シャリーズ・セロンさんの話

スポンサードリンク

先日、あるモデル出身の女優さんの話を読みました。

ただ生き延びたいと願っていただけだった、とシャーリーズ・セロンがインタビューで述べている。
15歳のとき、自分に襲いかかる父親を母親が銃で撃ち殺す、という人生のスタートだった。

母子で移住したアメリカでは手切れ金のようなものを母親から渡されて「あとは自分で生きていけ」と言われた。
母親はミラノに移っていった。

ゆいいつ自分ひとりで稼いでいける可能性のある職業で、
そのために低賃金のファッションモデルをして貯めたオカネをレッスンにつぎこんだダンスは足の怪我で続けていけなくなった。

食べていける見込みがなくなったニューヨークを捨てて、16歳のシャーリーズは女優として生きるべく単身ロサンジェルスに向かう。

片道だけの切符代は母親が不承不承だしてくれた。

一晩泊まり(日本でいえばドヤ街、毎日前払いで一日ごとに精算する)の安アパートで仕事を探す毎日だったが、オック語の姓を持つアフリカーンス語訛の強い英語を話す16歳の女びとに仕事をくれるもの好きなプロダクションはなかった。

気が狂いそうだった。

やがて一文なしになった。

青ざめた顔で、白くなった唇を震わせて、自分をバカにしきったような口を利く銀行員は、
カウンタの向こうで「これ南アフリカ振り出しの小切手ではないですか。

こんなものカリフォルニアの銀行で受け取るところはありませんよ。
ダメです。現金化なんかできません」と述べる。

長い行列が自分の後ろに出来ていくのを意識しながら、
それでもオトナたちのルールに従って静かな口調で懇願していたシャーリーズは、
とうとう耐えきれなくなって「生涯でいちばん下品な」金切り声で、

「じゃあ、あなたはわたしにいったいどうしろというの?
このカネがなければ、わたしには今晩泊まるところがないのがわからないの?
わたしには食べるパンもないのが、あなたにはわからないの?」

泣きながら叫んでも銀行員のほうは肩をすくめるだけだった。

そのあとに起きたことは有名で、
長い行列に辛抱強く並んでいたひとりの男が、
不思議な国際金融取引上の知識をもっていて、
銀行員にやりかたを教えて、南ア小切手を現金化してみせる。

なんだか壊れたお話人形のように繰り返しお礼を述べるアフリカーンス語なまりの女の子に、
いやたいしたことじゃないのさ、このひとに、ぼくにはたまたまあった知識がなかっただけだよ、
と述べて立ち去っていくが、途中で気を変えて、シャーリーズのところに歩いてもどると、
名刺をわたして、なにか仕事があるかもしれないから、仕事を探しているのならここに電話してね、と言って歩みさっていった。

この親切な男が五指にはいる有名なハリウッドのマネージャーであることを、
まだこの南アフリカ人の若い娘は知らない。

シャーリーズ・セロンがやがて大スターになってゆくのは、神様だけが知っていたことです。

この場ではシャーリーズ・セロンは、これで今晩、危険がいっぱいのロサンジェルスの大通りで、
ホームレスとして道ばたで眠らないですむ、という安堵で頭がいっぱいだったし、
ハリウッドでは名が知られたタレント・エージェントのジョン・クロスビーも、
思いつきで、なんとなく気の毒で、名刺を渡しはしたものの、
ひどいアフリカーンス訛の、スタイルはいいけれどもパッとしない容貌の若い娘が、
あとで世界を代表する美人女優といわれて、
オスカーを獲得するとは夢にも思わなかった。

人は自分の人生が次にどうなるかなんて予想することなどできない。
一寸先は闇ならぬ、一寸先は光かもしれない。

セロンさんは「映画プロメテウス」に出てたのを覚えてます。
こんな役をやってますた。

12053001_Prometheus_09.jpg p4-ed626.jpg

完璧ボディの人だな~と思って見てただけですが、
そんな過去があったとは。。

南アフリカなまりの少女が、
その後は、アカデミー賞主演女優賞、ゴールデングローブ賞にも輝く女優になった。 

こう言うのを読むと人生はなんとかなるんじゃないかということを思います。

この世界は、かなりおバカで矛盾だらけの世界ですが。

我々はこの世界に、自分の限界を試したくって生まれて来たのではないのか。

越えられない試練はない。
だって自分でそう設定したのだから。
それでギリギリを試したくって生まれて来たのではないか。

そんな風に思ったりするのですた。

人生はなんとかなる。
だから何かをやってみよう。

そう思ったのですた。

ゴールデングローブ賞をもらってにっこりほほ笑むセロンさん
GoldenGlobesAwardsShow1MfRPfguG4l.jpg

本当にありがとうございますた。

スポンサードリンク

↓1日1回応援クリック

この記事をシェアしてヒャッハー!しよう