ブレサリアン?になろう

スポンサードリンク

さて、久しぶりにワタスの家の話題です。

先日、ワタスは家の大掃除をしていました。
最近、妻がゴムマリさん?と言う人の本にハマっていて片付けさせられていたのですた。
片付ければ運気があがるという趣旨の本です。

人生がときめく片付けの魔法。

金タマという番組でケタケタ笑うゴムまりさん。
以下のような人物ですた。
c1f66547092ab56f38ed14264455f8d8.jpg

ワタスは来るべき大災害のために大量に食料を備蓄しています。
3.11で食料備蓄の大切さ思い知った妻でしたが、また元に戻ってしまいますた。
妻は家の中に置いてある大量の備蓄品がどうにも気にいらないらしく捨てたがるのです。

焼そば屋じゃあるまいし。
こんなもの大量に保存して、何がぺヤングですか。
捨てます!

このゴムまりさんは、自分が手に取って心がときめかないものは捨てろと教えているようです。
だから妻は、ときめかない焼そばなどを速効で廃棄処分にしようとするのですた。

ちょ、ちょっと。
ときめくもときめかないも。焼きそばにときめく人も少ないでしょう。

なんてことを流行らすんだこのゴムまり野郎は。。
ワタスはゴムまりさんを激しく憎んだのは言うまでもありません。

あのね。あんたね。
確かにこのペヤングは2年以上消費期限を過ぎていますよ。
でも、3.11前のものです。
放射能フリーのぺヤングです。こんなプレミアムペヤングがありますか。
今、売ったら1個3000円で売れますよ。
そういって必死に食い下がったのですた。

ワタスが激しく抵抗したおかげで、結局家の中に置かない。
外にほったて小屋を作って保管するという条件で存続を許されたのですた。

ふーーー。
危ないとこだったね。ペヤングちゃん。
なにが片付けの魔法ですか。
こちとら備蓄の魔法で対抗します。

とかなんとかいいつつ。
設計時間2分、建築時間52分でほったて小屋を建てたのですた。
その日はほっと胸をなでおろして眠りについたのですた。

さて、次の日の朝です。
ワタスのペヤングちゃん。
無事かどうか庭に確認しにいきました。

先日のニュースですた。

前線を伴う低気圧の影響で、県内は18日、各地で強風の被害が相次いだ。長野市や須坂市でけが人が出たほか、停電や交通機関の乱れもあった。気象庁によると、この日の最大瞬間風速は、飯山市で2008年の統計開始以来最大の22・4メートル(18日午後8時現在)、辰野町でも09年の統計開始以来最大の21・5メートル(同)が観測された。長野市や須坂市などによると、両市では50~70歳代の男女4人がけがをした。

ぇ?
ペヤングどこ?

風速20mの春風。
そう。掘っ立て小屋もろとも全て吹き飛ばしていたのですた。

↓こんな感じで大破するワタスのほったて小屋。
P1020110koyafuttobu.jpg

今頃、森の動物達のおやつになっていることでしょう。

。。。。

さようならペヤングちゃん。

※注 ↓これはペ・ヨンジュンさんです。
peyonjunsan.jpg

さて、ワタスはなぜこのようなスカポンチンな日記をアップしたのでしょうか。

どうも最近。食料備蓄というのはそれほど意味がないのではないか。。
そう思い始めているからです。

実は黄金村にこういう人がいます。
食事に誘っても、いえ、私は結構です。
ファミレスでも。何か注文する?
いや、注文しません。。

ぇ?
あ、あんた何食って生きてんの?
そういう人が実際に存在するのです。

いつもジューサーを持ち歩いている人ですた。
野菜ジュースのみで生きているのです。

そう。
不食の人は存在する。

調べて分かったのですが、不食の人はブレサリアンというらしいです。
野菜ばかり食べる人がベジタリアン。
それを通り越して息(ブレス)だけして生きてる人がブレサリアンです。

ブ、ブレサリアン。。
なんたる人物。。

※注↓これは暗黒宇宙人レプタリアンです。ブレサリアンではありません。
t02190276_0219027610434149076.jpg

その方が言うには断食を何回かするうちに、今のように食べなくても平気な体になったといいます。

ワタスが調べる限り。

腸。腸に住み着く何らかの細菌がタンパク質を合成するらしい。

以下は、同じく十数年間不食で生きている森美智代さんという方の著書から。

私の腸内細菌の種類や割合は、人間としてはかなり特殊で、牛などの草食動物に近いそうです。たとえば、植物の繊維を分解してタンパク質の材料であるアミノ酸を作り出すクロストリジウムという細菌は、普通、人間の腸には0・1%くらいしかいませんが、私の腸には100倍近い9・8%いることがわかりました
。ほかにも、同じような働きをする細菌があって、この種の腸内細菌を合計すると、通常、人間の腸には30%程度いますが、私の腸には約60%いました。
これらの細菌は、人間が消化できない繊維をエサにしながら、体内にあるアンモニアを材料にしてアミノ酸を作るそうです。イモ類などが主食で、ほとんど植物性食品しか食べないのに体格がよくて元気なパプアニューギニアの人たちも、これに近い腸内の細菌構成だといいます。また、原始人の細菌構成も、これに近かったと推測されているそうです。

