薔薇十字会系の貴族達について

スポンサードリンク

さて昨日はトークライブお疲れ様ですた。
参加頂いた方、お楽しみ頂けますたでしょうか。

ちょっと昨日の話の捕捉で載せときます。

昨日、バチカン、イエズス会の裏でうごめく貴族達の話をしたのですが。

その中でも代表的なオルシーニ家

この一族は遠くさかのぼると元々はユダヤのヘロデ大王の血筋から来てるんですね。

AM20160916ZXCV12ADAOIGC1950873BAZOXLVC9DAY14AD-81021000477.jpg

で、このオルシーニ家はイタリア ローマのブラッチャーノ地方が出身なのです。

これはブラッチャーノにある薔薇の門

o0480064013204758163.jpg

これはオルシーニ家の紋章

o0480063913204758302.jpg

なぜか薔薇が大好き
220px-Orsini_Ancient.png

これもそうです。
薔薇と熊ちゃんの紋章

熊はオルソで、オルシーニという名前は熊ちゃん一家という意味のようです。

20090618001736.jpg

つまり。
薔薇十字会系ということですね。

ワタスは前から奴らの組織は大きく2つ

イギリス薔薇十字会系
フランス フリーメーソン系

そう分かれてると分析していますた。
で、ヤマーダ氏に言わせるとそこから更に4つに分かれてるということのようですが。

ちょっとマニアックすぎて何を書いてるのか分からないでしょうか。

要するにロックフェラーさんとかロスチャイルドさんはあくまで表の叩かれ役で、
裏ではこういう貴族達がうごめいている。

そういうお話でした。

また、ずーっと前に書いたあのショッカーの皆様シリーズ。
途中になってたのですが再開させましょうかね。

ちょっと今日は帰って来たばかりで疲れてるのでこれだけです。

本当にありがとうございますた。

スポンサードリンク

↓1日1回応援クリック

この記事をシェアしてヒャッハー!しよう