ジョン・タイターの予言は実現するか? その1

スポンサードリンク

いや、これは単純にワタスが気になっただけの話です。
2015年に向けてアメリカが変だ。。

ウクライナ情勢といい。アメリカ国内のFEMAの動きといい。
こりゃ本当にジョンタイターの予言が実現する?
と思われるような状況です。

前にも書きましたがジョン・タイターの予言とはこんな予言です。

http://ja.wikipedia.org/wiki/ジョン・タイター

400x300

2015年、ロシア連邦が反乱部隊の援助という名目でアメリカに核爆弾を投下。核戦争となり、第三次世界大戦へと発展する。

その後、アメリカの外交権麻痺に乗じて、中華人民共和国が覇権主義を強化。台湾、日本、韓国を強引に併合する。後にオーストラリアが中国を撃退するが、ロシアの攻撃により半壊滅状態になる。ヨーロッパ諸国もロシアによりほぼ壊滅するもアメリカが撃退し、ロシア連邦が崩壊する。
2017年、30億人の死者を出した末、ロシアの勝利に終わる。
2020年、アメリカ都市部の敗北により内戦が終わる。ロシアの援助によって、新たな連邦政府が成立する。
アメリカの地方区分は、現在の州ではなくなる。分裂したときの5勢力で構成され、社会主義国家に近くなる。内戦後の生存者は図書館や大学の周りに集結してコミュニティを形成している。新たな連邦政府は首都を現在のネブラスカ州・オマハに置いている。アメリカ以外のほとんどの国も社会主義国家のような体制になっていく。
2040年頃、オリンピックが復活する予定。
(全文はソースにて)

ワタスはこのジョン・タイターというのは、たぶんジョン・コナーから来てるのではと思ってるのですが。
ジョン・コナーと言えば、つまり、あの映画ターミネーターのキャラですよね。

映画ターミネーターで描かれる世界も、核戦争の未来からロボットがやってきて現在の歴史を変え、戦争にならないように奮闘するストーリーです。
ジョン・タイターの予言というのは、ターミネーターの世界からパクったのでは?と思ってます。

映画ターミネーターと言えば、ターミネーター2のシーンに出てくる9.11の警告は有名でしょう。
映画のワンシーンで9.11に気をつけろ!と出ていたやつです。
この映画は1991年7月3日に公開されましたが、その当時から9.11について知ってたことになります。
このシーンですね。

ジョン・コナーがバイクで一生懸命逃げる。

1461.jpg 

橋げたのところに9.11に気をつけろ!との表示

johnkona_911_2.jpg

なぜ1991年公開の映画で 、2001年9月11日の警告ができるのでしょうか?
ハリウッド映画は時々こういうことをやるのですよね。
内部通報者がいるのか、もしくは奴らの自己顕示欲なのか。

で、ワタスが注目したのは映画中、ターミネーターを開発したとされるサイバーダイン社という会社。

eb04_cyberdyne_logo.jpg

大阪のユニバーサルスタジオジャパンにもターミネーターのアトラクションがありますたが、
そのアトラクションの建物にもこのサイバーダインのロゴがついていますた。

usj_5_4.jpg

まぁ、△マークが微妙に・・というところですが。

で、ここからはマニアしか知らない情報かもしれませんが。
このサイバーダイン社というのは、実在する会社がモデルと言われてます。

ダイン・コープ社ですね。
Dyncorp.jpg

ダインコープ社というのはwikiで調べるとこんな会社です。

ダインコープ・インターナショナル (DynCorp International) は、アメリカ合衆国に本拠を置く民間軍事会社である。航空機メンテナンス業も行なっている。1946年設立[1]。
ボリビアやクウェートなどにアメリカ合衆国軍とともに展開し、軍事サービスを提供している。

日本語wikiでは数行でさらっと書いてますが、
とてもそんなにさらっと書けるような会社じゃありません。

詳細は英語wikiの方を読みましょう。
http://en.wikipedia.org/wiki/DynCorp

米国の請負業者28位にも入る会社です。
3兆円ほどの国家予算を貰ってます。
完全、戦争会社です。

あのイラク戦争もそうですし、アフガニスタン戦争でも活躍しました。
とにかく実働部隊として戦力の中枢を担ったのがこのダインコープ社です。
巨大な傭兵会社です。

あのヒラリー・クリントンさんが経営に深く関与してます。

で、あの環境問題でノーベル平和賞を貰ったアルゴアさんがいますたよね。
こんにちは。私がアルゴアです。
414b9fdc.jpg

この方は、南米コロンビアで石油採掘事業をやってますた。
コロンビアにあるオクシデンタル山脈。
その山脈から取った名前のアルゴアのオクシデンタル石油。
陰謀云々言ってる人達の間では結構有名な会社です。

c48jd2014_00002404.jpg c48jd2014_00002405.jpg

良く知られてることですが、アルゴアさんが地球温暖化を防ぐ!等々は単なるパフォーマンス。
本当は原発関連ビジネスの販促が目的でした。
元々アルゴアさんは温暖化を超絶に推進するオクシデンタル石油のオーナーでした。
こっちの石油関連ビジネスが儲からなくなったので、原子力ビジネスに切り替えただけです。
地球温暖化云々の活動は、単純に原発ビジネスの活性化のためですた。

で、その昔、コロンビアでは、アルゴアさんがあまりにも現地の石油をチューチュー吸うものだから
地元住民が怒って大規模デモが起こったことがありました。

ヒラリー助けてくれ!
地元住民にうちの石油コンビナートがボコボコにされちゃうよ!

よっしゃまかせとき!!
盟友アルゴアさんの要請を受けたヒラリーさんが派遣したのがダインコープ社です。

ダインコープ社はコロンビア現地人を殺しまくったと言われています。
マスコミも何も報道しませんが1,000人以上の大虐殺と言われています。

で、その際に、フェルナン・ロドリゲスさんというダインコープ社の指揮官がいますた。
傭兵の指揮官にもなる人なので、その昔は何をやっていたかというと、
まぁ、驚くべき話ですが、ナチス親衛隊の生き残りです。
台湾などにも招かれて軍事教練なんかをやっている生粋の軍人と言うか殺しのプロというか。

で、その人は昔、ニカラグア政権の政府要人の殺害を担当していますた。
その戦闘中に喉を打ち抜かれて、それ以降、声が出ないので人工声帯をつけてしゃべる気持ち悪い人でした。
機械のこすれるようなロボットみたいな声を出す気味の悪い指揮官として知られてます。
ワタスは映画ターミネーターというのはこの人をモデルに作ったんじゃないかと思っています。

ギホホホ。
皆さんこんにちは。
私のモデルは元ナチス親衛隊のロドリゲスです。
ダインコープ社の傭兵指揮官です。
20090614_454818.jpg

だいたいワタスはこのターミネーターという映画は前からおかしいと思っていたのです。
このようにシュワちゃんは、スカルアンドボーンズの人ですし。

shuwa_skull.jpg
shuwa_skull2.jpg

ガクガクガクガク

という訳で書いているうちに長くなりすぎたので次に続きます。

とにかくこの傭兵会社がダインコープ社がFEMAにも関係してるし、ウクライナにも関係している。
そして今現在アメリカでは何かとてつもないことが起きようとしている。

ワタスが見るところ、どうも動きが連動している。
そして、経済崩壊もどうも来月9月に起きそうな動きになってきました。

本当にありがとうございますた。

スポンサードリンク

↓1日1回応援クリック

この記事をシェアしてヒャッハー!しよう