お彼岸の話 今つらい人

スポンサードリンク

さて、20~26日はお彼岸です。
昔から太陽が真東と真西に沈む時、仏様の供養をすると極楽浄土に行くことが出来ると言われてます。
だから春分の日と、秋分の日にお彼岸があるのですね。

お彼岸とは・・・

さて、ちょっと時々こういうことを書きたくなるのですが。
まぁ、別に気にしないで下さい。
これはワタスが書きたくて書いてることなので。

かなり前に聞いた話ですが、印象深い話ですた。

ある人が言っていました。
もう50ぐらいのおっさんだったのですが。

その人は生まれて初めて手術をすることになったのだそうです。
ガンだったそうです。
死ぬかもしれない。
そのおじさんは恐くて仕方なかったそうです。
年甲斐もなく、手術をまつ間、恐くて恐くてその場にへたり込んでしまうぐらいだったそうです。

そんな中、タンカで運ばれる際にずっと手を握ってくれた看護婦さんがいたんだそうです。
若くて天使のように美しい看護婦さんだったと言ってました。

大丈夫。大丈夫ですよ。
その看護婦さんは、ずっと優しく見つめて
手術の間中、その男性の手をやさしくずっと握っていてくれていたそうです。

その人の手のぬくもりが唯一の救いだった。
男性はその看護婦さんにどんなに助けられたか分からないと言っていました。
あの人がいたからあの恐さを乗り越えられたと。

で、無事手術を終え、退院した後でした。

あの看護婦さんにお礼がしたい。
どうしても会いたい。
男性は、心細くて恐くてしょうがなかった時にずっと手を握ってくれたあの看護婦さんに
ぜひ一目会ってお礼がしたい。
あの日の感謝を伝えたくて病院を訪ねたそうです。

でも、不思議なことにいくら聞いてもそんな看護婦さんはいないと言われたそうです。
病院内を聞きまわってもいなかったそうです。
そもそも手術室には看護婦さんは入れない。
それに、そんな若くて綺麗な看護婦さんなんていないよと言われたそうです。

男性は、あの看護婦さんはもしかしたら天使だったんじゃないだろうかと言っていました。
それとも自分の守護霊だったのかもと言っていました。

ワタスは天使とか守護霊というようなものはいると思っています。
それはご先祖さまかもしれないし、何らかのその場所にいる守り神かもしれません。

かなり前ですが黄金村に来た人も言ってました。
その人は、以前、事故で死にかけたことがあるんだそうです。
良く死ぬ間際には自分の一生が走馬灯のように見えるという話がありますが。

その人の場合は、意識がもうろうとする中、
自分を見守ってくれている人達が見えたのだそうです。
その人が言うには20人以上の人が自分を見守ってくれていたのが見えたんだそうです。

見守ってくれた中に、近所のおばさんもいたそうです。
それも子供のころにちょっとの短い期間住んだだけだったのですが
良く散歩に連れてってくれたり、三輪車を引いてくれた近所のおばさんだったそうです。

もしここを読んでいて、今つらい思いをしている人がいたら。
ワタスは言いたいのです。

大丈夫。大丈夫。
絶対になんとかなるよ。

今、どんなにつらい状況でも、見守ってくれる人がいる。
陰ながら応援してくれている人たちがいる。

目に見えない力を信じるかどうかではないでしょうか。

311の時の話です。
長野の集まりで小さなお子さんを抱えたお母さんに会いました。
今は、無事引っ越しをされて、普通に暮らしている方ですが。

その方は、その当時、旦那さんの理解もなく、必死に自分で何とかしようとしていました。
仕事はどうしよう。母子だけで疎開したら大丈夫だろうか。
暮らしていけるだろうか。

必死な様子が伝わってきました。

でも、自分はどうなっても良いから子どもだけ助けたい。
その人にあるのは、ただ、その心だけでした。

ワタスは、なにもできなかったのですが、
絶対心配いらない。大丈夫だよと言いました。

例えば、その人が自分の子供を命に変えて守りたいと思うのと同じで。
その人にだって親もいるし、もう他界しているお祖父さん、お祖母さんがいたでしょう。
子供のころに可愛がってくれた近所のおじさん、おばさんがいたかもしれない。
そういう人達は、天国から今のその人を見てどう思うでしょうか。

なんとかしてあげたいと思うはずですよね。
ほっとくはずないでしょう。

大丈夫。
目にはみえないが、必ず霊的なサポータがいる。
どんな人にだって必ずいる。
だから大丈夫。

それを思いだせば大丈夫だと思えるのではないでしょうか。

どんなにつらいことがあっても腐らない。
正しい道に進む。

それを思い出せばがんばれるのではないでしょうか。

悪極まる世の中。
あきらめないで欲しい。

ワタスは頑張って生きてる人達を励ましたくなるのですた。
不安を抱えて毎日を過ごしている人。
大丈夫。
大丈夫です。

お彼岸なので書きました。

本当にありがとうございますた。

これはMISIAさんの「逢いたくていま」です。

空を見上げた 今はそこで 私を 見守っているの? 教えて…

今 逢いたい あなたに
伝えたい事が たくさんある
ねえ 逢いたい 逢いたい
気づけば 面影 探して 悲しくて
どこにいるの? 抱きしめてよ
私は ここにいるよ ずっと

スポンサードリンク

↓1日1回応援クリック

small005-20161116-11241612151244

この記事をシェアしてヒャッハー!しよう