優しい世界 言霊と潜在意識について

スポンサードリンク

さて、昨日は東京から帰って来ますた。

中央道を走ってる時、斉藤ひとりさんの動画を聞いてました。

ぉほぉ。
以下、その中でも参考になった動画です。載せときます。

言霊の力という動画です。

斉藤ひとりさんはかなり前から天国言葉と地獄言葉と言ってます。

何かふとした瞬間とかあなたはどういう言葉を良く使うでしょうか。

またやっちゃった。
どうせ私は云々。
なんて私はダメなんだ。
ちぇっ。
何だこの野郎。
失敗した~。
やんなちゃうなあ。
面倒くせー。

ふとした瞬間につぶやく言葉。

天国言葉と地獄言葉。
ひとりさんは、それを潜在意識の書き換えと言ってます。

以下、その要約記事があったので転載しときます。

感情クリアニングhttp://clear33.com/post-19 より

潜在意識は、よくコップの中の水に例えられる。
悪い影響を受け続けてしまっている人は、コップの水が濁っている状態。
何をやっても上手くいく人は、コップの水が澄んで透明な状態。

コップの水を「心に入れるもの」と例えて、
いつも何を入れているかが問題なんだ。

Clean-water-in-glass-e14268068741251.jpg

いつも心に何を入れていますか?
妬み、恨み、惨めさ、恐れ、悲しみ、不安、嫌悪、
困惑、罪の意識、詰まらない、恥ずかしい

もしも、そんな気持ちでいっぱいだったら、当然ながら
心の中の水(潜在意識)は黒く濁り、不幸を毎日のように引き寄せる。
応援、希望、楽しさ、満足、安心、勇気、
快感、喜び、幸せ、豊かさ、感謝

もしもこんな感情でいつも満たされているなら、
心の中の水(潜在意識)は澄み切って透明で光輝き、
あなたの元へは幸運なことしかやってこない。

こんなシンプルなことが、潜在意識を変える秘密だったんだ。
あなたは不幸になりたいですか?幸せになりたいですか?

この質問で、100人中100人は「不幸になりたくないです、幸せになりたいです」
と言うのに、世の中、自ら不幸になっている人が多過ぎる。

それは、自分の心の問題なんだよ。

今からでも全く遅くはない。

もし誰よりも幸せになりたいのなら、
他人を傷付け、自分も傷付ける、ネガティブな思いは今すぐやめ、
ネガティブな言葉を一切発するのをやめよう。

これを「地獄言葉」というんだ。

その代わりに、人も自分も愛し、勇気付け、
応援する心と愛に溢れた言葉を毎日使おう!

これを「天国言葉」という。

天国言葉を毎日使おう。

たったこれだけだよ。
簡単だよね、お金も掛からないよね。

もし信じられないのなら、試しに自分で実験してみるといい。

地獄言葉で満たした一週間と、天国言葉で満たした一週間の違いを。

参考までに、天国言葉と地獄言葉の例はこちら。

天国言葉

・ツイてる
・愛しています
・嬉しい
・楽しい
・感謝してます
・幸せ
・ありがとう
・許します

地獄言葉

・ツイてない
・不平不満
・グチ、泣きごと
・悪口、文句
・心配ごと
・許せない

注意
地獄言葉を使い続けて不幸なことが起こっても
責任は取れませんので、悪しからずご了承下さい。

それほど劇的な効果があるのでご注意下さい。

結局、どちらの言葉を使い続けるかなんだよ。
現代社会って、地獄言葉ばっかりじゃない?

だったら、「天国言葉」使おうよ!

天国言葉使わないなんて、この人生損してるよ。

そう。その通り!
天国言葉を使おう。

自分も褒めて、人も褒めよう。

人間、ほっとくと思考がネガティブになりがちです。
なぜなら現代社会ではネガティブなニュースが意図的に配信されているから。

だから思考をどうにかするんじゃなく
むしろ言葉を先に修正していけば、思考は後からついてくる。

ことある毎に天国言葉をつぶやいてると潜在意識が塗り替わる。
言葉を切り替えて、後は潜在意識に任せておくと、そんなに無理しなくても人生はうまく流れる。

ワタスは絶対にこういう法則はあると思ってます。

斉藤ひとりさんが言う振動数を上げる。
ゲリー・ボーネルさんの執着を手放すと楽ちんに生きられる。

それはこういうことなのかもしれない。

今まで、あなたはずーっと学校で頑張れ。
なぜか今どきスマホ一発で検索できる暗記物を必死に覚えさせられてきました。

いい国作ろう鎌倉幕府。なんと立派な平城京。

って、普通そんなマニアックなことは、できる人とできない人に分かれるでしょう。

そういうバカな行為を頑張ることと定義され
あなたはずーっと小中高から頑張れ頑張れと言われ育ちました。

大人になると暗記物が仕事に代わっただけです。
不要なサービス、バカな商品を作って、やってることは限りなく遊びなのに。
まだ頑張れ頑張れと言われながら暮らしてます。

本当は私はこんな人じゃないのに。
なぜか違う人を演じてずーっと苦しい。
自分を否定してずーっと何かに向けて頑張ってる。

いい加減もうやめない?
本当の自分に戻ろうよ。

ワタスから言わせればポジティブとは人に強要することでもなければ、自分に強要することでもない。
頑張ることの逆です。

頑張ることをやめて本当の自分に戻る。
許す、褒める、認める、解放する。
たった今を肯定する。

そうすると、感謝とか幸せとか、優しさとか微笑み、楽しかったことが潜在意識に溜まりだす。
自分を許すと人も許せる。
優しい世界を思い出す。

するとなぜか周りの世界と調和し始める。
なぜか願いがかなったり物事がうまく運び出す。

ワタスは今までそういう体験をしたし、それを人にも伝えたい。
本当にものすごく単純で簡単な話だと思うのです。

本当にありがとうございますた。

この歌は、歌詞がワタスの言いたいことそのまんまです。
ユーミンさんの優しさに包まれたなら

小さいころは神様がいて 不思議に夢をかなえてくれた
優しい気持ちで目覚めた朝は 大人になっても奇跡は起こるよ

スポンサードリンク

↓1日1回応援クリック

この記事をシェアしてヒャッハー!しよう