米ドルスルーが加速 BRICSが独自の開発銀行設立について

スポンサードリンク

7月20日と言う噂もある中、なにか大きく動いてます。
これはすごい。圧巻の写真ですね。

左からプーチンさんに、習近平さんもいます。
BRICSが今までの欧米のIMFや世界銀行に対抗する新しい開発銀行を創設するというニュースです。
brics-bank-currency-pool.jpg

これはロイターから

http://jp.reuters.com/article/topNews/idJPKBN0FK2HI20140716

BRICSが開発銀設立で合意、新興国の発言力強化へ
[フォルタレザ(ブラジル) 15日 ロイター] – ブラジル、ロシア、インド、中国、南アフリカの新興5カ国(BRICS)は15日、懸案だったBRICS開発銀行の設立と外貨準備基金の創設を決定した。ブラジルのフォルタレザで開かれているBRICS首脳会議で各国が最終合意に達した。
BRICS開発銀行の誕生は、第2次世界大戦後に欧米主導で確立した国際金融システムにおいて、新興国が発言力を高めるために協力関係を築いていく上での最初の重要な一歩となった。
開発銀行は主にインフラ関連プロジェクトへの資金供与が狙いで、本部を上海に置き、最初の5年間はインドが総裁国を務める。その後総裁国はブラジル、ロシアと交代していくという。
発足時点の当初の資本金は500億ドル。2016年から融資を開始するとともに、他国にも出資の機会を提供する。ただ、BRICSの出資比率は55%を下回らないようにする。
一方で緊急時に対応するための外貨準備基金も総額は1000億ドルとなる。このうち世界最大の外貨準備を保有する中国が410億ドルと最も多くの金額を拠出。ブラジル、インド、ロシアの拠出額はいずれも180億ドル、南アフリカは50億ドルと定められた。
実際の必要時には中国は拠出額の半分、南アフリカは拠出額の2倍、その他の3カ国は拠出額相当を利用できる。
ブラジルのルセフ大統領は「米国の量的緩和縮小の結果として各国経済が直面するボラティリティを抑制する効果があるだろう」と述べた。

相変わらずロイターはロス茶のメディアらしく、おためごかしな記事です。
重要なことはぼやかして書いてます。

同じニュースでも、これはロシアのニュースメディア、ロシアトゥディからです。
はっきりと米ドルの支配を破る第一歩と書いてます。

http://rt.com/business/173008-brics-bank-currency-pool/ (機械翻訳)
左から、ロシアの大統領ウラジーミル・プーチン、インドの ナレンドラ・モディ首相、ブラジルのジルマ・ルセフ大統領、中国の習近平と南アフリカのジェイコブ・ズマ大統領は 、ブラジルのフォルタレザで開かれた2014年7月15日第6回 BRICS サミットで握手を交わしました。この新興経済のグループは1000億ドルの BRICS 開発銀行と準備通貨プールをさらに1000億ドルの上の価値に列するために長い間期待されている文書に署名しました。 両方ともは西欧の融資銀行とドルの影響に対抗するでしょう。

新しい銀行は BRICS 国で、そしてIMFと異なり、インフラストラクチャーと開発計画に金を提供するでしょう、あるいは世界銀行、それぞれの国は、GDPの大きさにかかわらず、等しい発言権を持っています。
国の財務大臣は火曜日に ブラジル フォルタレザで理解するメモ、 BRICS 6回目のサミットの最初の日に署名しました。 BRICS 輸出信用調査機関と刷新の上の協力の合意の間の協力に関する文書が同じくインクで書かれました。

それぞれの BRICS メンバーが1000億ドルに達するゴールで500億ドルのスタートアップの資本を確証することに均等のシェアを投入することを期待されます。 BRICS 銀行は上海に本部を持つでしょう、インドは最初の年大統領として司会をするでしょう、そしてロシアは代表者の委員長でしょう。 それぞれの国が(彼・それ)らの財務大臣あるいは中央銀行議長を銀行の代表的な委員会に行かせるでしょう。

5つの国からのリーダー - ロシアのウラジーミル・プーチン、ブラジルの ジルマ・ルセフ大統領 、中国の習近平、インドの ナレンドラ・モディ首相 と南アフリカのジェイコブ ズマはすべて出席していました。
分担蓄えの取り決め(CRA)と呼ばれる1000億ドルの危機の貸し付け資金は同じく制定されました。 中国は一番大きいシェア、およそ410億ドルを提供するでしょう、ロシア、ブラジルとインドは180億ドルを寄付するでしょう、そして南アフリカ、経済圏の最も新しいメンバー、は50億ドルを提供するでしょう。
「このメカニズムは金融市場での危機からの我々の国の経済の効果的な保護のための財団を作ります」、とロシアの大統領ウラジーミル・プーチンが言いました。
BRICS 銀行の大きい始動は、国際通貨基金(IMF)と世界銀行、 BRICS 国が中でほとんど影響を持っていない共に合衆国ベースの団体のようなドルに後援される団体と同様、世界貿易での米国のドルの支配を破る第一歩として見られます。
メンバーシップがただ、同様、ただ BRICS 国に制限されないかもしれません。 未来のメンバーが、それがその負債の重荷を分類する途端に、メキシコ、インドネシア、あるいはアルゼンチンのような、他の新興市場ブロックの国を含むことができました。
グループはすでに国際投資家のための道をきれいに整えるためにリストデリバティブをクロスさせる行動開始が新興市場に対して関心を持たせた BRICS 株連合を作りました。
BRICS はGDPと世界のGDPの30パーセントに基づいて PPP 、実体経済のいっそう正確な読みに基づいて世界の人口の42パーセントと世界の経済のおよそ20パーセントを表します。 国の間の完全な貿易は6.14兆ドル、あるいは世界の合計のほとんど17パーセントです。
ロシアは国が、エネルギー政策のための研究所と同様、予備の燃料を含むであろうエネルギー同盟の下で集まることを提案しました
「我々はエネルギー BRICS 協会の設立を提案します。 この「傘」の下で、予備の燃料銀行と BRICS エネルギー政策研究所が設立されることができました」、とプーチンが言いました。
brics_new_4.png

もう完全米ドルスルーの動き。
これでまた加速しますた。
我々は紙っぺらの米ドルなんて今後使わないという固い握手。

今後、我々独自で開発銀行を作るので、IMFや世銀なんか必要ないよということです。
IMFなどは元々マルタ騎士団です。
元々、イエズス会からマルタ騎士団、テンプル騎士団、ドイツ騎士団(チュートン騎士団)が出来たのです。イエズス会とは宗教組織、修道会ではなく元々軍事組織なのです。
JPモルガンの件もそうですが、何か大きく動いてますね。

本当にありがとうございますた。

スポンサードリンク

↓1日1回応援クリック

この記事をシェアしてヒャッハー!しよう