上機嫌の法則 こぶとり爺さんのお話

スポンサードリンク

さて
zZZZ

非常に濃い人達と会ったワタスは、ちょっと疲れてしまいますた。
疲れを癒しに近所の温泉につかっていたのでした。
午前中に行くと人っ子ひとり入ってないワタスのプライベート空間なのです。

ところで、休憩室にこんな絵本が置いてあって読みました。

20070717171340.jpg

昔からおなじみのこぶとり爺さんの話ですね。

こぶとりじいさんという有名な日本昔話

改めて読むと。。

こ、これは。。?
引き寄せの法則の話だ。

そう思いました。

こんな話でしたよね。

いつも明るくていつもニコニコしているおじいさんは、
ひょんなことで鬼が踊ってるのを目撃します。
陽気なおじいさんは鬼につられて自分もひょいひょい踊りだします。

ヒャッハーー!

どっからともなく踊りに参加してきたおじいさん
その楽しそうな踊りをみて 鬼は拍手喝さい。

お前のコブをとっておくから 返してほしくばもう一回くるんだ。
鬼はその楽しい踊りをもう一度見たくておじいさんのコブをとってしまいました。

その話を聞いた隣のおじいさん

なんだって?
わしもコブをとってもらいたいもんじゃ。

鬼のところに行くと、そのおじいさん。
恐くてガクガク足が震えてしまって、怖がりながら踊っていました。

全然面白くない。

鬼が怒りだします。

もういい!そんなつまらない踊りなんかみたくない。
コブを返すから二度と来るな!

そうやってそのおじいさんのほっぺにコブを投げつけました。
で、そのおじいさんはコブが2つになってしまいました。

同じ出来ごとでも2人とっては楽しいことと、怖いことになる。
なぜか知らないが運の良い人と悪い人がいる。

その行動が正しいとか間違ってるとか全然関係がない。

運の良いおじいさん。
それはいつも上機嫌なおじいさん。
今を楽しく生きる。

小さいことにくよくよしない。

かるい心。

柔軟な心。

くほほほほほほ。

どんな時も笑って過ごす。

上機嫌の法則。
楽しい波動の上に乗ってるかどうか。

こぶとり爺さんの話は、実に深い。

うーん。

非常に深い話だ。

あらためて感心しながら読んでいますた。

本当にありがとうございますた。

スポンサードリンク

↓1日1回応援クリック

この記事をシェアしてヒャッハー!しよう