全てを支配する謎の(Cede & Co.)シード・アンド・カンパニーという会社について

スポンサードリンク

さて、NY株価はまた最高値に達したとか。
なんだか上がったり下がったり。上下運動が激しいですね。

以下、ロイターの記事。
ロイターと言えばあのロスチャイルドの御用新聞。
ロイターがこんなことを書くとなると。。

株価の乱高下は急落の予兆か、強気相場終了も
http://jp.reuters.com/article/wtInvesting/idJPL3N0U82S820141224

[ロンドン 23日 ロイター] – 最近の株式市場では「ブラックマンデー」などの株価急落前に見られたような乱高下が起きている。過去最高値を更新している米株式市場の上昇局面は終わりに近づいている可能性がある。
原油相場の急落、ロシア経済の危機、米連邦準備理事会(FRB)のゼロ金利からの脱却見通しなどがこのところの株価乱高下の背景にある。
短期的な大幅上昇と急落の繰り返しは1987年10月のブラックマンデーや先の金融危機前の状況に似ている。
S&P総合500種指数 は金融危機後の2009年3月につけた安値の666ポイントから3倍以上の水準にある。ダウ工業株30種指数 は23日、第3・四半期の米国内総生産(GDP)が予想を上回ったことで初めて1万8000ドル台に乗せた。ダウは1週間で1000ドル上昇したことになる。
ニューエッジのシニアディレクターで米戦略部門を統括するラリー・マクドナルド氏によると、強気相場が終了し長期間の下落局面に入る前には株価が大きく動くことがあった。
同氏は「2007年の夏や1987年の夏などこうしたケースが何度もあった」と指摘「われわれのシステミックリスク指標は非常に高い水準にある。10%かそれ以上の急落が2週間から8週間後に迫っているとみている」と述べた。

さて、オバマさんが裏切った?というリンゼイ・ウイリアムズ氏の情報もありますが。

もし、今後、株価の大暴落、暗黒の木曜日とかブランクマンデー等が起きたら。
それは100%計画されたものです。
経済崩壊は、奴らの力が弱まってるから起きる訳じゃない。

株式相場は全部、奴らのスパコンが作り出したヤラセ相場です。
好きなだけ紙幣を刷れる訳ですから、普通にやってりゃ大暴落なんて起きる訳がないのです。
そこのとこくれぐれも間違わないように。

例えば良くある陰謀論で、ロスチャイルドvsロックフェラーなどという二大勢力が戦ってるんだ。
と言う人がいますが。
それは単なるガセ情報です。
そもそも本当の世界の支配者が表に名前なんて出す訳ないでしょう。

日月神示に前から書いている通りです。

第十四帖
悪の総大将は奥にかくれて御座るのぞ。一の大将と二の大将とが大喧嘩すると見せかけて、
世界をワヤにする仕組、もう九分通り出来てゐるのぢゃ。

本当の悪の総大将は誰にも名前を知られてない野郎なのです。
後ろに隠れているのです。
オズの魔法使い=単なるおっさん なのです。

ひょっとして、こんなおっさんかも。。
c781ZCVA_000002620.jpg

このおっさんは、両方に力を与えて争わせているのです。

puppet-strings.jpg

皆さまは、米国のほとんど全ての株式、債権を支配する
謎の会社 シード・アンド・カンパニー(Cede & Co.) という会社をご存じでしょうか。

「Naverまとめ」から

巨大企業を支配する『シード・アンド・カンパニー』とは
http://matome.naver.jp/odai/2140178190581163901

最近、アメリカの中枢を担う大企業の多くに、大株主として君臨しているシード・アンド・カンパニー(Cede & Co.)という謎の会社があります。

株式支配している会社
ヒューレット・パッカード
c781ZCVA_000002624.jpg
ヒュー レット・パッカード(Hewlett-Packard Company, NYSE: HPQ)は、主にコンピュータやプリンターなどコンピュータ関連製品の開発・製造・販売・サポートを行うアメリカ合衆国の企業である。HP(エイチピー) の略称で呼ばれることが多い。
→主要株主 シード・アンド・カンパニー(※) 94%
http://goo.gl/QVm5zr

