美味しんぼ騒動とお医者さんへのお願い

スポンサードリンク

なんだか世間では美味しんぼ、美味しんぼと騒がしいですね。

何がそんなにおいしいんでしょうか。
こんな風に騒がれてるようです。

美味しんぼ騒動 時系列まとめ

4月28日 漫画「美味しんぼ」で主人公の山岡が鼻血を出したと福島県と放射線被害を連想させて書く

5月9日 石原環境相、公式記者会見上で「何を訴えようとしているのか私には全く理解できない」「風評被害を引き起こすことはあってはならない」と批判する

5月9日 作品に登場した前双葉町町長 井戸川克隆氏が記者会見を行う
「実際、鼻血が出る人の話を多く聞いている。私自身、毎日鼻血が出て、特に朝がひどい。発言の撤回はありえない」と石原環境相の発言を批判する

5月12日 次の美味しんぼ発売。「福島に鼻血が出たり、ひどい疲労感で苦しむ人が大勢いるのは、被ばくしたからですよ」とはっきり描写する

5月12日 福島県、公式サイト上で「断固容認できず極めて遺憾」と表明

5月12日 大阪府、公式サイト上で5月12日発売号掲載分中の震災がれきに関する記述についてその内容を否定

5月12日 菅義偉官房長官、午前の記者会見
「住民の被ばくと鼻血の因果関係は考えられない」と不快感を表明

5月12日 首相官邸ツイッターアカウント
「一部指摘」との表現を用いながらもこの問題を取り上げ、専門家評価を紹介して否定

5月13日 閣僚から批判相次ぐ。
根本匠復興相「漫画とはいえ、地元の不安や風評被害を招きかねない内容で、誠に遺憾」

昨日は、こんな報道がされてるようですね。
旅行キャンセルがあったとか。


美味しんぼが無くてもキャンセルされてた。
東電や自民じゃなくて美味しんぼのせいにできて本当に良かった← 今ここ

こんなところでしょうか。

あのヒットラーさん。総統閣下も今回の騒動についてかなり怒っているようです。

総統閣下が「美味しんぼ」鼻血問題でお怒りのようです 投稿者 schun1

さて、2011年3月から3年目の現在。
皆様はこういうグラフは既に見ているかと思います。

チェルノブイリ原発事故後5年目から甲状腺癌が急増した。
17b3a96bfae1cf02a257a6b56422d50f.jpg

cb08b761.gif
チェルノブイリで起きた5年目の地獄。
早い人ではもう喉のあたりに痛みが生じ始めています。
そういう人がその後どうなるかは、可哀想ですが分かりきったことです。

だからこそワタスは、微生物酵素が良いとか糖鎖が良いとか。
あれこれここで薦めている訳ですが。

後の世から見れば、鼻血ごときであれだけ騒いでた時期もあったよね。
そう呆れ果てて振り返る時が来ることでしょう。
 090805_nothing.jpg
まぁ、バカバカしくって書くネタではないのですが。

さて、話変わって皆さまはAWGという機械をご存じでしょうか?

ワタスも以前からこのAWGという治療機器に注目して2度も記事にしました。

癌は光で殺すことができる その1
癌は光で殺すことができる その2

AWGというのは、癌を治療できるという機械です。
松浦博士という方が発明した機械でした。

↓こんなやつ
11033.jpg

af1f05f8.jpg

実は、一緒に活動してる佐野博士がこのAWGを改良するプロジェクトを呼びかけています。
良く分からないかもしれませんが、以下載せておきます。

佐野さんのブログより抜粋

12月12日衆議院議員会館にて日本がん難病サポート協会名誉会長に
http://ameblo.jp/allahakbar231/entry-11730057577.html

佐野千遥としては、先ず緊急事態である福島原発からの放射能が原因で東北・ 関東の幼児達に広範に発症している甲状腺がん(原爆症)の救済目的で、 AWGの抜本的改良のプロジェクトとソマチットの研究開発を推進する意向である。
佐野千遥は又、癌一般に対し、「温熱療法システム」の開発を提起している。

