忘れがちな言葉について

スポンサードリンク

さて、これはちょっと独り言。

金融情報、国際情報等々。
これから激動の時代が始まる昨今。
いろいろ書くことが多すぎるのですが。

反原発ブログや、陰謀系の情報を良く読む皆さま。

ワタスのブログを含めて、そういう情報ばかり読んでるとなんとなく心がささくれだって来ると言うか。
中には口汚く罵ってるようなサイトもあったりして。
物の見方がネガティブになりがちですよね。

そういうブログを読むと、たいてい書いてあるのは、マスコミが流布したのと反対のこと。

実はエボラも奴らが作ったウイルスだよ。
ウクライナ騒動や、ISISイスラム国もやつらが裏で操ってたんだよ。

まぁ、残念ながら、それは全部本当なのですが。

この世界は恐怖ベースの社会。
疑心と恐怖、憎しみ。
単純な手口。

Divide and conquer(分断統治)

為政者が民衆をコントロールするために意図的に起こしている。

人々が手を取り合って仲良くなってしまうとコントロールできない。
お互いに憎しみ合い、疑いあい、偽のお金にしがみつくように仕向けないと支配ができない。
戦争、テロ、病気で人々をたえず恐怖させておく必要がある。
常にそうやってないと偽のお金に価値がなくなってしまう。
そうやって1%の金持ちが99%の富を所有するハイパーおバカな仕組み。

ワタスはこのバカな世界の仕組みを知った時。

この世界はクソだ。
腐ってる。。

すべてにネガティブな見方になってしまった時期がありました。

これは難しいところですが。

洗脳がとける。
目覚める。

当たり前ですが、そこが第一歩。
洗脳から抜け出せた人が最近は多く出てきています。

でも、そこから全てネガティブなものの見方になってしまう時期があります。

全部、嘘で塗り固められてる。
もう呆れてしまって、全てを斜めから見るようになったものでした。

自分で陰謀云々書いてて言うのもなんですが。

最近、ワタスは、その時期を乗り越えた気がします。

最近は、それをわかった上であえて肯定するようにしてます。

くほほほほ

こりゃ、もうしょうがない。
ワタスが生まれて来た時から既にこのようなバカみたいな仕組みだった。
そのおバカな仕組みは9割がた完成してる。

だったら、もしかしてワタスはあえて、こんなおバカな世界に望んで生まれて来たんじゃないの?
そんな風に思ってます。

この世界の仕組みを全て分かる。見知る。
それでいて

良く見聞きし分かり、そして静かに笑っている。

くほほほほ

kitaarupusu2014.jpg

最近は、遠くの山々を見てアルカイックスマイルを浮かべています。

あえてこの世界を肯定してみましょう。

もちろん、この世界のおバカな仕組みを知ると腐りたくもなる。
呪詛の言葉やネガティブな言葉ばかりが先に出てくる。

でも、ワタスはそっちに行かないように気をつけています。

嫌なことが起きても、嫌なニュースを聞いたって。
嫌な人が現れても。

良い方向に解釈しようとする。

普段生活していると忘れがちになる言葉。

ありがとうございます。

黄金村に集ってくれた人。
このバカみたいな世の中で、たまたま縁があって集まった来てくれた仲間。

畑に来てくれてありがとう。
このブログを読んでありがとう。

ありがとうの言葉。

野に咲く花は全てに対して微笑む。
全てを許し、許容する。

自然と同じ波。

嫌なことがあっても憎しみに飲み込まれてはならない。
そっちに行ってはならない。

ワタスはどんなに腐った世界でも
ありがとうの波とともにあろうと思っています。

ありがとうございます。

その波と同調してれば、今後どんなことが起きたって大丈夫。

喜べば喜ぶ事出来るぞ、悔やめば悔やむ事出来るぞ。先の取越苦労は要らんぞ、心くばりは要るぞと申してあろがな。神が道つけて楽にゆける様に嬉し嬉しでどんな戦も切抜ける様にしてあるのに、臣民 逃げて眼塞いで、懐手してゐるから苦しむのぞ。
日月の巻 第39帖 (212)

日月神示の言う、抱きまえらせる。
それは、そのことを言ってるのだと思っています。

本当にありがとうございました。

これは紅白に出たゲゲゲの女房の主題歌 松下奈緒さん ありがとうです。

第61回 紅白歌合戦 ▽“ゲゲゲの女房”主題歌“ありがとう”松下ピアノ演奏・いきものがかり熱唱… 投稿者 Mugen3733

誰かのために生きること 誰かの愛を受け入れること
そうやって いまを ちょっとずつ 重ねて
喜びも 悲しみも 分かち合えるように

ありがとうって言葉をいま あなたに伝えるから
繋がれた右手は 誰よりも優しく ほら この声を受けとめている

スポンサードリンク

↓1日1回応援クリック

この記事をシェアしてヒャッハー!しよう