シティグループ
c781ZCVA_000002623.jpg
シティグループ(Citigroup Inc., NYSE)は、金融に関する事業を行う企業を傘下とする持株会社。シティバンクを子会社に持つ。
→主要株主 シード・アンド・カンパニー 87.9%(※)
http://goo.gl/kKVCqs

バンク・オブ・アメリカ
c781ZCVA_000002622.jpg
バンク・オブ・アメリカ(Bank of America Corporation)は、アメリカ合衆国ノースカロライナ州のシャーロット市に本社を置く銀行である。
→主要株主 シード・アンド・カンパニー 92.6%(※)
http://goo.gl/5cySis

ボーイング
c781ZCVA_000002621.jpg
ボーイング(The Boeing Company, NYSE: BA)は、アメリカ合衆国に所在する世界最大の航空宇宙機器開発製造会社。
→主要株主 シード・アンド・カンパニー 69.79%(※)
http://goo.gl/2gvfu2

“☆ヒューレット・パッカード
→シード・アンド・カンパニーが発行株の94%を保有
☆シティグループ
→シード・アンド・カンパニーが発行株の87.9%を保有
☆バンク・オブ・アメリカ
→シード・アンド・カンパニーが発行株の92.6%を保有
☆ボーイング
→シード・アンド・カンパニーが発行株の69.79を保有
☆JPモルガン・ チェース
→シード・アンド・カンパニーが発行株の95.70%を保有
☆モルガン・スタンレー・アジア-パシフィック・ファンド
→シード・アンド・カンパニーが発行株の99.81%を保有
☆イー・アイ・デュポン・ドゥ・ヌムール・アンド・カンパニー
→シード・アンド・カンパニーが発行株の93.56を保有
☆コリア・エクイティ・ファンド
→シード・アンド・カンパニーが発行株の99.79%を保有
☆マクドナルド・コーポレーション
→シード・アンド・カンパニーが発行株の60.0を保有
☆UBS
→シード・アンド・カンパニーが発行株の14.15を保有”

多くの会社がTPP推進企業です。http://goo.gl/qX6dZI

ぇえ?
っていうかあんた。
シティバンクだのバンクオブアメリカだの。
ほとんどの大企業の60%~90%の株を保有しているではないですか。

このシード・アンド・カンパニーとは一体何者なんでしょうか?

『シード・アンド・カンパニー』とは

Businessweekの情報ページには、シード・アンド・カンパニーについて下記のように記載があります。
“Cede & Company operates as a clearing house for stock transactions. The company was founded in 1996 and is based in New York, New York. Cede & Company operates as a subsidiary of NYSE Euronext, Inc.”

シード・アンド・カンパニーは、株式取引のためのクリアリングハウスとして機能します。同社は1996年に設立され、ニューヨーク州ニューヨークを拠点としています。シード・アンド・カンパニーは、NYSEユーロネクスト株式会社の子会社として機能します。
どうやらシード・アンド・カンパニーは、ニューヨーク証券の子会社のようです。

・・・中略・・・

シード・アンド・カンパニーは、とりあえず現代の取引のシステムであるデジタル処理をされる米国中の株や債券をすべて所有していて、しかもそれは、法律でシード・アンド・カンパニーがその株や債券の実際の所有者として完全に認められているということです
つまり証券取引が電子上で行われる限り、民間企業であるシード・アンド・カンパニーは合法的に全ての債権の実質所有者となります。

全部の株や債権の所有者だぁ?