1.甲状腺がん(原爆症)の救済目的でのAWGの抜本的改良のプロジェクト

電子を光速度近くまで加速すると、ファラデーの単極誘導現象の結果その表面に巻き付いているN極系(=電気系)エーテル繊維が解れて外れ、電子の中に隠れていた負の質量のS極単極磁力子=反エントロピー要員が如実に現れ、原爆症で秩序性が劣化している原子核に難なく飛び込み、原子核内部の秩序性を回復する事により、病を原子核の内から治すのがAWGなのだが、AWG器機を使った症例には従来、効果が出た者と、出なかった者が居た。

佐野はAWG専門ジャーナリ スト俊成正樹氏と共に効果が出なかった患者が居たその原因を検証して、現実には家庭用電力・電圧で電子を光速度近くまで加速する事が実現出来ていない事を探り当てた。

機能的に似たような仕組みの物にセシウム、ストロンチウムのベータ崩壊放射能を本当に除染する為の「三菱重工の電子銃」なる物が有るが、これも「電子を光速度近くまで加速して」セシウム、ストロンチウムの原子核に飛び込ます事により、ベータ崩壊を短時間で終えるように促進して、非放射性元素へと核種変更させる事により、放射能を除染する、と謳っている。

ベータ崩壊で原子核からベータ線として発射される電子の速度は光速度の 1/3程度であるが、「三菱重工の電子銃」の場合、実は亜光速には加速され切っておらず、ベータ線の電子の速度と同じ光速度の1/3までしか加速出来ていない事が分かった。

つまりベータ線の電子の速度と同じ光速度の1/3までしか加速出来ていないから、ベータ崩壊を促進する事までしか出来ないのである。

AWGに比べれば遥かに大型重装備の「三菱重工の電子銃」とても、光速度の1/3までしか加速出来ていないから、せいぜいベータ崩壊促進が出来るのみで、スミルノフ学派のように放射性元素の原子核の低温解体消滅を実現する事が出来ないのである。

実際、電子を光速度近くまで加速するには素粒子研究所の巨大な加速器を従来必要としてきている。

そこで佐野は、AWG発明者松浦ゆうじ氏と、西村明美氏に対し、家庭用電力・電圧のみで亜光速まで電子を加速する為に佐野独自の「トポロジカル超電導回路」と「S極単極スカラー磁場発生装置」の科学技術ノーハウを提供する用意が有る事を通達してある。

難しいので簡単に言うと、AWGは効果のある人とない人がいるようです。
それは現行版のAWGが、照射電子の速度が不十分だからでした。

電子の速度が、光の速度に達していないからだった。
それで治療効果が不十分なのが判明した。
それで、佐野さんの理論によって照射速度を光速度まで上げるよう改良しようということになってます。

佐野さんは、このAWGの改良プロジェクトで現役医師の協力を求めています。
佐野さんは物理学理論には詳しいのですが、実際の医学知識、臨床などをサポートしてくれる医師の協力が必要なのでした。

今回の美味しんぼ騒動は、大人の事情。
純粋さのかけらもない利権の争いです。

本当は、美味しんぼの作者を批判してる人々も、既に影響が出始めたことを分かっているのでしょう。
でも、大人の事情で頑として認められないのですた。

おバカな大人が争いばかりしている中、一番犠牲になるのは誰なのか。
子供たちです。
わかりきったことですが。

自分の未来である子供をほったらかしにお互いに争いあってる社会。
子殺し社会=未来のない社会

誰かが子供たちにこの世界に善意が残ってることを伝えなければならないでしょう。
純粋さが残ってることを教えてあげなければならない。

もし、ここを読んでいるお医者さんがいましたら
以下にご連絡をお願いします。

[email protected]

こちらからご連絡させて頂きます。

本当にありがとうございますた。

スポンサードリンク

↓1日1回応援クリック

この記事をシェアしてヒャッハー!しよう