イタリアもうすぐ?日本国債も怪しい動きをしています。

スポンサードリンク

さて、なんだかずーっと昔から経済崩壊が来る。
総員退避!備蓄準備!
そうよびかけてはや何年経ったか。

3.11前から言ってるのでかれこれ7年ぐらいでしょうかね。
その間にワタスの備蓄品も何度も入れ替わったことでしょう。

ペヤングを始め。アマノフーズ等々。
ありとあらゆる種類の備蓄品がワタスの体を通り過ぎていきますた。

今となっては良い思い出です。

最近は、経済崩壊ネタもすっかり飽きてきました。
先日まで混沌の夏と書きましたが、今日は混とんの夏どころ素敵な夏の陽気ですた。

ミーン。ミーン。
外では蝉がないています。

世の中平和ですね。

くほほほほほ。
くほほほほ。

多分、このままワタスが完全飽きてしまい。
縁側でお茶をすすりつつ、ぼけ~

そうした時にドカーン。チュドーン。
日経暴落!富士山噴火!関東大震災!( ゚д゚)

そんな風になると思われます。
そこのとこ理解した上でこのブログは読むように。

本当に宜しくお願いします。

さて、前から書いてるイタリアがいよいよ怪しいとか。

http://beforeitsnews.com/events/2016/07/breaking-24-hours-til-bank-crisis-2434723.html

24時間以内にイタリアで金融恐慌が勃発する恐れがあります。

イタリアの3大銀行の1つのモンテ・デイ・パスキ・ディ・シエナ銀行が深刻な経営難に陥っており、24時間以内に海外からの投資資金を確保しないと破綻します。このような大手銀行が破綻すれば他の銀行もドミノ式に破綻してしまいます。
2008年の金融危機以降、この銀行が資金を調達してきたのは一般投資家たちからです。その中に年金受給者も含まれます。そして銀行の経営を改善させるために、投資家らに金融債を売りつけてきました。
過去2年間で彼らは80億ドルの資金を調達しました。しかしこの銀行の株価が暴落しており、その全てが消滅してしまったのです。
2014年の株価は11ドルでしたが、今は、たった29セントです。
2日前にお伝えした通り、この銀行は最後の手段として取り付け騒ぎを阻止しようとしています。
しかし一般投資家や預金者による取り付け騒ぎが起こるのは確実です。また、この銀行のストレステストも不合格となるのは確実です。
イタリア政府は破綻間近のこの銀行を国営化せずに救済するために、新たに50億ドルの資金を調達するなど民間ベイルアウトを行おうとしています。今や、この銀行の市場資本は8000万ドルまで萎んでしまいました。
イタリア政府がやろうとしている民間ベイルアウトとは、法廷外で解決する方法です。
彼らはこの銀行の株主を騙そうとしています。新たな投資家は、この銀行の株を現在の株価の4割から6割程度で購入することになります。そうなると既存の株主(年金受給者を含む)は大きな損失を被ることになります。

この銀行を支えてきたモルガン・スタンレー、イタリアのユニクレジット、その他がこの銀行による50億ドルの支援要請を拒否したため、イタリア政府が実行しようとしている民間ベイルアウトはとん挫しそうです。
金曜日(ロンドン時間)の夕方、ヨーロッパの銀行のストレステストの結果が明らかになりますが、金曜日の夕方までに50億ドルの資金を調達できなければ、資金が不十分であるとしてテストは不合格となるだけでなく、この銀行は破綻します。
この銀行の行方を固唾をのんで注目しているのが、シティ・グループ、ドイツ銀行、クレディスイスです。
ヨーロッパの銀行はみな繋がっていますから、この銀行が破綻するとドイツ銀行とクレディスイスも同様に破綻することになるでしょう。
※訳は日本と世界と宇宙の動向さんより拝借

まぁ、どうなることでしょう。

ドイツ銀行も非常に怪しい。
支店の四分の1を閉鎖するとあります。

http://www.express.co.uk/news/world/690675/Germany-economy-Deutsche-Bank-Brexit-Eurozone-finance
(概要)
7月18日付け

 
参考サイト:http://www.newsdigest.de/newsde/news/news/7892-2016-07-01.html
(6月30日)ドイツ最大手銀行のドイチェバンク(ドイツ銀行)が来年、国内723の支店のうち4分の1に当たる188支店を閉鎖することを発表した。

ドイチェバンクは、現在落ち込んでいる金利の低さを受けて、個人および法人顧客対応業務の大規模な変革を計画。支店の大幅な閉鎖に代わり、国内7カ所に相談センターを設置。支店店舗よりも長い営業時間で対応するとしているが、相談は電話やインターネットでのみ連絡可能となる。個人顧客対応業務のスリム化の一方で、ドイチェバンクは法人および富裕な資産家の個人顧客に対してはサービスを拡充。アドバイザーを100~140人増員し、すべての支店で対応するとしている。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


ドイツ経済が極めて不安定な状態です。大きな問題を抱えたドイツ銀行は国内約200店舗を閉鎖しました。

Deutsche-Bank-690675.jpg

閉鎖する支店のうち、51店舗はノルトライン・ウェストファーレン地域にあります。
ドイツ銀行の株価が48%も暴落(過去最低)したことで、銀行は債権者は大規模な緊縮政策を強いられています。
さらに、ドイツ銀行は、複数の海外市場(ロシアやオーストラリアを含む10か国)から撤退し約3000人の人員削減を行うことになりました。

今年初旬に、ドイツの財務相はドイツ銀行の株価が急落したことについて何の不安もないと述べていました。
そしてドイツ銀行のCEOの一人、John Cryan氏も、「ドイツ銀行は全く問題がない。」と断言していました。

しかし金融エキスパートのマックス・カイザー氏によれば、
ドイツ銀行は技術的に破綻状態であり、単にねずみ講で生き残っているだけです。ドイツ銀行は既に破綻していますから店じまいをしなければなりません。しかしドイツの政治家たちはこの銀行に金融工学の商品を市場で取引させ続けています。
ドイツ銀行は破綻しています。この銀行は完全にアウトです。ただ、ゾンビのように歩き回っているだけです。

イギリスがEU離脱を選択したことで、ロンドンで最大の取引を行っているドイツ銀行は破綻してしまうのではないかと専門家は懸念しています。

それと今日は、日本国債も日銀の発表を受けて怪しい動きをしてますね。
暴落して一時、9時51分から10時12分まで取引停止になったようです。

20160728_jgb_0 (1)

そもそも日本国債の取引量も年々減って最近の取引量は激減してます。
これは取引量の推移。

20160728_USDJPY4_0.jpg

それと、最近また原油価格が下がって来ましたね。
リーマンショックは原油が下がってからやって来たのです。
覚えているでしょうか。

AK20160725ZXCV12ADAOIGC1950873BAZOXLVC9DAY14AD-81021000460.jpg

ちなみに、以下。
元JPモルガンのアナリスト 塚澤健二氏の本です。

この人は年明けの株の暴落を当てましたね。
この人はこの夏から秋にかけてヨーロッパ発の第二リーマンショックが来ると言ってます。
前の著書では経済崩壊は仕組まれてると言ってました。

まぁ、どうなんでしょう。

ワタスの読みもこの秋の第二リーマンショックですが。
どうなることやら。

本当にありがとうございますた。

スポンサードリンク

↓1日1回応援クリック

この記事をシェアしてヒャッハー!しよう