経産省がトイレットペーパーの備蓄を呼びかけ

スポンサードリンク

さて、先日、日経平均12,000円のプット(つまり12000円まで下がると大当たり)を買ったのですが。
以下、ちょっと気になる記事を張っときます。

現在、日経平均の予想変動率が増えている。
そこから予想すれば下落幅は4,000円。
11,000円もあり得るという記事です。

株大暴落も…市場が怯える日経平均「予想変動率」の急上昇
http://www.nikkan-gendai.com/articles/view/news/154389
2014年10月24日 日刊ゲンダイ

33689.jpg

株 式市場が暴落に怯えている。「10月は魔の月といわれますが、今年は例年以上に恐ろしい」(市場関係者)。そんなささやきが増えてきた。なにしろ10月に 入ってから、日経平均の乱高下は凄まじい。9月までは前日比で2ケタの変動が多かったが、10月は3ケタがズラリと並ぶ(別表参照)。
「株高トレ ンドは完全に終わったと判断すべきでしょう。この先、何があっても不思議ではない。それを如実に表しているのが、先物取引の価格から算出する日経平均のイ ンプライド・ボラティリティー(予想変動率)です。この数値が高まるほど、暴落の確立が上昇していきます。怖いのは、ここ1週間で急速に数値が高まってい ることです」(株式アナリストの黒岩泰氏)
予想変動率は、10月上旬までは20%を切っていたが、14日に24%を超え、17日には30%に近づいた。23日も24%台だった。
「最近の予想変動率を基に、今後の日経平均を予測すると1万1000円台まで暴落してもおかしくないのです」(黒岩泰氏)

■国会終了の11月末まで乱高下が続く
23日の終値は1万5138円。まだ4000円以上の下落余地がある。しかも10月は、1929年の「暗黒の木曜日」、87年の「ブラックマンデー」が起きた月。投資家は悪夢再来を予感し、身構えているのだ。
「米金融緩和(QE3)の終了もマイナス材料です。QE1、QE2では終了時に、NYダウが15%下落しています。今回はまだ6・7%しか下がっていません。ということは、米国株はさらに下落する恐れがある」(株式評論家の杉村富生氏)
米 国株が下がれば、東京市場は無傷ではいられない。しかも、日本株には安倍内閣の“不祥事”という悪材料が上乗せされている。市場は、経済政策に関する法案 成立が遠のいたと危惧。「海外ハゲタカ勢を中心とした“売り浴びせ”も警戒しなければならない」(証券アナリスト)ともっぱらだ。
「今国会が終了する11月末まで、波乱相場は収まらないでしょう。今夏ごろから言われていた、年末の日経平均1万7000円乗せは、もはや無理です」(株式評論家の倉多慎之助氏)
兜町は大暴落の恐怖に震えている。

以下は、災害に備えてトイレットペーパーの備蓄を経産省が呼びかけたという記事。
単に防災の日のキャンペーンのようですが。
ちょっと気になりますた。

www.j-cast.com/2014/10/24219249.html
  「災害に備えてトイレットペーパーの備蓄を」――

 経済産業省の呼びかけをニュース番組が報じたところ、「なぜ今?」「何かあるの?」と不安がる人が相次いだ。中にはスーパーまで買いに行った人もいた。何があったのだろうか。

ヤフー急上昇ランキング1位に「トイレットペーパー 備蓄」

2014 年10月22日、夕方のニュース番組「スーパーJチャンネル」(テレビ朝日系)は、経産省が災害時のためにトイレットペーパーを備蓄することを呼びかけて いると報じた。トイレットペーパー生産の約4割が静岡県に集中しているため、地震などの災害で工場が被害を受けると、日本のトイレ事情に混乱が起こりうる ことを紹介する内容だった。

 すると番組視聴者の中から、
 「経産省がトイレットペーパーを備蓄しろって…不気味だね」
 「何でも工場が静岡に集中しているからとのこと。えっ、えっ、静岡で何かあるん?」
 「生産が、静岡に集中してて、もしそこが被災にあったら、こっちまで来ないって…それって、東海地震が来るってこと??」

などとツイッターには不安がる投稿が相次いだ。心配する声はネット上に拡散し、検索大手「Yahoo!JAPAN」の急上昇ワードで「トイレットペーパー 備蓄」が1位になるほどの勢いとなった。

騒ぎはネットだけに収まらなかったようだ。ツイッターを見ると、「おばあちゃんからすごい切羽詰まった電話がかかってきた」「おかんが『ニュースで国がトイレットペーパーの備蓄を呼びかけてるんだよ!』ってパニック起こしてた」という人も現れた。

さらには、「実家の母親慌ててドラッグストアにトイレットペーパーを買いに行った…」「早速買いに行った。けっこうな人が買ってた」という書き込みもあった。「オイルショックでも起きるのか?」という人まで出てしまっている。
9月1日の防災の日に合わせて発表したものだった
呼びかけの背景には何があったのだろうか。

取材に対し、経産省からは「これは9月1日の防災の日に合わせて発表したもの」という回答があった。
東日本大震災では被災地だけではなく、各地のスーパーなどでトイレットペーパーが不足する事態が起こった。

こうした災害時に備えるよう、日常用のものとは別に1か月分の備蓄用を常備することをすすめるものだという。
発 生の恐れがあるとされる東海地震について新たな観測結果や予知があるのかと、今回の呼びかけと結びつけて不安視する声があったことを伝えると、「東海地震 について具体的に何かが関係するのではなく、あくまで『もしもの時のために』備蓄をしておくよう、防災の日をきっかけにした一般的な呼びかけです」という 答えだった。
番組ではこうした背景の詳細までは伝えていなかったためか、同省にも「静岡で何かあるのか」などと視聴者たちから問い合わせがあった という。10月18、19日、東京・銀座で同省と協力して、トイレットペーパーの備蓄を呼びかけるイベントを行ったNPO法人「緊急災害備蓄推進協議会」 によると、「経産省の呼びかけについて知っている人はあまりいませんでした」という。発表から2か月近くがたつが、認知はまだ深まっていないようだ。
 同会は備蓄用に芯がなく、長巻でスペースを取らない新商品を開発し、販売している。この備蓄用をイベントで配布したところ、「街の人は足を止めて、話しを聞いてくれた。各家庭に備蓄してもらえるよう、これからさらにPRしていきたい」と話している。

本当にありがとうございますた。

これはうまい!
知り合いから教えてもらったヒマラヤの岩塩。完全天然塩です。食べると温泉卵のような味がします。
お料理にも普通に使えますが、ワタスは時々チビチビなめてます。
イソジンの色が消えてしまうほど抗酸化力のあるお塩です。

スポンサードリンク

↓1日1回応援クリック

この記事をシェアしてヒャッハー!しよう