アルゼンチンデフォルトへ

スポンサードリンク

さて、今月末が期限だったアルゼンチンの国債ですが。

とうとうデフォルトするようですね。
デフォルトとは、つまり国が借金返せません。
プギャーということなのですが。

あとちょっと日本時間の午後1時が期限だそうで、現時点でほぼデフォルト決定のようです。
以下はロイターから。

s320140731reuter.jpg

http://www.bloomberg.co.jp/news/123-N9JLH86TTDT001.html

[ブエノスアイレス/ニューヨーク 30日 ロイター] – アルゼンチンは30日、前回のデフォルト(債務不履行)時に債務再編に応じた債権者に対する利払い猶予期限を迎えたが、ニューヨークで行われたホールドア ウト債権者(債務再編に応じなかった米投資ファンドなど一部債権者)との交渉は、合意できないままに終了した。

アルゼンチンが現地時間30日深夜(31日0400GMT、日本時間31日午後1時)に、テクニカル的なデフォルトに陥る公算が大きくなった。

アルゼンチンのキシロフ経済財務相はニューヨークで開いた記者会見で、ホールドアウト債権者について「強欲」と繰り返し非難した。一方、銀行業界や金融市場の関係筋によると、アルゼンチンの商業銀行がホールドアウト債権者から債務を買い取るという、民間主導のデフォルト回避策についても、最終的にまとめることができなかった。連邦地裁の指名でアルゼンチン債務問題の調停人を務めているダニエル・ポラック氏は、声明で「残念なことに、合意に達することはできなかった。アルゼンチンは間もなくデフォルトとなる」と述べた。

キシロフ経財相は、ホールドアウト債権者に対して、債務再編に応じた他の債権者と似た内容の条件を提示したものの、ホールドアウト債権者が拒否した、と明らかにした。

さて、いまのところ為替をみるとなぜか米ドルが激しく上がっていますね。
c48jd2014_00002348.jpg
これはウクライナ情勢が影響しているのか。
やらせのマレーシア航空墜落事故は、どう考えても米ドルを救うためだったように思えます。

で、今回のアルゼンチンのデフォルトはどう影響するのか。

リンゼイ・ウィリアムさんは7月から始まると言ってますたが。
ついに31日、最終日です。
まさか今日のことを言っていたのでしょうか。
推移を見守りたいと思います。

本当にありがとうございますた。

スポンサードリンク

↓1日1回応援クリック

この記事をシェアしてヒャッハー!しよう