kintama_big1.jpg黄金の金玉を知らないか?

総合エンターテイメントブログ。イベント、コンサート、ツアー、カフェ、ネットショップ、火山地震、予知予言、経済情報配信中。続け者ども!伝説はここから始まる!
スポンサードリンク
HOME > 陰謀 > 世界の秘密のリセット協定が存在する ベテランズ・トゥデイ

世界の秘密のリセット協定が存在する ベテランズ・トゥデイ

スポンサードリンク

  

さて、最近の株価の暴落は小休止のようですが。


以下、アメリカの退役軍人のサイト、VT(ベテランズ・トゥデイ)というサイトからです。
このサイトによると世界の秘密のリセット協定が存在すると言ってます。

このサイトは色んな軍事情報・諜報情報を載せてます。
あのベンジャミン・フルフォード氏もここからの引用が多いので知ってる人もいるかと思います。

このサイトによると、何か強力な力を持ったグループが存在している。
そして、そのグループがロシアを支援している。
そして、ハザールマフィア(FRBを作った連中)と世界リセット協定に合意しているということでした。

このサイトが、ハザールマフィアと言うのは、ワタスがいつも時間泥棒と呼んでる連中。
FRBを乗っ取った国際金融資本(モルガン、ウォーバーグ、クーン・ローブ、ロスチャイルド、ロックフェラー等々)のことですよね。

つぁぁあ。
c0139575_115645.jpg

要するにイスラエルの連中というかシオニストというか。
そして、こんな強力な連中を負かすグループが存在すると言ってます。


以下の記事です。
興味ある人は原文を読んで下さい。

http://www.veteranstoday.com/2016/01/09/the-secret-global-reset-agreement/
AECZEBORLC2016000348.jpg


以下、意訳です。

The Secret Global Reset Agreement
秘密の世界リセット合意について

2013年にG20会合が三回行われ、一度はモスクワ(2月)、二度ワシントンDC(4月と10月)で行われました。


これは2013年5月~6月 ロシア サンクトペテルブルグで撮られたG20の集合写真
AECZEBORLC2016000346.jpg

ワシントンDCにおける4月の第2回目の会合はIMFと世界銀行による会合でした。
これらの会合の間、ハザール中央銀行システムは、もはや維持不可能であると言う認識で、
秘密のリセット協定が合意されたようでした。

また米ドルのペトロダラー体制も排除すべきだと確認されました。

G20では、非常に強力な力を持ったグループがこの提案を行いました。そして、この秘密の合意が為された正確な日付は2013年末であったようです。

これは、ロンドンシティのドラゴンの銅像

AECZEBORLC2016000347.jpg

ロンドンのドラゴン像は、ハザールマフィアが歴史上最大の人類の寄生虫であることを示しています。
そのドラゴンは、他のさらに強力な人間性にあふれたグループに打ち負かされたのでしょうか?

この新しいグループはロシア連邦と未確認のアメリカ防衛省の内部に深いところの派閥と同盟を結んでいるようでした。
この秘密の協定の情報を入手することは今、非常に困難です。

この新グループはG20のメンバーに現在の金融システムは維持不可能で世界はもはやこれを受け入れないし、許さないと伝えました。
また、この会合で石油を米ドルから切り離し、世界準備通貨として米石油ドルに代替として調整された通貨バスケット体制が提案され、承認されました。

伝えられるところによると現在、この新世界金融システムを打ち出し、現在の金融システムを一つずつ置き換えて行く計画が実行されています。

そして、現在は、この秘密リセット協定が合意されたにもかかわらず、今のところまだハザールマフィアとその手下によって抵抗されている状況です。

疑問が沸き上がるのですが、果たしてハザールマフィアのような強力な集団が第一次世界大戦から乗取った世界の権力を放棄するのかどうなのか。
我々はその質問に対する完全な答えを持っていません。

しかし、このグループはロシア連邦の一部と思わしき実質的な防衛軍事力を持っているのと、アメリカ軍のNATOとイスラエルを加えた以上の力を持っているように見えます。
不思議なことに西側によるどの核攻撃に対する完全な防御がなされていると信じるにたる技術を持ってるように見えます。

結論
この秘密のリセット協定が初めて公表されれば、輸入品は最初の月20%値上がりし他の物も20%値上がりするでしょう。飛行機による渡航も制限される可能性もあります。そしてアメリカの標準的生活は、1年か2年でメキシコ並みのレベルに落ちる可能性が高いでしょう。

ハザールマフィアがアメリカの警察を軍隊化して一生懸命、全ての法執行機関と情報を警察国家組織、国家保安省(DHS)の長官下に統合しようしているのはこのためです。そして数百万の弾丸、AR-19Sの9mmピストル、グレネード・ランチャー、装甲車、ボディアーマーを訓練もしていない教育省やEPA、米郵政公社等が購入しようとしている理由もこれです。

ハザールマフィアに代わってアメリカにおいて物事を管理している手先の連中はハザールマフィアが解体した後も権力に必死にしがみ付くことが予想されます。そして彼らはリセットの間に権力を握ることができるかも知れないと思っているのでアメリカの支配に依然として残っているかも知れません。

ハザールマフィアが調印した秘密のリセット協定は、ハザールマフィアにとっても、ここアメリカにいる我々にとってもハードランディングになることでしょう。
1913年の以来、通貨配布システムを作って来た以来少なくとも100年、アメリカに寄生してきた連中が排除されるのです。

これは記念碑的偉業であると言えるでしょう。



2013年の時点で、秘密リセット協定が結ばれていた。

2013年と言えば3年前です。
ワタスは3年前に日経がFRB批判を書くなんておかしいと書いたことがあります。

http://golden-tamatama.com/blog-entry-1303.html
日経がFRB批判?


そのころから徐々にリセットに向けて計画が進められていたのでしょうか。

他に、後で載せますが。
デイブ・ホッジさんというFEMAだとかなんだとか色々書いてるプレッパーなおっさんも同じようなことを書いてました。
その話とも共通点があります。


日本では山口組の分裂とか。
2chの分裂とか。最近の芸能界とか。
何か奴らの末端組織の統制が効かなくなって来ているように見えます。

金の切れ目が縁の切れ目。
それは、資金の出本がぶっ潰れた。
だから手下が言うこと聞かなくなったからだと見てます。

本当にありがとうございますた。
スポンサードリンク

 

独自サイトGolden News+立ち上げました ニュース配信中
FaceBookページ始めますた
金玉掲示板はこちら
人気ブログランキングに登録してます。ただいま3位!
↓1日1回応援クリック


関連記事
[ 2016/01/29 11:49:25 ] 陰謀
  最新記事
 応援クリック
1日1回、応援クリック!↓

人気ブログランキングへ
 サイトマップ
 このブログを検索
 カレンダー
プルダウン 降順 昇順 年別

04月 | 2016年05月 | 06月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -


 スポンサードリンク


    ブログパーツ