以下のような説明もありました。

なるほど。
要するに昔ながらの紙媒体で株式を持っていれば大丈夫。
でも、電子取引(デジタルの株)になると、あなたの株は全部このシード・アンド・カンパニーの所有になってしまうようです。

http://www.rui.jp/ruinet.html?i=200&c=400&t=6&k=2&m=287523
例えば、あなたが今日の市場で株式や債券を購入するときに、実際にそれらをあなたは所有していないことをご存知でしたか? 代わりに、あなたは各ユニットそれぞれの受益権だけを購入しています。あなたの株式や債券の実質所有者は、ほとんど知られていないシー ド・アンド・カンパニーです。米国内のすべての証券取引の99%の割合、海外取引の大半を処理する預託信託 会社(DTC)の一部門です。言い換えれば、実際に連邦準備制度の一部門であるこの非公開会社(約35%がニューヨーク証券取引所によって所有されてい る)は、米国のすべての銀行や証券会社の、すべての有価証券振替の取引を処理します。ウィキペディアによると、2011年には、DTCは世界の富の約 1.7千兆(quadrillion)ドルを保有しました、たくさんの法的所有権の権利を以って。 もし、利益がそれに由来しない場合には、利息計上は、現代的なデジタル取引を介したものから、伝統的な証明書のシステムに置き換えられます。

あなたは、過去の、昔ながらの取引からあなたの名前で株式や債券の証明書を持つ場合、その後、あなたはまだ登録された所有者であり、真の所有権のすべての 益と属性を持っています。しかし、もし現在のシステムのデジタル処理で取引したものであるならば、あなたは真の所有者ではありません。単に株式や債券の受 益者の為に、あなたは苦労して稼いだお金を支払った。それは、最上位の欺瞞です。まだそれは我々の同意なしに、1990年代半ば以来、レーダーの下で実施 されている現代の米国財務省証券の規制の下で、完全に合法です。

こんな記事もありましたので張っときます。

シード・アンド・カンパニーの謎
2013年07月27日03:27
副島隆彦の言う「ロックフェラー VS ロスチャイルド」は大嘘。より
http://thot-diary.cocolog-nifty.com/gukumatz/2013/07/vs-793b.html

最近、アメリカの中枢を担う大企業の多くに、大株主として君臨しているシード・アンド・カンパニー(Cede & Co.)という謎の会社があります。シード・アンド・カンパニーの経営陣は不明、株主は不明、しかも、住所はニューヨーク州ニューヨーク市ボーリング・グ リーン・ステーション私書箱20号となっています。シード・アンド・カンパニーは、誰が経営しているのかも、誰の持ち物なのかも不明な、完全なペーパー・ カンパニーなのですが、株式支配している会社がすごい。以下、シード・アンド・カンパニーが大株主になっている大企業です。

~シード・アンド・カンパニーが大株主になっている大企業~

☆ヒューレット・パッカード
→シード・アンド・カンパニーが発行株の94%を保有
☆シティグループ
→シード・アンド・カンパニーが発行株の87.9%を保有
☆バンク・オブ・アメリカ
→シード・アンド・カンパニーが発行株の92.6%を保有
☆ボーイング
→シード・アンド・カンパニーが発行株の69.79を保有
☆JPモルガン・ チェース
→シード・アンド・カンパニーが発行株の95.70%を保有
☆モルガン・スタンレー・アジア-パシフィック・ファンド
→シード・アンド・カンパニーが発行株の99.81%を保有
☆イー・アイ・デュポン・ドゥ・ヌムール・アンド・カンパニー
→シード・アンド・カンパニーが発行株の93.56を保有
☆コリア・エクイティ・ファンド
→シード・アンド・カンパニーが発行株の99.79%を保有
☆マクドナルド・コーポレーション
→シード・アンド・カンパニーが発行株の60.0を保有
☆UBS
→シード・アンド・カンパニーが発行株の14.15を保有
その他
☆ゼネラル・エレクトリック
⇒福島第一原子力発電所の核燃料成形加工と原子炉安全弁を担当する企業

今、インターネット上で、この謎のペーパー・カンパニーであるシード・アンド・カンパニーが誰の持ち物なのかという疑問が、静かな話題となっています。 ロックフェラーの物なのか?それとも、ロスチャイルドの物なのか?といったものです。上記の企業を財閥で区分すると、一般的に下記のようになります。

