経済情報 金融崩壊は既に始まっている

スポンサードリンク

さて、日経平均は2万円近くまで行ってるようですが。

来る~きっと来る~。
こういう話をするといつもバカにされるので、最近はあんまりしてません。

ワタスはリンゼイ・ウィリアムズ氏も言うように9月だと思ってるんですが。
ちょっと以下メモしときます。

まず億万長者達が既にこっそりと売りぬけを始めてるという記事です。

http://www.dailyreckoning.com.au/billionaires-dumping-us-stocks/2015/03/20/
These Billionaires Are Dumping US Stocks… Should You?

億万長者は米国株を売り払っている

株価が上がるとそれが暴落する瞬間も近づく。すでにウォレン・バフェットの好きなインジケータ〈GDPと市場のキャップ〉は、私達にすべての発行済みの米国株価の価値が100年の間、GDPと比較して最も高いレベルにあると告げている。(ドット・コムブームのピークを除いてだが)

株式市場は、それを支える経済に比べて無限に大きくなる訳がない。
株価が高くなればそれだけ経験を積んだ投資者には魅力がなくなる。安く買って高く売るチャンスがなくなるからだ。
今や、ばかな資金がまだその賭けをしている時、ミスターマーケットと呼ばれる億万長者達は、マーケットから身を引いている。

ウォレン・バフェットのバークシャーハサウェイはジョンソン&ジョンソンの約1900万の株を売り、消費製品株のその全体の賭け金を21%減らした。パークシャ・ハサウェイは、カリフォルニアのコンピュータパーツ供給業者インテルのその全体の株も売った。

サブプライムローン関連の株の暴落で財産を成した仲間億万長者ジョンポールソンも米国株を素早く立ち去っている。ポールソンのヘッジファンド、ポールソン&Co.は、最近のJPモルガンの1400万の株を放り出した。またディスカウント小売店Family Dallarや消費者商品メーカーSara Leeの株も放り出した。

最後に、億万長者ジョージ・ソロスだが、JPモルガンや、シティグループ、およびゴールドマン・サックスの株を含む彼の銀行株のうちのすべてをほとんど売っている。この3つの銀行について、ソロスは100万を超える株を売った。

ウォーレン・バフェットさん、ジョージソロス、ジョンポールソン。
名うての投資家達は既に売りぬけを始めてる。

まぁ、そんなところでしょう。
株価を吊り上げておいて、自分達だけはこっそり売り抜ける。
いつもの手です。
今、買ってるのはおバカな庶民だけというところですね。

以下もメモ。
アメリカは自ら金融崩壊させて、再出発を望んでるという記事です。

http://beforeitsnews.com/financial-markets/2015/03/next-crash-already-started-bix-weir-greg-hunter-video-2819982.html
(概要)

3月22日付け:
グレグ・ハンターのUSAWatchdog.com

金融崩壊は既に始まっている

bix_weir.jpg

金融アナリストのビックスウェア氏曰く:
今 年中に金融システムが崩壊するのは確実となりました。たぶん9月ころになるだろうと思いますが、実際は既に始まっているのです。金融が崩壊すると、人々は これまでの嫌な経験から、新しい考え方に転換するでしょう。ATMからお金を引き出せなくなると、人々は、2~3百年前からアメリカの金融市場を不正操作 しアメリカから富を奪い続けた人々に激怒するでしょう。
米政府が警察を使って強引に我々を独裁支配しようとしていると言う人もいますが、そのようなことが可能なのは現行システムが機能している間だけです。
システムが機能しなくなると、世界をめちゃくちゃにした犯人が誰なのかが明らかになります。そうなると、警察は我々の家に乱入し我々を逮捕し家を奪うことなどできません。
それに政府が警察に給与を支払わなくなれば、警察も働かなくなります。警察自体も我々と同じように政府に激怒するでしょう。
ほんの一握りの人々が大きな責任を負わされることになります。犯罪を行ってきた全ての人々に判決が下されることになります。
支 配層の連中は迫りくる金融危機に備えています。善人も悪人も金融崩壊を望んでいます。なぜなら。。。悪人は金融詐欺で儲けた大金を持ってどこかへ逃げるこ とができると考えています。善人は、悪人による金融支配を終わらせ、金本位制度などに戻すためにも金融崩壊は望ましいと考えています。
FRBも米財務省も随分前からアメリカの金融崩壊を計画してきました。
FRBにも米財務省にも善人と悪人が混在しています。ただ、善人も悪人も金融崩壊後に世界がどうなるかが分からず、新しい金融システムに移行させることを恐れています。これまでの金融システムが崩壊すれば、もちろん、全米がカオス状態になるでしょう。
銀行口座は凍結され、デリバティブは機能停止となり、401Kも破綻するでしょう。それよりも人々はどこで食糧やガソリンや水を入手できるかを心配しなければならなくなるでしょう。
現金も不足します。金や銀を所持している人はほんのわずかしかいません。

政府造幣局が造る硬貨はFRBが印刷する紙幣よりも価値が上がります。硬貨は借用証書ではないからです。
硬貨は国の通貨です。FRBの債務証書である米ドル紙幣とは違います。今年中に彼らによる不正操作と金融支配が終わるでしょう。既にヨーロッパでは変化が起きています。
ギ リシャがドイツとの関係を終わらせる(ユーロ離脱)と表明すれば、世界の金融システムが崩壊することになります。アメリカも金融が崩壊します。そして銀行 が破たんします。大手銀行のどれかが破たんすれば、ドミノ式に他の銀行も破たんすることになります。そして米ドルも消滅することになります。アメリカは金 融システムを崩壊させ、酷い状況から抜け出したいのです。そして再出発をするのです。

このおバカな資本主義経済。
やっと2015年で終わり。
長かったですね。

と言う訳で、ジョージソロスさんの如く。
ワタスもそろそろ春に向けて畑や田んぼの準備に取り掛かかりましょう。

本当にありがとうございますた。

スポンサードリンク

↓1日1回応援クリック

ap201611037zxcv12adaoigc1950873bazoxlvc9day14aoz000507

この記事をシェアしてヒャッハー!しよう