柳田ファームさん 家庭用バイオトイレを販売

スポンサードリンク

さて、以前このような記事を書きました。
柳田ファームさん。
ご存じでしょうか?

ぶーぶー。
豚さんがいっぱいいるのに
全く匂わないお花畑の養豚場さんです。

http://yanagida-farm.com/top.html
c48jd2014_00002186.jpg
middle_1341902657.jpg middle_1341902660.jpg 

ぇえ?
こ、これが養豚場?
20140419_101749.jpg

何故だ。。豚の糞尿があるというのに。。花が咲いている。。
a21sd14ifouozfcm,ewrj2013_000431
発酵させると、豚のウンコやおしっこは匂いを出さないとわかったの。

なんだって?!
yapa_0.jpg

柳田ファームさんでは、糞尿の処理に微生物の複合発酵技術を利用している。

豚のウンコやおしっこをタンクにためて発酵させる

そのうわずみを取り出してまた発酵させる

そのうわずみを取り出してまた発酵

img1015k3412_1.jpg

このようなプラントで糞尿をぐつぐつ発酵させてます。
P9030004.jpg

発酵させていくにしたがい、だいぶ匂いもしなくなる。
P9030007.jpg

もうほとんど匂わなくなる。
P9030008.jpg

色もなんだか綺麗に。。
P9210015.jpg

ぇ?黄金色になってる。
P9040006.jpg

柳田ファームさんでは発酵液エナジー水が小川になって流れているのでした。
そのため辺りはまったく糞尿の匂いがしない。
そればかりかエナジー水をまいた畑の作物や、花畑ははみるみる育つのでした。

す、すごい。。

さて、その柳田ファームさん。
ワタスはリアルユパさんと呼んでいますが。

今回、その糞尿処理プラントのノウハウをギュッと凝縮した家庭用バイオトイレを開発&販売されたようです。

こんなやつですた。
aun_yunit_system2.jpg

価格は55万円(税別)。完全自動で、1日1回バイオエナジー水が生成される装置です。

特徴は以下です。

1)地下埋設式なので今の水洗トイレにつなぐだけで、すぐに設置出来ます。
2)最近のトイレは節水型ですので、1回の洗浄水の量を5リットルとすると、排泄物を含み1回の汚水量は6リットルになります。
1人1日あたりのトイレの回数を5回とすると、6リットル/回×5回/日=30リットル/日になります。
3)5人家族を想定すると、1日あたりの汚水量は30リットル/日×5人=150リットル/日です。
1日あたりの最大処理量は200リットルですので家庭用として十分間に合います。

実はもうすでに口コミで導入している人がたくさん出てきています。
不思議なことに、このバイオトイレを使うとさまざまな変化が報告されています。

・近くの用水路がヘドロだらけだったのになぜか藻が生え始めた。
・近くの土壌の放射能数値が低くなった。

放射能が消える??
微生物を使うと、なぜ放射能が消えのか。
それについてはこのブログで何度もとりあげました。
良かったら過去記事をお読みください。

・放射能が消えた?木村農法 リアルナウシカの世界 その1
・放射能が消えた?木村農法 リアルナウシカの世界 その2

微生物で放射能が消える。
ワタスは何の不思議もないと思っています。

そもそも太古の地球というのは酸素がほとんどありませんでした。
人間など一瞬として生きられない環境下で微生物は生まれたのです。
高熱や宇宙からの放射線にさらされてる環境で最初の微生物は生まれました。

太古の昔には微生物は熱水の中で、銅や亜鉛、鉛などを生きる糧に光の届かない深海で、
ボコボコと熱水を噴出させる海底火山の近くで生き続けたのでした。

宇宙からの放射線、太陽の紫外線をエネルギーとして利用し
自分の生きるエネルギーを生成していた。

ですから放射能を何らかの形で利用する微生物がいても何の不思議もないと思っています。

このバイオトイレの技術監修は、環境微生物学者 高嶋博士です。
元々、代々酒造をやっている家柄の方で、微生物技術を長年研究している人でした。

以下の方です。

c48jd2014_00002482.jpg

高嶋博士は、福島においてもこの微生物技術を使った実験をされ実際に
除染を成功させています。

c48jd2014_00002483.jpg

微生物パワーおそるべし。

もしこの微生物パワーを使った家庭用バイオトイレに興味のある方。
柳田ファームさんに問い合わせて見て下さい。
購入問合わせ先。

柳田ファーム 
〒350-1213 住所:埼玉県日高市高萩2639-2
担当者:富田廣信 TEL:090-7862-2282 
[email protected]

もうひとつ追記。
今回、バイオトイレを導入された方で、著名な方を紹介しておきます。

なぜだかは分かりませんが、微生物が発酵している場所は優しい雰囲気に包まれている。
それは磁場かもしれないし、何かまだ発見されていないようなエネルギーかもしれません。

柳田ファームさんを訪れれば醸し出されるなんらかのやさしい雰囲気が分かるはずです。
うちの畑も微生物を使っているので、なぜだか優しい雰囲気に包まれています。

そしてこの雰囲気に魅せられた方。
大人気の猫の写真集を出している方がいます。

野良猫ヒーローニャン吉がいくという写真集の作者さんです。
稲盛陽子さんとカメラマン飯法師 昭誠さん。

9分20秒ごろよりご覧下さい。

この方々は、野良猫達の殺処分を少しでも減らすために猫だけの広場「にゃん吉ガーデン」を作り
その広場で柳田さんのバイオトイレを導入するとのことでした。

このニャン吉君もぜひ応援して下さい。

猫広場にも使われるバイオトイレ。
不思議なやさしい雰囲気を醸し出す微生物パワー。
放射能が消えてしまう不思議なバイオトイレ。
興味があれば導入してみて下さい。

本当にありがとうございますた。

スポンサードリンク

↓1日1回応援クリック

この記事をシェアしてヒャッハー!しよう