★シティグループ
→ロックフェラー系、もしくは、ロックフェラー財閥を中心とした
ロックフェラー・モルガン・ロスチャイルド大連合
★バンク・オブ・アメリカ
→ロスチャイルド系、もしくは、モルガン・ロスチャイルド連合
★ボーイング
→ロックフェラー系
★JPモルガン・ チェース
→モルガン系、もしくは、モルガン財閥を中心とした
ロックフェラー・モルガン連合
★モルガン・スタンレー・アジア-パシフィック・ファンド
→モルガン系
★イー・アイ・デュポン・ドゥ・ヌムール・アンド・カンパニー
→デュポン系、もしくは、モルガン・デュポン・ブロンフマン・ロスチャイルド大連合
★UBS
→ロスチャイルド系
★ゼネラル・エレクトリック
→モルガン系

上記を見て分かる通り、この謎の会社、シード・アンド・カンパニーは、ロックフェラー財閥、モルガン財閥、ロスチャイルド財閥という世界3大財閥の企業、 すべてを股にかけ、デュポン財閥の企業まで支配しています。つまり、これを見ると、ロックフェラーVSロスチャイルドという考え方が、いかに、幼稚で間違 えた理論なのかが分かります。と同時に、この謎の会社の存在が、ロックフェラー、モルガン、ロスチャイルド、デュポンなどのユダヤ金融資本すべてが、一枚 岩になっていて、大きな闇のシンジケートを形成していることを明らかにしています。いずれにせよ、これだけのアメリカの中枢企業を支配する謎の会社は他に 無いです。シード・アンド・カンパニーを所有する者こそ、アメリカ経済の真の支配者と言えると思います。

http://blog.livedoor.jp/kuroitaiyo888/archives/29990257.html  

ロスチャイルド財閥(ゴールドマン・サックス、トタル、ロイヤル・ダッチ・シェル)と
モルガン財閥(モルガン・スタンレー、ソシエテ・ジェネラル)とベアリング財閥(BP)と
ジーメンス財閥(ドイツ銀行)



ロンドン国際石油取引所(ICE)



NYSEユーロネクスト(NYSE Euronext)



シード・アンド・カンパニー



☆ヒューレット・パッカード
→シード・アンド・カンパニーが発行株の94%を保有
☆シティグループ
→シード・アンド・カンパニーが発行株の87.9%を保有
☆バンク・オブ・アメリカ
→シード・アンド・カンパニーが発行株の92.6%を保有
☆ボーイング
→シード・アンド・カンパニーが発行株の69.79を保有
☆JPモルガン・ チェース
→シード・アンド・カンパニーが発行株の95.70%を保有
☆モルガン・スタンレー・アジア-パシフィック・ファンド
→シード・アンド・カンパニーが発行株の99.81%を保有
☆イー・アイ・デュポン・ドゥ・ヌムール・アンド・カンパニー
→シード・アンド・カンパニーが発行株の93.56を保有
☆コリア・エクイティ・ファンド
→シード・アンド・カンパニーが発行株の99.79%を保有
☆マクドナルド・コーポレーション
→シード・アンド・カンパニーが発行株の60.0を保有
☆UBS
→シード・アンド・カンパニーが発行株の14.15を保有
その他
☆ゼネラル・エレクトリック
⇒福島第一原子力発電所の核燃料成形加工と原子炉安全弁を担当する企業

謎の会社シードアンドカンパニー。
いまどき紙っぺらで株式を持ってる人などいないでしょう。
つまり平然と堂々と合法的にほとんどの企業の株や債券を支配している会社が存在した。

大衆は小さなウソには騙されないが大きなウソには騙される。
あまりにも大ぴらにあからさまにやってる詐欺。

毎日ニュースで経済アナリストが株が上がっただの下がっただの。
全てを支配するシード・アンド・カンパニーなどという会社が存在するならそんな分析など無意味な話なのです。

この世界は全てがやらせだった。
そんな風に思える話です。

この話はできれば拡散して下さい。

本当にありがとうございますた。

※広告 【EMBCモルト】 価格: 5,650円(税込) お待たせしました。品切れだったEMBC再入荷しました。

スポンサードリンク

↓1日1回応援クリック

この記事をシェアしてヒャッハー!しよう