速報 米FOMC 利上げ見送り 

スポンサードリンク

さて、南米チリでM8.9があったそうで、日本にも津波が来ると騒がれてますが。

ワタスは経済の方の津波。
いよいよ利上げするのか?の方に注目してました。

あのリンゼイ・ウィリアムズ氏は金融崩壊はFRBが利上げを発表した後と言ってたので、
時期が時期だけに今回はやると見てました。

ですが、結局、利上げは見送りですね。

NYダウの株価はFOMCの発表後、以下のように下がってます。
SSGPIXG20150914000314.jpg

為替は急激に円高です。
SSGPIXG20150914000315.jpg

NY市場 利上げ見送りで一時119円台に
http://www3.nhk.or.jp/news/html/20150918/k10010239911000.html
9月18日 6時23分
17日のニューヨーク外国為替市場では、FRBの利上げ決定を見込んで買っていたドルを売って円を買う動きが強まり、円相場は一時、発表前と比べて1円程度高い、1ドル=119円台後半まで円高ドル安が進みました。
市場関係者は「利上げを見送ったこと自体に驚きはなかったが、金利の上昇を見込んで買われていたドルが売られた。金融政策が不透明な状況がしばらく続くので、今後も値動きが大きい展開が続くだろう」と話しています。

 これはロイターから。

ierenobachanfrb20150928.jpg

http://jp.reuters.com/article/2015/09/17/fomc-decision-idJPKCN0RH2J220150917
[ワシントン 17日 ロイター] – 米連邦準備理事会(FRB)は17日まで開催した米連邦公開市場委員会(FOMC)で、ぜい弱な世界経済をめぐる懸念を踏まえ、フェデラルファンド (FF)金利の誘導目標を現行水準に据え置くことを決定した。だが年内利上げの可能性は残した。

声明は「最近の世界経済、および金融動向は経済活動をやや抑制し、インフレに目先、一段の下向きの圧力を加える可能性がある」とし、海外リスクなどを踏まえ、利上げを先送りしたと説明した。

ただ同日に発表されたFRB当局者の金利見通しでは、17人中13人が年内に1度以上の利上げを見込んでおり、年内の利上げバイアスは維持した。だが前回の15人からは減った。

一方、少なくとも2016年まで利上げを見送るべきと考える当局者は4人と、前回の2人から増えた。
FRBは利上げの決定に当たっては、「労働市場がさらに幾分改善」し、インフレが加速するとの「合理的な確信」が持てた時に行うとの方針をあらためて表明した。

ったく、いつになったらやるんでしょう。

FRB議長のイエレンさんは、アメリカ育ちのユダヤ人。
副議長のスタンレーフィッシャーもイスラエルとの二重国籍。
だからユダヤ祭日の重なる9月はやるだろうと思ってたのですが。

来月でしょうかね。

ちなみにFRBというのは色々調べると結局のところイスラエルですね。
FRBのボスはイスラエルだった。

まぁ、こんなことは、常識なんですが。

ちなみに副議長のスタンレー・フィッシャーさん。
副議長と言いつつもフィッシャーの方が立場が上ですね。
フィッシャー氏は前イスラエル銀行総裁です。

200px-Stanley_Fischer.jpg
スタンレー・フィッシャー

生誕 1943年10月15日(71歳)
北ローデシア (現在のザンビア)
国籍 イスラエルの旗 イスラエル
アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
研究機関 イスラエル銀行(2005年–2013年)
シティグループ(2002年–05年)
国際通貨基金(1994年–01年)
世界銀行(1988年–90年)
MIT(1973年-88年, 1990年–94年)
研究分野 金融経済学
母校 MIT (Ph.D.)
LSE (B.Sc., M.Sc.)

フィッシャー一族を色々調べると、あのアラン・グリーンスパンの親分ですね。
イスラエルの国営企業アイゼンベルグ社に直結する一族でした。
あのグリーンスパンをスカウトしたのもフィッシャー一族です。

フィッシャー一族を色々さかのぼると結局のところソシエテ・ジェネラルが出て来て、
東インド会社までさかのぼる古い一族でした。
ここら辺、書きだすときりがないので書きませんが。

で、FRB自体はデル・バンコ(ウォーバーグ)等々がやってる組織です。

結局、欧州貴族が結託してグルでやってるんですね。

金で固めて金で潰す仕組み。
グルでグルグルヤラセをやってるのです。
毎度バカバカしい話です。

本当にありがとうございますた。

スポンサードリンク

↓1日1回応援クリック

この記事をシェアしてヒャッハー!しよう