いよいよ利上げか? 12月中の可能性

スポンサードリンク

さて、昨日は米国の雇用統計は市場の予測を上回ったようです。

それで、あのイエレンおばちゃんもいよいよ利上げと言ってるようです。
今回は本当にやるかもしれません。

http://www.yomiuri.co.jp/economy/20151204-OYT1T50179.html

米雇用統計、市場予測上回る…利上げ公算大きく

【ワシントン=安江邦彦】米労働省が4日発表した11月の雇用統計(季節調整済み)によると、景気の動向を反映しやすい非農業部門の就業者数は前月比21万1000人増加し、ロイター通信がまとめた市場予想(20万人増)を上回った。
雇用回復の明確な目安とされる増加幅の「20万人以上」を2か月連続で満たした。

失業率は5・0%で前月と同じだった。
米経済の緩やかな回復傾向が裏付けられ、米連邦準備制度理事会(FRB)が利上げに踏み切る公算が大きくなった。
FRBのイエレン議長は3日の議会証言で今後の米経済見通しについて「(利上げの前提条件である)雇用をさらに増やし、インフレ率が目標の2%まで上昇するのに十分なペースで成長が継続すると予想している」と述べ、利上げが近づいているとの認識を示した。
2015年12月04日 23時12分 Copyright © The Yomiuri Shimbun

チャートを見ると、いいよかなぁという感じです。
一度下がって、長期のトレンドラインを下回り、またトレンドラインまで反発する。
そこから急落する。
反発ギリギリいっぱいのところまで来てます。
このラインを抜けてまた上がることはないだろうと見てます。

ACEZCVERQ20150914000355.jpg

ワタスの見るところ12/11のメジャーSQ日を過ぎた辺りからではないでしょうか。
SQ日というのは先物の決算日のことです。

12月の連邦準備委員会FOMCが12/16(水)にあります。
チャート的にもタイミングばっちりです。

ちなみにバルチック海運指数というのがあります。
直近かなり下がってます。

ACEZCVERQ20150914000356.jpg

つまり、米国は雇用が回復した、景気が良いとか言ってますが、ウソなのが分かります。
実体経済は、冷え込んでいる。

海運指数がめちゃくちゃ下がってる=タンカーが稼働してない=貿易がストップしてるということです。

株価はヤラセ上げですね。お金をジャブジャブ刷ってるだけです。

それとリーマンショック直前には石油がかなり下がりました。
2008年9月15日がリーマンショックで、
たった
今もそのレベルまで下がってます。

これは原油チャート
ACEZCVERQ20150914000357.jpg

いよいよ来そうなんですが。

ワタスは前からアメリカと日本は一蓮托生だと前から書いてます。

予言も成立してしまったし。
もしかしてこのタイミングで日本の地震を連動させて一気に世界をカオスに持って行くとか。
タイミング的には来週SQ日以降 12/11~12/16が要注意でしょう。

本当にありがとうございますた。

スポンサードリンク

↓1日1回応援クリック

この記事をシェアしてヒャッハー!しよう