いざという時の色々バイアスについて

スポンサードリンク

さて、北海道釧路で震度5弱があったようです。

GDDFYV220150514000003.jpg
GDDFYV220150514000004.jpg

早川教授はまた当てましたね。早川氏は以下のように書いてました。

・地震に注意すべきエリアを電気通信大学名誉教授の早川正士氏に聞いた
・地震が起こる約1週間前には、地殻のヒビ割れが前兆現象として起きるという
7日までに北海道、11日までに福島から茨城にかけて前兆がみられるとした

気になるのは次に地震が起きるエリアだ。
 「7日までに北海道の十勝から岩手にかけて、内陸ならM5・0前後、海底ならM5・5前後、最大震度4程度。11日までに福島から茨城にかけて内陸海底ともにM5・0前後、最大震度4程度」と早川氏。それぞれ前兆がみられるという。

それと、ゲリー・ボーネル氏
「2014年から2018年にかけて、地球は突然活発になっていきます。
毎日毎日、地球上のどこかで地震が起きているような状態になります。」

これは当たりでしょう。
完全に火山・地震の活動期に入っている。

いまだに、大丈夫だろう。
タカをくくってる人。 
あなたがまだ大丈夫だと思いたい心理。
それはバイアスがかかってます。

良い機会なのでおさらいしときます。

以下は、韓国のテグ市で起きた地下鉄事故の様子。
↓辺りは煙が充満しているというのになぜか逃げない乗客。
TKY200302190282.jpg
これは197人が死亡した大事故でした。
http://www.bo-sai.co.jp/tikatetuhoukajiken.htm

ぇえ?
煙が充満してるのに逃げないの?
この人達、頭がおかしいんじゃないの?
普通の人はそう思いますが。

でも、実際、あなたが地下鉄にのっていて煙が充満してきた。
でもまわりの乗客が平然と座っていたら、あなたは逃げるでしょうか?
あたり構わず逃げる人は統計的に4%しかいないと言われています。

これは有名な集団同調性バイアスです。

人は必ず集団と同じ行動を取りたがる性質があります。
目立った行動をとりたくない。
人と違う行動をとりたがらないという話です。

韓国の地下鉄のこの火災では、他の乗客が逃げないので、社内に留まる人達が多かったのでした。
他がどうしようが自分の直感だけで逃げる人は全体の4%しかいないのです。

この地下鉄事故の場合、さらに悪いのは
地下鉄の社内放送で状況を調べるので少々お待ち下さいというアナウンスを信じて
そのまま社内に留まった人が多かったのでした。
こういう専門家や担当者の言うことを信じすぎることをエキスパートエラーと言います。

もう一つ正常性バイアスというのがあるのも知っときましょう。
以下は東日本大震災の時の有名な話。

大川小学校の悲劇という話ですね。
全然、大丈夫じゃないのに大丈夫と言う先生の言うことを信じてしまった悲劇です。

避難まで30分校庭に待機
http://www3.nhk.or.jp/news/html/20110603/k10013310671000.html
K10033106711_1106040801_1106040817_01.jpg

巨 大な津波によって全校児童のおよそ7割が亡くなったり、行方不明になったりしている宮城県石巻市の大川小学校で、児童らは教員に先導されて高台に避難を始 めるまで、およそ30分、校庭で待機していたことが明らかになりました。津波に飲まれながら奇跡的に助かった児童がそのときの様子を語りました。

児童ら は、学校から200メートルほど離れた高台に避難を始めるまで、およそ30分待機していたことが分かりました。津波に飲まれながらも奇跡的に助かった現在 6年生の只野哲也くんは、父親とともにNHKのインタビューに応じ、「先生たちはグラウンドの前でずっと話し合いをしていた。
そのとき、先生は『大丈夫だからな』とか言っていた
と 話しました。

当時、学校には子どもを引き取るため保護者も大勢集まっていました。さらに学校は石巻市が指定する避難所になっていたため、近所の人たちが避 難してきており、グラウンドではたき火の準備も始められたといいます。そして、児童らが高台に向かって移動を始めた直後に津波に襲われたということで、そ のときの様子を「様子を見に行っていた教頭先生が堤防から走ってきて、もう津波来てるみたいだから早く逃げてくださいって。そこから小走りに逃げた」と話 しています。このあと、津波にのまれた只野くんは学校裏の山の斜面に打ち上げられたところを、近所の人たちなどに助け出されたということです。

現代人は危険の少ない社会で生活しています。
敏感に危険を感じすぎると、日常生活に支障が出てしまうのでした。
だから、普段から危険を感知する能力を下げようとする適応機能が働いている。
これまでの経験から「大丈夫だ」と思ってしまいがちなのでした。

これが「正常性バイアス」と呼ばれるのでした。

PK2010050102100122_size0.jpg

普段便利な生活に慣れすぎていて、いつもビクビク反応していては生活できない。
だからぼんやりオットリ。
便利な都会で生活するにはそういう人に成らざる得ないという話です。

そうして、いざという時にもぼんやりおっとりが元に戻らなくて、
そのまま、おっとりしながら死んで言ってしまうという話でした。

金玉は大げさだなぁ。

地震とか火山とか。
まぁ大丈夫だろう。
そう思ってるあなた。

全然大丈夫じゃねぇよ。
このスカポンチン野郎!

そうやって親切な誰かに金玉を蹴り飛ばしてもらわない目が覚めないのです。

バコッ!

ぎゃぁぁぁ
き、金玉がぁ。
あなたはその場で、股間を押さえうずくまって口から泡を吐く。
ブクブクブク

そして仮死状態になり、やっと目が覚める。
私はこんな危険な時期に会社に行こうとしていた。
何をやってたんだ。。

やっと目覚めて、慌てて荷物をまとめ信州に移動する。

日月神示にも一度仮死になってから助けると書かれていますよ。

とかなんとか。

参考になれば幸いです。

本当にありがとうございますた。

お田植え会最終日:お田植え会in木曽 6/6(土)、6/7(日)

スポンサードリンク

↓1日1回応援クリック

この記事をシェアしてヒャッハー!しよう