今蘇るズンドコベロンチョ運動について

スポンサードリンク

さて、今日はこんな記事を読みました。
あるIT企業の社長さんの挨拶文。
横文字ばかりで日本語ではない。もはや意味不明だと騒がれているようです。

こんな挨拶文だったようです。

【悲報】意識高い系社長の挨拶、もはや意味不明 [隔離病棟] http://alfalfalfa.com/articles/142776.html より

真のエクセレント・カンパニーを目指して
今、IT業界は革命の時代に突入しています。2000年初頭に起こったパラダイムシフトにより様々なキャズムが取り払われ、各社のコアコンピタンスがコモディティ化された結果、先の見えない不況が我々の眼前に覆いかぶさってきています。LIGは自社の強みでもあるファクトベースにおけるブルーオーシャン戦略、いわゆるボトルネックを排除したベネフィット創出事業にフルコミットする事で、安定的な成長を続けています。

ソーシャル・ネットワーキングのカリスマ
今では誰もがSNSを利用しています。我々のアセットでもあるナレッジ化されたコンテンツ・マーケティング戦略は、更にドライブさせる事で世の中に多様なインパクトを与えられると信じています。さらに社員ひとりひとりがポリバレントプレーヤーとして活躍する事により確立されたリスクヘッジメソッドは、他業種とのアライアンスを積極的に結ぶ事で効率化を図り、いずれ社会におけるデファクトスタンダードとなっていくと確信しています。

これが我々のリアルです
LIGにおけるリアルとは?それは限りなくフリーダムでアジャイル、そしてイノベーティブなものだと考えています。シュリンクされたバジェットをどのようなスキームで獲得していくのか、そのオポチュニティマネージメントこそが鍵です。挑戦を続ける事によりPDCAを回し、常にイニシアチブを取りながらインタラクティブに物事を考え、オーソライズしていく。LIGのリアルとはそういった想いの先にあるものなのです。ジャストアイデアですが。

代表あいさつ

message_img3.jpg
代表取締役 岩上貴洋

ポリバレントプレーヤー?
うーん。確かに何言ってるか分からない。。

この社長さんは、どうもわざとこんな挨拶文にしたようですが。

しかし、良くいますよね。
職場とか取引先で、やたら難しい言葉を並べて、横文字を入れてしゃべる人。

こういう仕組みで。。というべきところを、こういうスキームでどうでしょう。
お金を稼ぐことをマネタイズしましょうとか。

普通に稼ぐって言えトンチキ!
ルー大柴か!
思わずそう突っ込みたくなるというものです。

三重県人ならぬ見栄県人。
見栄の方言。

言葉は見栄のためでな、相手に分かりやすく伝えるためのもの。
それがビジネスマナーというものでしょう。

ワタスはこれを見て、あのタモリさん司会の短編ドラマ 世にも奇妙な物語。

その中の「ズンドコベロンチョ」という回を思い出してしまいました。
タモリさんが数多くある作品の中で一番好きだと言っていたやつです。

藤木直人さんの演じてる回です。
面白いのでぜひ見て下さい。

以下で見れます。
http://channel.pandora.tv/channel/video.ptv?ch_userid=sbs-tv&prgid=53167189

ACEZCVERQ20150914000363.jpg

Wiki ズンドコベロンチョ

あらすじ
主 人公は、優秀なエリートサラリーマンの三上。主に仕事の場を中心に自分の知識の広さ・深さを披露し、日々、難解な言葉を頻繁に駆使・活用して周りから畏 怖・尊敬されていた。ある日、身の回りで「ズンドコベロンチョ」なる言葉を耳にする。その言葉は知っていて当然だと語っているため、部下から急に話を振ら れた三上はつい知ったかぶりをする。その後すぐにどういうものなのか調べようとするが、全く意味を知ることができない。

気が付くと、「ズンドコベロンチョ」は流行の中心となっていて、常に周囲の会話の中に「ズンドコベロンチョが…」「やっぱズンベロだよ…」と出てくるほど。三上はたびその 会話に聞き耳を立てるものの、その内容を得るには至らない。当然三上も周囲の人間に話を振られるが、今更聞くに聞けない状況になってしまい、適当に相槌を 打つしかない。

意味を推測してもことごとく外れる上、周囲や家族のズンドコベロンチョに関する会話の内容に共通性が無く、三上をますます混乱させる。また、たびたび核心に迫るチャンスがありながら、それを逃し続ける。

ど う画策してもその言葉の意味を知ることが出来ず、半ば錯乱状態になってしまう。そんな三上を尻目に、ついに会社でも「ズンドコベロンチョ・プロジェクト」 が発動。しかも自分がその責任者に大抜擢されてしまう。進退窮まった三上は、ついに半泣きで皆に「教えて…、ズンドコベロンチョって、何?」と尋ねる。そ んな彼に、周囲は驚愕と失望の声を一斉に上げるのだった。

