トランプ有利!ドル円102円!金急騰、メキシコペソ急落!

スポンサードリンク

あ、ああああ。
きゃ、きゃん玉がぁぁ。

トランプさん有利で、ドル円102円まで来てます。

なんでしょうこの動き。

ao201611037zxcv12adaoigc1950873bazoxlvc9day14aoz000469

金価格が急伸、1300ドル突破-トランプ氏優勢の見方で

9日午前のアジア市場で、金価格が節目となる1オンス=1300ドルを突破した。米大統領選の開票が進む中、共
和党候補ドナルド・トランプ氏の優勢が伝えられるにつれ、朝方の下げから急反発している。

米連邦捜査局(FBI)が民主党候補ヒラリー・クリントン氏の私用メールの公務利用問題で同氏を訴追しない
と発表したことを受け、週明けに金相場は下落していた。オーストラリア・ニュージーランド銀行(ANZ)のア
ナリスト、ダニエル・ハインズ氏は「これまでの売りはストップした」と指摘した。

クリントン氏が勝利すれば株式などのリスク資産に追い風が吹く一方、トランプ氏が勝てば金が買われるとみ
られる。

日本時間午前11時35分現在、金の先物価格は前日比2.2%高の1トロイオンス=1303.20ドル前後で取引されて
いる。

 

メキシコペソ急落、対米ドルで8%安 トランプ氏の優勢伝わり

メキシコペソがドルに対して約8%下落し、日本時間午前11時49分現在、1ドル=19.7858ペソ前後で推移して
いる。米大統領選の開票速報で共和党候補のドナルド・トランプ氏がリードしていることが材料視されている。

オアンダのシニア市場ストラテジスト、ジェフリー・ハーレイ氏は「彼(トランプ氏)は予想以上に善戦して
おり、それが理由でこのような取引になっている」と指摘。

激戦州のフロリダとオハイオでトランプ氏の得票が伸びているため、市場ではリスク回避の動きが強まってい
るという。

ドルは対円で1.6%下落している。ただ、クリントン氏がリードを取り戻せば、こうした取引はすぐに巻き戻
される可能性が高いとハーレイ氏は述べている。

 

トランプ氏、激戦州のフロリダとノースカロライナでリード維持

米大統領選で民主党候補のヒラリー・クリントン氏と共和党候補のドナルド・トランプ氏が多くの州で予想通
り勝利を固める一方、トランプ氏は大票田のフロリダ州など複数の激戦州で強さを示している。

東部と中西部で投票は既に締め切
られており、両氏による国を二分する激戦が終了に向かっている。

トランプ氏はフロリダとノースカロライナの両州でリードを維持している。両州は接戦が予想されていた。

開票が進む中、ジョージアとミシガン、オハイオ、ペンシルベニア、バージニアといった他の激戦州にもます
ます注目が集まっている。

ヒャッハーー!
続報はまた後ほど。

本当にありがとうございますた。

スポンサードリンク

↓1日1回応援クリック

この記事をシェアしてヒャッハー!しよう