イタリア国民投票、憲法改正案反対が54─58%と優勢=出口調査

スポンサードリンク

さて、気になるイタリア国民投票なんですが。
今のところ反対派が優勢のようですね。つまりグローバリズム反対派優勢。
そうするとレンツィ首相が辞任になってしまうのですが。

イタリア国民投票、憲法改正案反対が54─58%と優勢=出口調査
http://jp.reuters.com/article/idJPL4N1DZ0IQ

[ローマ 4日 ロイター] – イタリアで4日、上院の権限縮小などを含む憲法改正案の是非を問う国民投票が実施され、ピエポリ・インスティテュート/IPRが国営テレビ局RAI向けに実施した出口調査によると、賛成が42─46%、反対が54─58%となった。

他の2つの世論調査でも、反対派のリードが少なくとも10ポイントとなっている。

レンツィ首相は現地時間5日午前0時頃(日本時間同日午前8時)に国民に向けて演説する予定。憲法改正案を推進してきた首相は、否決された場合には辞任する意向を示していた。

内務省によると、4日午後7時時点で57%以上の国民が票を投じた。投票は同日午後11時に締め切られた。

ブレグジットに始まり、トランプさん当選。
その同じ流れがイタリアにも吹き荒れるのでしょうか。

先ほど為替のチャートを見たんですが

あっ。ぁあああ。
き、金玉がぁぁ。

と、お馴染みのやつが来てます。

ユーロ暴落中。
ap201611037zxcv12adaoigc1950873bazoxlvc9day14aoz000533

これはドル。こっちは上下が激しい。
ap201611037zxcv12adaoigc1950873bazoxlvc9day14aoz000534

大勢が判明するのが午前中とのことです。
また2,3円すっ飛んで来るかもしれません。

FX各社が注意隆起してます。

http://www.nikkei.com/article/DGXLASGF02H0E_T01C16A2NN1000/

外国為替証拠金(FX)取引会社が顧客に対し、イタリアで4日に実施される国民投票による
相場の急変に備えるよう注意喚起している。結果の大勢が判明するのが日本時間の5日早朝とみられ、
通常でも取引が少なく値動きが荒くなりやすい時間帯となる。慎重に取引するよう求めている。

大手の外為どっとコムは「5日に市場が開いた直後は流動性の低さを要因として
相場が前週末から大きく乖離(かいり)する可能性がある」

ワタスはトランプさん当選で大儲けを狙ってたら、当選するやいきなり反対に行きますた。
こういう相場は自信があっても手を出さない方が良いかと思いますが。

ワタスは今回は防寒対策をしつつ、傍観することにしますた。

ちょっとワタスは今日は外にいるので夜にまた更新します。

本当にありがとうございますた。

 


※直近イベント:
トークライブin新宿 ハチソン効果 11/29(水) 18:00~ (30日→29日に変更になりました)
当日払いは立見席になります
トークライブin大阪 12/27(水) 18:00~

スポンサードリンク

↓1日1回応援クリック

↓このブログの新刊がAmazonで予約開始になりました!11月16日発売です!

この記事をシェアしてヒャッハー!しよう