不安はその通りになる byマーフィーの法則

スポンサードリンク

さて、最近、地震、火山関連ばかり書いてますが。
そういうのを読むと、どうしようもなく不安になるという人。
そんな人はこのブログを読まない方が良いでしょう。

ワタスは不安を煽るためではなく、危機に正しく対処するために書いてます。

前から恐怖することと準備することは違うと何度も言ってます。
怖くなったり、不安になったら、具体的な対処をすれば良いだけです。
それをやらないから、いつまでたっても不安が消えないのです。

そもそも

「不安は、その通りになる」です。

良い機会なので、今度はジョセフ・マーフィーさんの言葉を紹介しときます。

マーフィーさんが言ってるのはめちゃくちゃ単純なことですね。

josegh_marphy2.jpg

いや、ひじょ~~~に単純ですね。
シンプルイズベスト!

あなたの思いが現実を作り出している。

ジョセフ・マーフィーさんは牧師さんで、
潜在意識の力についていろんな本を書いてる方です。
こんな方。

josegh_marphy.jpg
ジョセフ・マーフィー 牧師
ジョ セフ・マーフィーは、米国で活動したアイルランド出身の宗教者、著述家。ニューソート派に属し、主に牧師として活動した。 潜在意識を利用することによって自らや周りの人さえも成功、幸福へと導く「潜在意識の法則」を提唱した。関連著作は自己啓発書として広く流通している。 ウィキペディア
生年月日: 1898年5月20日
生まれ: アイルランド
死没: 1981年12月16日, アメリカ合衆国 カリフォルニア州 ラグーナ・ヒルズ
学歴: 南カリフォルニア大学
著書: マーフィー 眠りながら成功する上: 自己暗示と潜在意識の活用、 もっと見る

こういう著書があります。

不安になると、ずーっと不安なことが起きる。

マーフィーさんによると
不安になる=潜在意識にこれからも、不安になることを起こして下さい。
そう毎日、お願いしてることになります。

なんでも不安になる人。

その人は、たぶん過去にひどい目にあった。
その過去の記憶を未だに引きずりイヤーな人生を毎日ずーっと送っているのでした。
それは過去の自分のイメージに執着している状況だとも言えます。

あなたは今後もずーっと過去のイメージ通りの人生を送るのでしょうか。

いい加減、そんな過去の自分のイメージを脱ぎ捨てましょう。
自己イメージの法則というのは本当にあります。

以下、マーフィーさんの著書から引用しましょう。
あるセールスの仕事で、成績が伸びない女性の話でした。

あるセールスマネジャーが、部下の一人を私のところに相談に越させました。
ローダというその女性は頭の良い女性で、自分の売る製品のことも熟知していました。

彼女はとても有利な地域にいたのですが、年間、わずか三万ドルのコミッションしか得ていませんでした。
彼女ならその2倍から3倍を得られる、とセールスマネージャーは感じていたのです。

ローダと話してみて、私は彼女が自分自身に対して悪い感情を持っていることに気がつきました。
彼女の家庭は貧しく、両親はいつも自分たちと同じ貧しく、両親はいつも自分と同じ貧しい生活を彼女も送るものだと決め付けていたのです。

教育など勤勉の価値を強調する代わりに、良い生活をしたいという彼女の希望を、
身分不相応な考えだと笑ったのです。

彼女の潜在意識は、とくに若くて影響を受けやすい時だったので、そうした親が与えた考えを受け入れました。
自分の夢を実現できる職業についた後でさえ、欠乏と限界を信じていた彼女の潜在意識が彼女を拘束したのです。

こうしたことすべてを私は彼女に説明しました。
そして、潜在意識に生命を吹きこむような考えを与えることで、それを変えることができるのだと
告げた上で、彼女の生活を変えるための祈りの言葉を与えました。

また、彼女には、自分が断定したことを、いかなる状況であろうと否定してはいけないと強調しました。
なぜなら、彼女の潜在意識は、彼女が本当に信じていることを受け入れ、表現するからです。

毎朝、仕事に出かける前に、彼女は次のように断定しました。

「私は成功するために生まれました。私の中の無限の知性がそれをしくじるはずはありません。
無限の知性の法則と秩序が私の命を支配し、その平安が私の魂を満たし、その愛が私の精神に溢れます。
偉大な力の富が自由に私に流れてきます。

