ユダヤ祭日と日食月食コンボ開始の日、3月20日について

スポンサードリンク

だからぁ。
来るんだよ。絶対来る!

ワタスは以前から口を甘酸っぱくして、ユダヤ祭日と日食月食の重なる日。
それが起こる年には、歴史的に見て重大な出来事が起きる。

2015年3月20日 宗教暦新年前日 ・・・ 皆既日食←今日
2015年4月4日  過越し祭 ・・・ 皆既月食
2015年9月13日 ユダヤの政治暦の新年の前日 ・・・ 部分日食
2015年9月28日 仮庵の祭の初日 ・・・ 皆既日食

よって2015年何かが起きる!!と言ってきました。

ワタスの妻などは慣れたものです。

はぁ?
またその話?

来る~きっと来る~♪
ワタスがその話を始めると、貞子のテーマを歌いながらどこかへ行ってしまいます。

ちぃぃ。

この屈辱。忘れまじ。
いつかワタスの警告を聞かなかったことを後悔する日がやって来る。
その日のために臥薪嘗胆しながらこのブログは書かれているのです。
本当に宜しくお願いします。

さて、本日から、いよいよ4連ちゃんコンボ開始。
2015年3月20日。
ユダヤ宗教暦新年前日

来ます。

海外サイトでも色々騒がれています。

bloodmoon320.jpg

今日の日食の後は、4/4は月食、9/13は部分日食、9/28は月食と続きます。

これは旧約聖書のヨエル書。

ヨエル書 3章4節
主の日、大いなる恐るべき日が来る前に
太陽は闇に、月は血に変わる。

ヨエル書 2章 11節
地はおののき、天は震える。
太陽も月も暗くなり、星も光を失う。

海外などでは今年こそ、このヨエル書の大いなる恐るべき年だと言って恐れおののいているのです。

ところで、以下、面白い分析があったので載せときます。

今日の日食は、以下のように北極点を通る日食で。

areaeclipse20150320.jpg

これは特別なパターンのようです。

同じようなパターンの日食が起きたのは1944年前で、
それはエルサレム神殿が崩壊した年だった。
その後の月食、日食のパターンを考えると、
今年はその逆パターンなんでは?と分析してる人がいます。

c201501AV_000002784.jpg

1944年前と逆の並びが来ると考えると、
本日の日食の次が、4/4の月食(Lunar eclipse April 4)で、
そうなるとエルサレム第三神殿の復活は、7/25では?
と予測してます。

そうなんだ。。
いよいよ7/25にエルサレム第三神殿が再建される日が来るのか。

まぁ、そう分析できるというだけですが。
これはちょっと興味深い分析ですた。

本当にありがとうございますた。

スポンサードリンク

↓1日1回応援クリック

この記事をシェアしてヒャッハー!しよう