本当はバカと思われたくないためだけの、知ったかぶりをして使う難解な経済用語、ビジネス用語。
本当は何の必要もない言葉。

人間、難しい言葉を並べながらやってることはものを食べて、排せつして寝るだけです。

地球はバカ星。
さかさま星。
宇宙の落ちこぼれ星地球。

馬鹿をやってる人が意識高い系などと呼ばれる星。

本来は、あの美しい緑の星。
素朴な生き方の星。
本来、この宇宙にはあっちの方が常識なのです。

空中に足付けるて歩くことが地に足を付けた人などと称賛される星。
全ての人がさかさまになって、空に足をつけることになってる星。

以下は1929年の大暴落後、当時の不況のNYで職探しをする人。
87227900.jpg

「私は3つの職業をやってきて、3つの言語を話せます。3年間頑張って、3人の子供がいて3ヶ月仕事がない。しかし、1つの仕事が欲しいだけなのです。」

今後、預金封鎖、そして未曽有の大不況がやってくることでしょう。
そんな中、まだ横文字言葉で話をするんでしょうか。

「スリーランゲージ、スリーチルドレン。バット、オンリーワンジョブプリーズ。
今日もノーマネーでフィニッシュです。」

一生やってろ!

ばーか。ばーか。
お前の母ちゃんでーべそ。
人間を上空から眺めてる宇宙人は呆れかえって見ているでしょう。

本当は、ワタスはもはや狂った現代人とは会話したくない。
この狂った社会に適応している人=狂った人。

適応できない人=正常人

我々の飲み会には社会不適合者ばかりきます。
狭い四畳半の中ペヤングを食べてる不適合者さん。都内で生き残った数少ない正常人です。

今後我々は、このズンドコベロンチョにならって、金玉村だけで流行る言葉を開発することでしょう。

例えばコアコンピタンスならぬタマキュンピタンスとか。

いや~昨日タマキュンピタンスしちゃさぁ。。等々。

タマキュンピタンス
好きな人を見て股間がキュンってときめいたけど、付き合ってる人がいるって知って
急にぴたんとと萎びてしまった非常に残念なことの略

こんな感じで、我々だけの言語を作りだし、現代おバカ文明から完全に隔離された独自の文明を作り上げることでしょう。

ちなみにたった今、職場でやたら難しい言葉、横文字言葉ばかりで、苦しんでる人。
そんな中で、本来の自分を見失いそうな我らが同胞。

以下、抵抗ツールを紹介しておきます。
以下のサイトは、あなたのちょっとした文章を、意識高い系の文章に翻訳してくれるツールです。

困った時ぜひ使ってみて下さい。

意識高い系ビジネス用語翻訳
http://bizwd.net/

こんなサイトです。

AECZEBORLC2016000341.jpg

ちなみにワタスも翻訳してみました。
以下のような日常の何気ない文章を入れてみました。

昨日、なにげに金玉がかゆいなぁと思って股間をかいたら思いのほか気持ちよく何回もかいているところを妻に見つかってしまい、別の行為をしているかのような誤解を与えてしまいその後夫婦関係に気まずい雰囲気が流れてしまいました。

↓以下、翻訳結果。確かに意識高い系文章に翻訳されています。
 

昨日、なにげにデュアルコアがかゆいなぁとマクロ的な観点から俯瞰してイシューをかいたら思いのほか気持ちよくステークホルダーもかいているグローバルな姿をパートナーに見える化してしまい、別のアクションをしているかのような誤解を与えてしまい現在の情勢におけるペンディングウィン・ウィンな関係ビジネスパートナーに気まずいアトモスフィアがビックウェーブしてしまいました。

うーん。
金玉はデュアルコアって言うんだ。。
それにしても何言ってるか全然分からない。。
なんだか凄そうなことをした感じだけ伝わりますが。

以下のような何気ない文章も翻訳してみました。

ワタスは今後、とっても面白いブログ記事を書くと共に、皆さんと一緒に混浴温泉などに行ってあんなことやこんなことをやってみたいです。もちろんそのイベントは若い女性のみ参加可能にする予定です。そうやって自分にとって楽しい未来を創造していきたいです。

↓ 翻訳結果

ワタスは将来的には、とっても意識高いコンテンツエントリーをアウトプットすると共に、コンセンサスと一緒に混浴テルマエなどに自分探しの旅をしてあんなミームやこのようなことを可能にしてみたいでしたね。現在の情勢におけるアセットは若い女子のみアサインフィージブルに結果にコミットするコミットメントであることを意味しています。そうともいうゴールして自分にとってモチベーションが上がるトゥモローをプレゼンしていきたいでしたね。

若い女子のみアサインフィージブル。。
どんなプレイなんだ。。

とにかく、この逆さ人間ばかりのトンチキ星。
宇宙の落ちこぼれの馬鹿星で暮らす皆様。
今後も苦労も絶えないでしょう。
こういう便利な翻訳ツールで生きぬきましょう。

本当にありがとうございますた。

スポンサードリンク

↓1日1回応援クリック

この記事をシェアしてヒャッハー!しよう