株価が下がって来た アベノミクスは、結局100兆円をアメリカにアゲノミクス

スポンサードリンク

いや、案の定株価が急に下がって来ました。
先ほど見たら、今日の株価は1万8600円代まで下がってきてます。
これはひどい。

先週金曜は、黒田日銀の追加緩和?という噂で株価のものすごい乱高下でした。

ADEZCVERQ201501221000327.jpg

一日でこれだけの振り幅。
高値は1万9800円 安値1万8900円
もうこれは末期症状ですね。

ちなみに以下は日刊ゲンダイ。
アベノミクスのこの3年間の成績だそうです。

http://www.nikkan-gendai.com/articles/view/news/171810/1

衝撃 アベノミクス「GDP伸び率」あの民主党政権に完敗

民主党政権時代と安倍政権下で実質GDPはどれだけ伸びたのか

民主党の実質GDPの伸び率が「5.7%」
安倍政権実質GDPの伸び率は「2.4%」。
同じ3年間を比べてみると、伸び率は民主党政権時代の方が安倍政権より2倍以上数値が「良かった」

安倍政権の誕生前(12年11月)と「現状」(15年9月)の比較
・「貯金ゼロ世帯の割合」は26%→30・9%に大幅悪化。(4.9%増加)
・「生活保護受給世帯数」も約156万8000世帯→約162万9000世帯に増加(6万1千世帯増加)
・ 非正規労働者は1775万人(12年4~6月)→1971万人(15年7~9月)に増加。(196万人増加)

これで頼みの株価も下がったのでは一億総活躍社会ならぬ、一億葬社会でしょう。

ぇー。
でも、日銀黒田バズーカ砲とか。3本の矢とか。
あの大胆な金融緩和策はなんだったの?
あれでバブルを起こして景気を上向きにさせようとしてたんでしょ?
中小企業を救うためだったんでしょ?

いいえ。違います。
そんな話は今どき猫も食いません。
だいたい中小企業を救うためなら、あのバブル時代のように銀行が借りてくれ借りてくれ
と自分から営業してくるはずです。
そんなことは起きてないでしょう。

だいたいバブル後は、BIS規制でそんなことはできないのです。
相変わらず下町ロケットみたいな下請け工場は、お金を借り難い状況が続いてます。

アベノミクスの正体は、FRBへの援護射撃。
アメリカにお金をアゲノミクス。
そんなことは、ちょっとでもカラクリを知ってる人は知ってることです。

日銀は円キャリートレードに応じるために金融緩和をやってるだけ。
円キャリートレードとは以下のことです。

って、これはキャリーぱみゅぱみゅさんですね。
ちなみにキャリーぱみゅぱみゅさんはフリーメーソンと言われてます。

http://www.excite.co.jp/News/entertainment_g/20151218/DailyNews_1059049.html
きゃりーぱみゅぱみゅ指輪に批判殺到…“あのマーク”が刻印されていた

ADEZCVERQ201501221000326.jpg

うーん。
どうなんでしょうね。ワタスは単なるメーソンファンなだけと思いますが。
って、これは全然関係ありませんでした。
すみません。

円キャリートレードとは、
金利の安い円を借りる→世界の株式市場とか債券市場等々、高金利の国でトレードする。

円を借りてやる取引だから円キャリートレード。
ただそれだけです。

で、これも当たり前ですが、現在、アメリカやヨーロッパは、借金しまくって国債を発行しまくっています。
借金しまくりなので、ほっておいても債権の投げ売りが起きて金利が跳ね上がってしまう。

それを阻止するために日銀が追加緩和して援護射撃してる。
別に日本のためなわけではない。
これも当たり前です。

アメリカとかヨーロッパの債権はほとんどドル建。
ドルというのは、日本円よりちょびっと金利が高く設定されている。
日本は0コンマ何パーセントでほとんどゼロ金利。
アメリカは2%ぐらいなので、ドル建ての債券を買った方が儲かる。

