浜岡原発が気になる。その壁は進撃の巨人を防ぎ切れるのか。

スポンサードリンク

あんたも好きね~

いや、最近、妙に静かというか、嵐の前の静けさというか。
これはいわゆる凪(なぎ)の状態ではとワタスの股間が危険を知らせています。

前回に引き続き、ワタスは8.11がひじょ~~に気になってます。
あの友達作戦の、ロナルド・レーガンがやってくる。

皆様は2009年8月11日の駿河湾地震を覚えているでしょうか。

Wiki駿河湾地震
BLCDZGI0150803000219.jpg

http://matome.naver.jp/odai/2137851907852354001
2009 年8月11日の駿河湾地震(マグニチュード6.5;御前崎市の震度6弱)の時に、5号機では、約400mしか離れ ていない4号機の2倍以上の揺れが観察されましたが、これは5号機の地下300~500mに軟らかい地層があり、これが揺れを増幅させたとされています (中部電力発表)。浜岡原発では、駿河湾地震による震度6弱程度の揺れによって、46件に及ぶ故障が生じ、揺れの大きかった5号機の故障がこのうちの25 件を占めるなど(広瀬、2010)、浜岡原発の中でも5号機は特に地盤的にも大きな問題を有しています。

この8.11の地震。
浜岡を狙ったようなドンピシャの位置で起きました。

それと、ゲリーボーネル氏の予言。
ずっと前に載せましたが4月12日に巨大地震が起きるという予言でしたよね。

その起きると言われる震源の場所は伊豆でした。
浜岡に近い。
そして他の予言とも似ている。

再度載せます。

http://golden-tamatama.com/blog-entry-1469.html
 しかし地球が変化し始め、水面の空気のレベルが益々悪くなっていくと、人々は次第により海抜の高いところに引っ越すようになります。もし低地の海岸線近くに住んでいる人で、「どうしてもここから引っ越したい」という直感があった人は、ぜひその心の声に従ってください。地 震がもっとも活発なエリアは東海地方で、マグニチュード9の地震が2015年の初期に起きるでしょう。震源地は本州沖の、伊豆半島の南方のトラフ(海溝) 付近です。もっとも激しい揺れは、静岡県伊東市の海岸線あたりで感じられます。この地震は、本州の内部に向かうように見えるマグニチュード7程度の、一連 の4つの群発地震を引き起こします。

   伊東市の地震の1週間後、東京に直下型のマグニチュード8の余震が起きるでしょう。
    古いビルや老朽化したインフラ(設備)は崩壊します。東京での余震の1週間後には、東京沖の海底を震源地とする一連の地震が、太平洋方向へ向かう直線 上に起きるでしょう。これは異なる断層の影響を受けたものです。最大の脅威は、南方の海岸沿いに起きる何回かの津波ですが、和歌山県の新宮市と宮崎県が大 きな被害を受けるでしょう。太平洋上にある低い島々も、津波がハワイ方向へ向かって押し寄せる時に甚大な被害を受けます。

   マグニチュード8~10は非常に大きな地震です。
   東海エリアの地震は8と10のちょうど真ん中あたりの規模で、恐らく9・2ぐらいだと思われます。これは東日本大震災のM 9・0、関東大震災のM 7・9 よりも大きいですが、 いいニュースは揺れる時間が非常に短いことです。もしその規模のものが長ければ、インフラは相当激しい損害を受けるでしょう。私は政府で働いている人で、 原子炉を何とか止めようとしている人々がいるのを知っています。しかも科学者たちは、大地震が明日起きてもおかしくないと言っているのです。実際、今日も 起きています。

   マグニチュード9・2~9・3規模の地震が東海沖で起きると、ドカンという大きな揺れが来て、それが東京周辺の断層全部に影響し、それによって東京のインフラが被害を受けます。一番大きな問題は古い建物で、東京には電車、古いビル、古い高架の高速道路があります。神戸の地震では、建物は激しく揺れても倒れなかったのですが古いものは倒壊しました。その教訓から古い建築物は強化されてはいますが、なにせ東京は大都会であり、東京でも同じことが起きます。

地震への備えを真剣に考えよう

4月12日は英語でApril12です。
ゲリー氏はもしかしてAugust12のイメージが浮かび上がって来たのを間違えてApril12と言ったのでは?
日本の方が一日早いので8月11日とか。

他にも以下のような情報があります。

串田氏の情報ですね。
最新情報です。
これも時期的には同じような時期をさしてます。

http://www.jishin-yohou.com/1778zokuho095.pdf
8月13±

他に、現在、地球の大気の高層上空で電子の流れに変化があるようです。
2010年のハイチ地震、2011年の東北の震災、ネパール地震でも変化が測定されています。

http://oka-jp.seesaa.net/article/423417342.html IN DEEPさんより

アメリカ海洋大気庁( NOAA )の衛星 GOES (ゴーズ)というのが「電子フラックス」というものを常時測定しているのですね。
「フラックス( flux )」というのは、流れというような意味ですので、電子の流れを測定しているというような感じですかね。

2015年7月29日から8月1日までの電子フラックスの変化
electron-flux-0801.gif 

過去の例と当てはめてみますと、たとえば、今年 4月25日にネパールでマグニチュード8クラスの大地震が起きた2週間ほど前に、上と非常によく似た電子数の乱れが測定されています。

2015年4月8日から4月11日までの電子フラックスの変化
electron-flux-0411.gif

という訳でこれも何故か、公開では書かない方が良いと思ったので非公開で書きました。
とにかく米国の軍事訓練ジェイドヘルムもそうですし、金融の動きも何か変です。

ベンジャミン氏も8月10日日本を離れると言います。(28分ごろからの動画)


まぁ、これは偶然だとは思いますが。

これからもこのままの世界が続くと思う人。
そんなはずはないと思う人。
人はもう、道が分かれていて、分からない人には分からない。
だから、必要と思う人だけが読めばいい。

まぁ、外れるかもしれませんが、8月10日~8月15日。
その時期はお盆休みで田舎に帰るか、海外旅行でも行ってましょう。

本当にありがとうございますた。

スポンサードリンク

↓1日1回応援クリック

この記事をシェアしてヒャッハー!しよう