経済ビックイベント 明日朝4:00発表 今回こそ利上げ?

スポンサードリンク

さて、このブログではかなり前から経済崩壊はFRBが金利を引き上げた後に来る。
リンゼイ・ウィリアムズ氏の発言を引用して、そう言ってきましたが。
案の定、直近は株価が乱高下ですね。
12/11~16要注意と書きましたが、その通りになりました。
連日400円以上の上下運動をしてます。

2万円からいっきに18500円まで下げて、また19000円に戻りました。

ACEZCVERQ20150914000386.jpg

いよいよイエレンおばちゃん。
果たして今回こそ利上げするのかどうなのか。

発表はこのスケジュール。
明日17日 日本時間早朝 4:00。
ACEZCVERQ20150914000385.jpg

市場の見方では利上げするとの見方が優勢です。
以下、これは東洋経済から

1ドル102円台の「円高時代」がやって来る?

世界中の市場関係者が注目するFOMC(米・連邦公開市場委員会)が目前に迫っている。
この一大イベントをきっかけに、世界の市場はどのように動くのか? 市場関係者はさまざまな思いを抱きながら、その日が来るのを待っている。

しかし、先週末の株式市場や為替市場の動向を見る限り、投資家はリスク回避の方向に向かっているようだ。この動きがFOMC後も続くのか、その場合にはどのような投資行動が賢明なのか。ここ数年間続いていた市場トレンドの転換点になる可能性もあり、投資判断には慎重さと大胆さが必要に思われる。

過去3回の利上げでは、利上げ後「円高」に振れた

12月15~16日に開催されるFOMC(結果が出るのは日本時間の17日未明)では、2004年以来の利上げが実施されるとの見方が支配的だ。直近の市場予想でも約8割の確率で利上げが実施されるとされており、利上げは確定的とみてよいだろう。

直近では金融市場が少し不安定な動きになっているが、9月に利上げを見送った際の理由となった中国の株式市場の混乱や景気鈍化懸念は見られない。つまり当時ほど市場が混乱しているわけではない。そのためイエレンFRB議長が「年内利上げが妥当」と言い続けてきた通り、“予定通り”の利上げが実施されるだろう。

この記事だと利上げすると円高に行くと言ってますね。
投資家によって言ってることが真逆ですね。
あの海外でも有名な日本の着物トレーダーFXの池辺雪子氏は大量にドル買いをしたと書いてました。

こういう大きなイベントがある時はFXなどやってる人は要注意です。

ちなみにワタスは最近はFXや先物取引など一度もやってないです。
皆様にもお薦めしません。
いまや大手証券会社が人工知能でロボットトレーディングをやってるのに
なんで一般人が勝てるでしょうか。
まぁ、人工知能を上回る知能を持ってる人なら別なんですが。

やるんだったら、こういう大きく動く時は、為替オプションぐらいでしょうかね。
宝くじみたいなものなので当たると20倍ぐらいになります。
ただ、外れると掛け金は全額パーです。
念のため。

明日の利上げイベント。
ワタスは4:00ごろ起きてチャートを眺めて

利上げ昇竜拳!!
を楽しみます。

ACEZCVERQ20150914000387.jpg

ヒャッハーーー!

20090228213520.png

本当にありがとうございますた。


※直近イベント:
弾き語りアコースティック畑ライブ 収穫祭 in山梨小淵沢 10/21(土)12:00~
トークライブin大阪 10/28(土) 18:00~

スポンサードリンク

↓1日1回応援クリック

↓このブログの新刊がAmazonで予約開始になりました!11月16日発売です!

この記事をシェアしてヒャッハー!しよう