私の食生活を見て、多くの人が第一に抱く疑問は、「青汁一杯とサプリメントで、体のタンパク質をどうやって作っているのか」ということでしょう。
その答えは腸内細菌」でした。
私の中のたくさんの小さな命が、私の命を支えてくれていたのです。
このことを知ったとき、思わず自分のおなかの腸内細菌たちに感謝しました。
では、アミノ酸の材料になるアンモニアは、どこから調達しているのでしょうか。
私を含む数人の少食実践者を調べた結果によると、「体内で代謝産物として生まれるアンモニアや、それから作られる尿素を有効利用している」という結果が出ています。
私たちの体っは、筋肉などのタンパク質が絶えず代謝(体内処理)されています。
少しずつ古いものを捨てては新しいものを作っているのです。要らなくなった筋肉のタンパク質を分解するとき、代謝産物としてアンモニアが生じます。アンモニアは有害なので、体内では尿素に変えられ、主に尿として排泄されます。こうして捨てられるアンモニアや尿素には、実はタンパク質の材料になる窒素がまだかなり含まれています。その窒素を、少食実践者は捨てずに再利用しているというのです。

このことは、学生さんの協力を得た実験でも確かめられました。
普通におなかいっぱい食べている学生さんと、生菜食に近い低タンパク食をとってもらった学生さんについて調べたところ、前者では尿素が捨てられますが、後者では尿素の再利用のしくみが働くことがわかったのです。
長く少食を実行している人に限らず、少食を実行すれば、体はすぐに反応して、尿素などのリサイクルのしくみを動かし始めるのです。

上記に出て来たパプア・ニューギニアの人々。同じような腸内細菌を利用しています。

パプア・ニューギニア人のたくましい肉体の秘密

これに関して興味深いのは、未開のパプア・ニューギニア人の食生活と、彼らのたくましい肉体の関係です。
まずは、次ページの写真を見てください。これを見てわかるように、パプア・ニューギニア人の男性は、じつに筋骨たくましい肉体をしています。日本人なら、ボディビルにでも精を出さないと作れないような肉体美なのです。

パプア・ニューギニア人は、ほとんどイモと野草だけの食事で、この筋骨たくましい肉体をしている。
059ningen2.jpg

パプア・ニューギニア高地人の体格は、この写真の人たちに限らず、日本人と比べて、身長では劣るものの体重は同じくらい。胸囲は日本人よりやや大きく、体格的には筋骨体で、たくましい闘士型をしています。
これだけ体格が良ければ、きっと肉をしっかり食べているのだろう、と思いきや、彼らはほとんど肉や魚を食べません。食事はイモ類一辺倒。一日一キロ以上のイモ類を食べ、肉や魚はほとんど食べません。
イモ類はおもにデンプン質で、タンパク質の含有量はわずかです。なのに、そればかり食べている彼らが、なぜこうも筋骨たくましいのでしょうか。
これだけ多くのイモを食べると、ヘンな話ですが、日本人ならオナラが出てしようがないでしょう。
実際、彼らの間でしばらく住んだある日本人は、オナラが出てしようがなくて、彼らに笑われたと言っています。しかし、彼ら自身は、オナラがほとんど出ないのです。
 東大農学部の光岡知足教授によると、パプア・ニューギニア人の腸内細菌を調べてみた結果は、日本人とはかなり違った様子をしているとのことです。
彼らの腸内細菌の種類とそのバランスは、人間よりはウシに近いというのです。教授は、その腸内細菌が、彼らの体内にタンパク質をつくり出していると見ています。
植物は、”窒素固定菌”というものによって、空中の窒素を固定し、内に植物性タンパク質をつくり出しています。それと同じように、腸内細菌の中には、窒素固定を行なってタンパク質をつくり出すものがあるのです。
また、別の可能性も示唆されています。体内のアンモニアを利用して、タンパク質を合成している可能性です。
光岡教授は言っています。
「ブタやウシなどは、体内の尿素から腸内細菌によってアンモニアを作り、それをさらにタンパク質へと作りかえていくのです。
パプア・ニューギニア人の糞便を培養して、そうしたアンモニア利用能を日本人と比較してみました。
すると、パプア・ニューギニア人は日本人の二倍くらいの高い数値を示しました。そこで、こうしたアンモニア利用によるタンパク質合成の可能性も、考えられるわけです」。

うーん。南国の戦士パプア君も腸内細菌を活用している。。

今まで常識のようになっている概念。
人間は食べないと生きていけない。
それは嘘ではないのか?
現実に存在するブレサリアンさんを見てそう思っているのです。

ワタスの備蓄品を片っぱしから捨てる妻。
そして今回の春風。
天がワタスをブレサリアンになれと薦めているに違いない。
玉蔵。ブレサリアンになりなさい。

はい。
分かりますた。
ワタスはブレサリアンを目指します。
暗黒宇宙人レプテリアンをも薙倒す必殺のブレサリアンになる。
やらせはせん!
そう誓ったのですた。

とかなんとか。

本当にありがとうございますた。

スポンサードリンク

↓1日1回応援クリック

この記事をシェアしてヒャッハー!しよう