ケシュ財団 装置は本物だった?MAGRAV(マグラブ)の作り方について

スポンサードリンク

さて、連休も終わり、またおバカな話題を載せていきます。

ちなみに昨日のクイズの答えは秋田県の男鹿半島(おがはんとう)ですた。

皆様、東尋坊や襟裳岬(えりもみさき)等々送って頂きましたが、
残念でした。

正解者皆無なので、お土産はワタスがバクバクひとりで食べることにします。
お土産は白い変人でした。
北海道の名物だそうです。

o0400040010864178917.jpg

さて、地震や経済崩壊等々書きたいことは山ほどあれど。
ちょっと気になる情報から。

このブログ。
かなり前にイラン人科学者 ケシュ氏の作ったフリーエネルギー装置について載せたと思います。

以下がケシュ氏です。
keshe31-320x214.jpg

http://golden-tamatama.com/blog-entry-2122.html
ケシュ財団続報 今度はフリーエネルギー装置の設計図無償公開?

http://golden-tamatama.com/blog-entry-2092.html
ケシュ財団が普及版フリーエネルギー装置の販売を開始?

その後、このケシュ氏。
どうも勝手にフリーエネルギーの販売代理店に在イタリア日本大使館の住所を記載したりなど
やっぱりインチキなんじゃないか?という残念なお話で終わっていたと思います。

その後はどうなったのでしょうか。
経過を教えて貰いました。

ぇえ?

うーん。
どうもワタスは勘違いしていたようです。

ケシュ氏のフリーエネルギー装置。
正確にはフリーエネルギー装置ではなかった。

なんと
省電力装置だった。

フリーエネルギー装置というと無からエネルギーを取り出す装置を思い浮かべますが。
無から発電ができると思ってたら、そういう話ではなかったようです。

実は、ケシュ氏の開発した装置
MAGRAV(マグラブ)と言うそうですが。

ケシュ氏が設計図を公開して以来、世界中でその設計図を元に自作する人が現れ、
youtubeなどに投稿しはじめた。

以下は世界中の人がそれぞれのやり方の自作装置が載ってます。
https://blueprint.keshefoundation.org/

で、分かって来たのは、どうもケシュ氏のMAGRAV(マグラブ)は、それ自体で電力を生み出すというより省電力装置として機能した。

なんと最近、あの海外有名サイト、ベテランズ・トゥデイもケシュの技術は本物と書いています。

http://www.veteranstoday.com/2016/04/08/disclosure-the-new-sheriff/
http://www.veteranstoday.com/2016/04/18/why-is-gordon-duffs-2014-keshe-article-1-on-vt-this-week/

ベテランズ・トゥデイも独自でケシュ氏の技術を調査していて試験で本物であるというデータを得たと言ってます。

AIO2CK2016050538121596098-000347.jpg

他にも以下のような情報を載せてました。

以下はケシュの技術を使ってやった。

・シリア戦争で、米国のイージス艦ドナルド・クックが黒海でロシア戦闘機スホイ24に手も足もでなかった。
・2011年にイランが米国ステルス無人偵察機(ロッキード・マーティン製RQ-170)を無傷で手に入れた事件。

アメリカがロシアに手も足もでなかったのはケシュさんの技術?
なんとも驚くべき情報です。
この部分は本当かどうか不明ですが。

しかし、以下。
確かにいろんな人が自作にトライしてデータを公開して来ています。
日本人で自作してる人がデータを公開してます。

以下の方は10%程の省電力化の報告をしています。(13.6w→12.7w)

imimiのリトリーバル日記より
http://blog.kuruten.jp/imimi/347984

最初、コンセント直結にしたLEDライトは、13.6~13.7Wの消費電力を示していました。

a00003479843.jpg

ところが、MAGRAVにつないでみると、10分ぐらいしてから消費電力が落ち始め、
最終的には今のところ10%ぐらいまで消費電力が落ちています。

hai1KH61zveoU221462510389_1462510408.jpg

以下の方は16%ほど消費電力が落ちてると報告してます。

佐藤 伸樹さん
https://www.facebook.com/groups/1675527466052898/permalink/1728254757446835/

1 ここまでの、計測期間 2016/4/24 21:09 ~ 2016/4/26 7:31
2 商用電源直接の測定での負荷合計は52.4w (すべてLED照明)
3 積算消費電力は 1.51kwh
4 消費電力は @43.9w
5 消費電力削減率は @16.2%

LEDライトの消費電力の詳細なグラフを載せてます。

AIO2CK2016050538121596098-000348.jpg

うーん。
ワタスはてっきり発電装置と思ってたのですが、なんと省電力装置だったのか。。

以下、最近、ケシュ財団のマグラブのFAQが日本語で出たようです。
読むと確かに発電装置ではないと載ってました。

ケシェ財団、MAGRAV マグラブパワーユニットFAQ 日本語訳
2016年03月25日 | 情報

http://blog.goo.ne.jp/goodwonderland/e/369bdeef3b9be51e4edbefcbe65c1ee4

Q9,マグラブ装置が正しく動作していることは、どうやって知ればいいのですか。

A9,電気的な意味合いで言えば、マグラブ装置は、絶縁体なのです。大変高い抵抗値を示しますから、電流に対しては障害物であると言えます。
この、回線の中での非常に高い抵抗体であるにもかかわらず、装置に接続された機器は機能します。
電力計を見てみて下さい。時を経るに従って、だんだん動きが遅くなることでしょう。そして、最終的には殆んどストップします。

Q11,マグラブ装置を電力源から外して使うことは出来ますか。

A11,もしあなたが、装置を別のエネルギー源、例えばソーラーとか風力などに繋げておられるのであれば、答えはイエスです。そうでなければ、ノーです。
マグラブ装置は、動作するために電気的な信号を必要とします。そして発電装置ではありません。
時が来れば、ケシェ財団は電力網に接続することなく単独で動作するマグラブ発電装置を発売するでしょう。

順調に行けばこれを発表するでしょう。

Q24,なぜ、うちの冷蔵庫をマグラブ装置につなげることが出来ないのですか。

A24,出来ます。調整段階が完了してからになります。私たちは、あなたが冷蔵庫をマグラブ装置に接続されることを奨励します。なぜなら、それは家庭の電気設備の中で、連続的に掛けられる負荷だからです。そしてそのような機器は、装置に接続する時間を経るにしたがって、最大の利益を見出せるからです。

そうだったんだ。
省電力装置としてはケシュ氏の装置は本物?

以下、作り方の詳細をYoutubeに上げてる人がいます。

これが非常に面白い。
皆様もこれをみて自作してみては如何でしょうか。

意外と簡単に見えますね。

ケシュ氏の設計図はこんなやつでした。
http://blueprint.keshefoundation.org/ より

AASPOQR20150914000365.jpg

この動画と設計図を見つつやれば簡単にできそうです。

どなたか自作して、データを取ってもらえないでしょうか。
やっぱり本物だった。
そう判明したらワタスもトライしたいと思います。

他にも自作してる人がたくさんいるので張っときます。
コイルはドリルで作るんですね。知りませんでした。

本当にありがとうございますた。

スポンサードリンク

↓1日1回応援クリック

この記事をシェアしてヒャッハー!しよう