こうして、円キャリートレードが盛んになれば、アメリカやヨーロッパの国々は債権を買って貰えて助かる。
アベノミクスの目的はただそれだけです。

以下は同じく日刊ゲンダイさん
日本のGDPが激減してるという話。

http://www.nikkan-gendai.com/articles/view/news/153774/2
■GDPは中国の半分

「そ れ以上に深刻なのは、GDPの激減です。民主党政権の12年までは、ドル建ての名目GDPは増えていた。ところが、アベノミクスの円安政策によってガクン と減ってしまったのです。今年6月には、一気に中国の半分以下の水準に縮んでしまった。世界的に見れば、中国の半分以下の経済規模しかない国では投資する 魅力は減る一方。しかも、通貨の実力を示す購買力平価を用いて換算した場合、日本のGDPは、今や中国の3分の1しかありません」(田代秀敏氏)

 2012年の日本の名目GDPはドル換算で5兆9378億ドル。それが2013年には4兆9015億ドルに減った。2014年は、IMF推計によれば、日本が4兆8463億ドルで、中国は10兆275億ドルだ。
 アベノミクスの2年間で、1兆ドル=100兆円以上が吹っ飛んでしまったのである。

結局、アベノミクスのやったことと言えば日本人がせっせと働いた100兆円をアメリカやヨーロッパに献上したのみなです。
100兆円アゲタノミクス。

ちなみに最近、日本人の労働生産性は先進国中最下位とか載っていましたが。

労働生産性、先進7カ国で最低
http://www.sankei.com/economy/news/151218/ecn1512180027-n1.html

労働生産性というのは、GDPを国民の総労働時間で割った値でしょう。
そりゃこれだけGDPが下がれば最下位にもなるでしょう。

せっせと毎日残業した養分をアメリカに吸い取られて、生産性も最下位だどと言われ。
日本人というのはお人良しを通り越して、不感症ではないでしょうか。
普通なら怒り狂ってもしょうがないことを言われています。

国債とかキャリーぱみゅぱみゅ等で、分かり難くなってしまうのですが
今起きてることを個人に置き換えれば簡単です。

ワタスが誰かから借金をする。
で、借用証書を発行する。
でも、ワタスがあまりにも借金し過ぎるので、
このオヤジは返すつもりないだろうと誰もが疑いはじめて借用証書を投げ売り始める。
借用証書はワタスからお金返してもらえる権利なので、その証書自体を市場で売っちまえということになる。

この借用証書を元にしてワタスは自分が発行する金玉通貨の金利を決めていて
借用証書が暴落すると金利が跳ね上がってしまう。

えーー。
困った。
という訳で、ワタスは自分でさらに金玉通貨を発行して借用証書を買いとる。
それで借用証書の価格を維持する。
でも、そんなことばっかりすると金玉通貨は発行し過ぎで、価値が落ちてしまう。

で、見ると、その横で真面目にコツコツ働いていたご近所さんがいた。
ご近所さんは真面目な人なので、その信用力で、そのご近所さんの発行する通貨は人気で他の通貨より高めだった。

ねー。うちの通貨、発行し過ぎで価値が薄まっちゃいました。
うちの金玉通貨買ってくれない?
ワタスはご近所さんにそう頼む。

嫌ですよ。
誰がそんな金玉通貨なんて買いますか。

買ってくれるよね?
買ってくれないと。。3.11。。
分かってるよね?ご近所さんを脅迫するワタス。

ガクガクガクガク。
分かりますた。買わせて頂きます。
それでご近所さんは自分の通貨でワタスの通貨を買ってくれる。
ワタスは何にも働いてないのにワタスの通貨とご近所さんの通貨は同じ価値になる。

ワタスのやったことと言えば、紙幣を刷ったことだけ。
ご近所さんの一生懸命働いて稼いだ富がワタスに移った。
めでたしめでたし。

単純ですよね。

金融だとか金利だとか。
庶民は金融のカラクリが全然分からないもんだから
せっせと働いた養分がちゅーちゅー吸い取られる仕組みが出来上がってることが全然分かってない。
(定期的に円高になってそれからまた円安になる仕組み)

円高だとか円安だとか金利等々言われて、
普通なら怒り狂るうところをすっかり騙くらかされて大人しくしている。

本当のことを知ったら、脳みそがぱみゅぱみゅしてしまう話なのです。

本当にありがとうございますた。

スポンサードリンク

↓1日1回応援クリック

この記事をシェアしてヒャッハー!しよう