いかしたモヒカン芸人 ゴルゴ松本さんの言葉について

スポンサードリンク

さて、これは、ゴルゴ松本さん
c48jd2014_00002313.jpg

その昔、命というギャグで一世を風靡したお笑い芸人さんですが、覚えてるでしょうか。
いや、この方は2011年からずっとボランティアで少年院の慰問を続けてるんですね。
知りませんですた。
その様子がTVに放映されてました。

ワタスも時々書いているのですが。
良い言葉を使おう。

あそこがダメ。
ここがダメ。
あいつのせいでこうなった。
あの野郎のせいだ。

悪い方向ばかりに目を向け、毎日のように、悪い言葉、否定的な言葉ばかり使う。
それは否定的な現実が好きだということです。
だからそういう現実が寄って来るだけ。

逆にできるだけ肯定的な言葉を使いましょう。
あそこが好き。
ここが良い。
ここが素晴らしい。
あの人のここが好き。
人を褒める。
そうしたら肯定的なことが寄って来ますよ。

引き寄せの法則など単純明快な法則なのです。

少年院に入っている少年達の前でゴルゴ松本さんが言いました。

あなた達だって、夢は叶います。
「吐く」という言葉を良く見て下さい。
口からプラスマイナスを出すという漢字になってます。
普通の人はプラスもマイナスも口にしています。
でも、成功する人は違うんだ。
そこからマイナスの言葉をなくしていけば「叶う」になるんだよ。

そしてこうも言いました。
苦難、困難、災難。
そういうものがまったくないものを、難が無い人生。
無難な人生と言います。

でも、苦難、困難、災難がある人生は、考え方を変えれば
「有難し」になるじゃないか。
それは、まさに有難い人生じゃないか。

いや。
ゴルゴ松本さん。
単なるおバカ芸人と思いきや。
良いこと言います。

目の前に現れる困難は自分を高めてくれる。
つらい日々は大事なことを教えてくれる。
自分のとらえ方ひとつでマイナスもプラスにできる。
だから肯定的な言葉を使おう。
良い面に目を向けよう。

モヒカン芸人 ゴルゴ松本さんの言葉。
ちょっと感動したので紹介しますた。
良かったら見て見て下さい。

本当にありがとうございますた。

スポンサードリンク

↓1日1回応援クリック

この記事をシェアしてヒャッハー!しよう