方。
ぼくとつとした生き方です。

見ていてなんだか涙が出ますた。

見ると何か尊敬の念さえ覚える方でした。
松村さんには負けないでもらいたい。
長生きしてもらいたい。

日本人は遺伝的に放射能には強い。
バカな野郎どもがまき散らした放射能なんかに絶対負けない。
松村さんは平然と長生きする。
そう信じたいと思った動画でした。

本当にありがとうございました。

スポンサードリンク

↓1日1回応援クリック

shinminato_main_photo01

この記事をシェアしてヒャッハー!しよう