私は前進し、進歩し、精神的に、財政的に、そしてあらゆる面で成長しています。

こうした真実が私の潜在意識に定着し、それらの本章にしたがって育つことを私は知っています。」

1年たったとき、私はローダから電話を貰いました。
私たちがあのとき決めた心的態度の結果として、彼女の生活が変わったと言うのです。

「自分を評価するということを覚えました。今では人生を楽しんでます。
そして、すばらしいことが起こったんですよ。この十二ヶ月で私のコミッションは十五万ドル近くになりました。
1年前の5倍ですよ。その上、先週、ボスから東地区全体のセールスマネージャーにならないかって言われたんです。」

ローダが気づいているように、彼女の成功は、自分の潜在意識に刻印するものは何であれ
人生において有効に機能するという単純な結果として起こったのです。

もうひとつのっけときましょう。
これはマーフィーの法則を読んで人生を変えたある新聞配達員さんのお話です。

私もそれまでは、どうしようもないマイナス思考で、まだ起きてもいない悪い出来事を想像しては不安な日々を送っていました。
例えば、セールスに行った客からクレームがくるのではないか・・・キャンセルになるのではないか・・・。
恋人が別の男と知らない間にデートをしているんではないか・・、今日、別れ話を切り出されるんではないか・・・。

と、未来を勝手に悪いほうに考え決め付け、それを逆に願っているかのようでした。

その頃は全て的中とはさすがにいいませんが、ほとんどそのマイナスのイメージ通りにことが進んでしまい、今思うと情けない生活を送っていました。

仕事は新聞配達に新聞のセールス。大変な割には収入は手取りで13万円程度。風呂無しのボロボロのアパートに住み、車も無く休日はパチンコに明け暮れる。

我ながらひどい生活でした。

ところが、このマーフィーさんの書籍と出会い、急激に人生が変わったのです。

「え?願いを何度も唱えるだけでその願いは叶う?」

「こんな簡単なことで?」

正直そう思いましたが、その頃の私は藁にもすがりたい状況でしたので、とにかくマーフィーさんの言葉の通り毎晩、毎朝、お風呂に浸かっている時までこう唱えるようにしました。

「この世界の源は、たった一つであることを私は知っています。
それは、”生命の原理”です。全てのものはそこから流れ出ます。
それは宇宙を創り出し、全てのものはその中に含まれます。この”全能の力”が私に関心を寄せています。
私の心は開かれており、受容的です。

私は、”無限の富”が持つ調和、美、導き、富、豊かさが自由に流れる水路です。
健康、富、成功は内から放たれ、外に表れることを私は知っています。
私は今、内と外の無限の富と調和しています。こうした考えが私の潜在意識に定着し、うちゅうのスクリーンに投影されることを、私は知っています。
すべての 人に恵みがありますように。私は”偉大な力”は持つ富—-情緒的、精神的、物質的富を受け入れます。
それらは雪崩のように豊かに私に流れてきます。」

はじめの内は、いつものマイナス志向が邪魔してきます。

「どうせ、こんなこと唱えたって変わりやしないさ。俺は一生不幸に生まれてきたんだ!」
こんな風に。

でも、負けずに言葉に出したり、頭の中で何度も唱えるのです。
するとどうでしょう。
あくまで私の場合ですが、ほんの数日でマイナス思考なんてものは、どこかに行ってしまいました。
人生に光が指して来たかのように、前向きに人生を考えるようになったのです。
プラス思考に変わってしまったのです。

すると、不思議なことに今まで日当をいただくだけの仕事についていた私が、勇気を出して大手企業に面接に行き、見事採用していただくことになり・・・

http://ungayokunaruron.seesaa.net/article/222910733.html より

いたずらに不安になる必要はありません。
自己イメージを高めて、後はお任せ。

もう大丈夫。私はやるべきことはやった。
私は守られている。
私は幸せになる権利がある。
いつもそういうイメージとともにあること。

そうすると潜在意識が導いてくれるでしょう。
いつも参考にしているマーフィーさんの本の紹介ですた。

本当にありがとうございますた。

スポンサードリンク

↓1日1回応援クリック

この記事をシェアしてヒャッハー!しよう