黄金村の戦いについて

スポンサードリンク

さて、先日まで、キネシオロジー講座で忙しくしていますた。

ところで皆さんは以下のチェックリスト、どのぐらい当てはまるでしょうか。
面白いので、ちょっとチェックしてみて下さい。

・他に良い選択肢があるにもかかわらず、結果的にうまくいかない、失敗する、後で失望するような状況を選んでしまう。仕事、人を選ぶとき、行く場所を選ぶときなどに、結果的にうまくいかない方を選択してしまう。

・あなたが困った状況に陥ったときに、それを知った家族や友人、または会社の同僚が助けようと手を差しのべてくれる。しかし、あなたは、自分を助けようとする人をこばみ、援助を受けつけない言動をすることがある。

・自分の立てた目標や仕事を、能力的にはできると分かっていても、最後までやり遂げることができない。できない理由を見つけて、途中で挫折してしまうことがある。

・社交的なスキルもあり、楽しく生きる能力がありながら、そのチャンスをこばむ。また、楽しんでいることを認めたがらないことがある。

・あなたにとって喜ばしい出来事がおきたときに、喜ばしく思えない。罪の意識をもったり、落ち込んだりすることがある。

・あなたをいつも愛してくれる人、大切に扱ってくれる人に退屈を感じたり、興味を抱かない。思いやりのある優しいパートナーに惹かれず、疎ましく思うことがある。

・また、その逆バージョンで、あなたを邪けんに扱う冷たいパートナーに惹かれ、暴力をふるわれても離れられない関係を続けることがある。

・頼まれてもいないのに、自分から買って出て、過度な自己犠牲を払おうとすることがある。

・あなたから相手の怒りを買うように仕向けたり、拒絶されるような言動をしたにもかかわらず、その後で「バカにされた」「無視された」「傷ついた」と感じることがある。

もし、4つ以上当てはまる人。
そういう人は過去の何かのトラウマを抱えている人です。
心ではこなりたい、夢を実現したいといくら思っても、体が拒否してしまっている。
だからいくら頑張っても願望が実現しにくい。

顕在意識と潜在意識が逆転しまっているのです。
こういう症状を「心理的逆転現象」と言います。

ワタスはこれで思い出すのは以下です。
日月神示の逆立ちして歩く人達です。

逆立ちして歩くこと、なかなか上手になりたれど、そんなこと長う続かんぞ。
あたま下で手で歩くのは苦しかろうがな、
上にゐては足も苦しからうがな、
上下逆様と申してあるが、これでよく分るであろう、
足はやはり下の方が気楽ぞ、

まぁ、こんなことは書きたくないですが。。
黄金村構想をスタートして1年経ちました。
最近は拠点の物件にカフェをオープンしたりと。
それでいろんな人に会うようになってます。

時々このような方がやってきます。

例えば、ワタスは何度も書いてるように単なるスカポンチンさんですよね。
ブログでは偉そうなことを書いていますが、会うとまったく普通。
それどころか、約束も忘れるし、そこらへんに置いてあるものをパクパク食べますし、かなりスカポンチンさんです。

実際に会うと。期待を裏切られた。もうちょっと立派でいて下さい。
ちゃんとして下さい!などと怒ってくる人がいます。

ぇえ?
金玉という人にちゃんとも立派もないと思いますが。。。
長野までやってきて、見知らぬ人に、自分の理想像を押し付けて怒りだす。
教祖を求めるというか、指導者を求めるというか。
勝手に自分の理想像を人に押し付けてあれこれ指図してくるのです。

ったく。
自分の目があさっての方向に向いてないか鏡で確認しながら言って下さいよ。。
目を覚ませこのスカポンチン!
優しく股間を蹴り上げて、諭したいくらいです。

例えばこういう人もいますた。

ここは黄金村だ。
だから放射能にまみれた関東から逃げてくる人達を助けなければいけない。
滅私奉公。己を捨てて、そういう人達を救わなければならない。
その人の理想は素晴らしい。
でも、その正義をしきりに他人に強要してくるのです。
あなたがボランティアするのは良いです。素晴らしいです。

でも、知らない間に、黄金村の人を勝手にワタミの従業員かのように命令するのです。
もっと人にやさしくしろよ!この野郎!
後頭部をひっぱたいて、人にやさしさを強要する人。
そういう人自体は、まったくやさしい人ではないですよね。
人にボランティアを強要するのはボランティアといいません。

例えば、そこの貴様!募金しろよ!
強制的に人に募金するのは、募金と言いません。
単なる泥棒です。

あのね。。あんたね。。
自分で正義と思ってるかもしれませんが。。
今のあなた完全に悪になってますよ。。

うーん。
本人は、この矛盾に気づいてるのかどうなのか。。

以上のような人に共通するのは他人へ理想の強要。

本当に心が満たされてる人は外部に理想を求めない。
人に理想を押し付けない。
ヘンテコな正義に取りつかれない。

あなたはダメな子だね。
どうしようもない子だね。
私は愛されてないんだ。認められてないんだ。

ダメ出しされて育ち、トラウマになってしまっている。
ヘンテコな正義を広める人を見ると、その人自身深いトラウマを抱え悩み苦しんでいる人にしか見えない。
自分も許せず、他人も許せず。
堅苦しい一方的なものの見方の牢獄の中で悩み苦しんでいる。

あなたが悪い訳じゃない。
知らぬ間にあなたの心はひしゃげてしまっている。
このままでいいのか?そんなことじゃダメだ!もっと頑張らなきゃダメだ!

しきりに言う人。病んだ社会で作られた逆さゾンビ人間になってしまっている。
そういう人が、黄金村にやってくる。
そして、正義を広め、憎しみを広める。
苦し苦しの波動を広める。

これは聖書の言葉。感銘したので載せます。

Love is patient; love is kind; love is not envious or boastful or arrogant or rude. It does not insist on its own way; it is not irritable or resentful; it does not rejoice in wrongdoing, but rejoices in the truth. It bears all things, believes all things, hopes all things, endures all things
愛は、寛容であり、愛は情け深い。またねたむことをしない。愛は高ぶらない、誇らない、不作法をしない、自分の利益を求めない、いらだたない、恨みをいだかない。不義を喜ばないで真理を喜ぶ。そしてすべてを忍び、すべてを信じ、すべてを望み、すべてを耐える。愛はいつまでも絶えることがない。
『新約聖書』-コリント人への第一の手紙第十三章

そんなに頑張らないで良いですよ。
あなたはそのまんまで良いんです。
強くなくて良いし、怖かったら逃げて下さい。
人に助けを求めても良い。
ダメだって良い。
あなたはそのままでいて下さい。
大丈夫。大丈夫ですからね。

あるがままに。
なすがままに。

花はそこにそっと咲いて、励ましてくれる。
やさしすぎて誰も気づかない。
hanabatake.jpg

黄金村の戦いとはそれです。
我々は、その波動を広める。
狂った社会に飲み込まれたりはしない。

本当にありがとうございますた。

これはsuperflyさん 輝く月のように


愛を知って輝き出すんだ 人もみんな世界を照らしてく 夜空の月のように
こんなにも輝いてるよ 見えるかな 逃げないで強くなってく
あなたに笑って欲しいから
こんなにね 見て 光るよ

不思議だね 笑顔の奥で泣いてた頃の 私にさよなら出来たんだ
ありがとう だから、苦しい時には 私の光で守ってあげたい

スポンサードリンク

↓1日1回応援クリック

この記事をシェアしてヒャッハー!しよう