憎しみは消せるのか シリーズ その1

スポンサードリンク

さて、こういうシリーズものはワタスの趣味で書くだけなので、興味がない人はスルーして下さい。
こういうことを書きたくなる気分の時もある。

最近、こんな悲しい記事を読みました。

中2娘殺害へと母親を追い詰めた、強制退去という貧困刑

2014年9月、千葉県銚子市の県営住宅で、一人のシングルマザーが中学生の娘を殺害した。貧困状態にあった母親は、2年にわたって家賃を滞納しており、強制退去の対象となっていた。生活保護の相談に福祉事務所を訪れたこともあったが、利用には至っていなかった。

GDDFYV220150616000003.jpg

2014年9月、千葉県銚子市で、シングルマザーが中学生の娘とともに無理心中を試みた。母親は、娘を殺した後、自身も自殺する心づもりであった。しかし、自殺を実行する前に逮捕された。

 この母親に対し、2015年6月12日、千葉地裁は「懲役7年」の裁判員裁判判決を言い渡した。求刑の「懲役14年」が半分にまで軽減されるのは、殺人では異例に近い。

 事件当時43歳だった母親は、中学2年だった13歳の娘とともに、県営住宅に居住していた。しかし、2年にわたって家賃を滞納したため、明け渡しの強制執行が行われることとなった。

 強制執行の日に、事件は起こった。千葉地裁支部の執行官らが室内に入ったとき、母親は、娘が体育祭で活躍している映像を見ながら、息絶えた娘の頭を撫でていたという(朝日新聞報道による)。

 母親はパート勤務だったが、毎月の就労収入は4~8万円程度。多重債務・国民健康保険料滞納などの困窮状態にあった。母親に、相談できる友人知人はおらず、生活保護を申請しようと考えたものの申請には至っていなかった。公的扶助論を専門とする吉永純・花園大教授(公的扶助論)は、行政側の問題を指摘した上で、

 「困窮者は貧困から抜け出すために必要な情報を得る手立てを持てない。だからこそ行政側が積極的な情報提供やアドバイスをする必要がある」

ワタスはこのニュースを読んで涙が出た。
それほどワタスと年も違わない母親。
明日、追い出される。
そして娘の頭を撫でていた。
どんな気持ちだったろうと思いました。

ワタスはその昔こんなことを書いていました。

ゴールデンウィークだったので妻を伴い食事に行ってきますた。
行ったのは、今や流行の東京ミッドタウンというところですた。
和洋折衷なおしゃれな店が立ち並ぶすてきな空間です。

しかし、ワタスはそういうきらびやかな風景を眺めながら、
ぼんやりとまったく逆のことを感じながら歩いていますた。
この世の中も長くはないということです。

ああいう東京ミッドタウンのような所に潤沢なお金をかけて
きらびやかに飾り立てる資金があると思いきや、
一方で最近寝るところにも困るようなワーキングプアな
若者がいる。
最近ではネットカフェやらマックなどに寝泊りする
フリーターの若者がいるとのことですた。

なんたる格差でしょう。
もちろんいつの時代にもこういう格差はありますた。
江戸時代などは天保の大飢饉というのがあって
武士階級は死にはしませんでしたが
多くの農民が餓死したといいます。
昔はもっとひどかったかもしれません。

しかし、これだけ文明が発達し、科学も発達し、
物があふれかえり、グルメ番組が垂れ流され
飽食の時代と言われる現代社会においても尚、
まだこのようなひどい格差があるということが不思議でなりません。
この現代社会のいびつさ。
そのいびつさだけが際立ってワタスの目には映るのですた。
たとえ東京ミッドタウンなどというおしゃれな場所で食事を
しようともこういう格差社会に考えが及ぶと幸福感を
感じられないではないですか。

だいたいワタスは前々からおかしいと思っていたことに
何かを所有するという行為。
この土地は私のもの。この会社は誰々のもの。この家は俺のもの。
この洋服は私のもの。
しかし、良く考えてみて下さい。これだけ物が溢れる社会において
何か特定のものを所有する。
つまり土地でも車でも洋服でも、誰か特定の個人の所有物に
してしまうということに違和感を感じませんか?
この社会はいかに何かを自分のものにするために皆一生懸命
汗水たらして働いています。

われ先に争って良い物を身に着けようとがんばります。
しかし、そもそもそんなに何かを所有するという行為が必要なのか。
車でも何でも買っても使わない日があるでしょう。
車など置き場所に困るぐらい道端に溢れています。
ならば、使わない日は誰かに貸せばいいではないですか。
共同保有にすればよいではないですか。
洋服だって一度着たら飽きて捨てるような金持ちもいるのですから
着たら誰かにあげればいいではないですか。
実は首都圏などの空き部屋率などすごいのです。
空きがあればネットカフェ難民、マック難民にタダで
使わせてあげればいいではないですか。
この世の中には物が溢れかえっているのです。
こんなに車でも空き部屋でも洋服でもなんでも在庫が
有り余っているのだからタダで配るか共有して使えば
全員にいきわたるではないですか。
実は捨てるのに困って不法投棄する輩もいるぐらいです。
最初から競争なんて必要ないではないですか。

あたかもみんなで馬鹿げたゲームをやっているようです。
何か元々楽で安心して暮らせる社会を
自分たちで厳しくしているように思います。
社会は甘くないと言いますが、勝手に自分たちで
厳しくしているのように思えるのですた。

この無駄が多く、いびつな社会。
このような訳の分らない病んだ社会システムは長く
続くわけがないとワタスは思います。
このような自然に反した社会は
当然それ相応のしっぺ返しを食らうのです。

もうそれほど長くはない。
そういうことをぼんやりと考えながら東京ミッドタウンを
歩いていますた。

我々はいつからこんな世界に住んでるんでしょうか。

物質だけ豊かに。
だけど心はどんどん貧しく。

ちょっとのお金があれば、分けてあげればいいじゃないですか。
困った人を見たらちょっとだけ優しくしてあげればよいじゃないですか。

将来の不安。みんなそんなことを良くいいますが、みんなで助け合えば元々この世界に不安なんてないはずです。
それだけで世の中は変わってくのに。

ワタスは、金玉村を作ろうと呼びかけたのも今の現状に、ちょっとでもあらがいたかったからです。

唯物的な心が広がるこの世界。

正直、今の世の中を見てるともうダメだと思う。
人間の霊性は全然変わらない。
そしてどんどん悪くなってる。
悪い方向に行ってる。

誰が悪いからとか。
あの政治家が悪いからとか。
お互いを責めあうだけの世界。

もう、そんなことではこの世界は変わらない。

愛。
愛こそすべて。

この世界を変えるのは愛。

愛があれば、あの日が戻ってくる。

帰ろう。
あの日に帰ろう。

このニュースを見てそう思いました。

本当にありがとうございますた。

これはヤマーダ氏の作曲。レベッカ復活おめでとう。


写真の中 理由もなく満たされない笑顔
エゴイスティックな長い髪を指でとかしてる

なにかを手にしたら
なにかを捨てなくちゃならない

たぶんそれがガラス玉でもダイアモンドでも
理想はすべてを惑わせるゲームさ
無駄だよ
僕は生きてゆく 風のように鳥のように

スポンサードリンク

↓1日1回応援クリック

この記事をシェアしてヒャッハー!しよう