原発情報 福島の子供3人甲状腺がん、7人が疑いと早川マップについて

スポンサードリンク

さて、別ブログでスタートした放射能関連ニュースメモですが。
http://memogoldentama2.blog.fc2.com/

複数の方に書いてもらってるのでいろんな情報が入って来ます。
以下、気になるニュースがありますた。

福島の子供3人甲状腺がん、7人が疑い。

きのう、福島県の県民健康管理調査検討委員会で、子どもの甲状腺検査で、新たに2人が甲状腺がんと診断されたと報告がありました。昨年9月に判明した1人と合わせ計3人となります。他に7人に甲状腺がんの疑いがあるそうです。なのに検討委員会は原発事故の影響について否定的見解を示しているそうです。

これは松崎道幸医師(深川市立病院内科部長)の見解。

「いまの時点で、これらの子どもの甲状腺がんが、被曝と関係がないなど断定されることはありえない。甲状腺がんは、チェルノブイリでは、実際には、丸二年目から増えている。今の時点で早すぎるからというのは、医師として、およそ科学的な判断とはとても思えない。検討委員会の否定的な見解は、今回の放射能による被曝を否定したい『特別な見解』と私は思います。」

これはバンダジェフスキー博士の見解。

This is serious, in Belarus, too, began with the children, the first cases of thyroid cancer have started to register in 3-4 years.

「これは深刻なことです。ベラルーシでも甲状腺がんは子供たちから始まりました。ベラルーシで、甲状腺がんが最初に公的に記録されたのは、三年から四年後です。」

まぁ、前から分かってたことですが。
まぁ、未だに事故は放射能はダダ漏れ状態ですし、当然と言えば当然の結果だと思います。

今まで福島の放射線量は安全、子供はマスクをする必要はないなどとトンデモ発言を繰り返して来た山下俊一教授という方がいましたが。
彼は、健康調査検討委員の座長を辞任するそうです。

<福島健康調査検討委>山下座長が辞意
 東京電力福島第1原発事故を受け福島県が実施している県民健康管理調査の検討委員会が13日、福島市内で開かれ、終了後の記者会見で座長の山下俊一・県立医大副学長が検討委から退く意向を示した。検討委を巡っては秘密会の開催が発覚するなど不透明な運営が問題視されていた。
 この日の検討委で県は、5月の次回検討委までに設置目的や委員の構成を見直す新たな改善策を提示する方針を示し、委員構成では「客観性」を重視するとした。このため終了後の会見で、山下氏が県から委託を受け調査する県立医大の副学長と、委託元である県の検討委座長を兼任する点について客観性を疑問視する質問が出た。山下氏は「判断は県に預けている。両方の立場を兼ねているが、私がこの場にとどまるのは不適切だ」と述べた。
 山下氏は震災直後、長崎大から県立医大に移り、座長に就任。検討委を巡っては秘密会のほか議事録から内部被ばくに関する記述を削除し公開するなど問題が次々と発覚。県は外部委員を増やすなどの改善策を示したが、県弁護士会が「抜本的改善にほど遠い」と委員派遣要請を断るなど、批判が収まらなかった。【日野行介】毎日新聞 2月13日(水)20時47分配信

福島の子供たちに甲状腺癌が発症し始めたとたん辞任。
これは逃亡したということでしょうね。

いよいよ始まったというところでしょうか。

他にもこういう情報もありました。

ドイツIPPNWシュトゥットガルト支部の精神科医ヨルク・シュミット博士の講演

IPPNWの結論では、日本で一般的に使われている汚染地図(早川マップ)は、現実の汚染に即していないとのことです。
IPPNWは様々な資料を検証し激論の末、「東京も含めた日本の広い地域が大変なセシウム汚染をしている」と断言してます。

ワタスもここで何度も早川教授のマップを載せたので、悪く言いたくはないのですが。
このマップ。↓クリックすると大きくなります。
0810As.jpg

このマップは東京の汚染が少ないように見えるので使えないとのことですた。

この動画で彼らが一番信用できると言ってる地図が、これ↓

201212051257528afs.gif

東京はもとより北海道も意外に濃度が高いですね。
岐阜とか中国地方も意外に高いようです。

ワタスは直観だけで感じるままに長野に来ただけだったのですが、長野はなんとかセーフのようです。
ワタスの股間のセンサーは当たっていたということででしょうか。

本当にありがとうございますた。

放射性物質の排出効果が高いと言われる炭。錠剤タイプ。

スポンサードリンク

↓1日1回応援クリック

この記事をシェアしてヒャッハー!しよう