ショッカーの皆様シリーズ その3 13という数字について

スポンサードリンク

さて、ガクガクガク。4月なのになんでこんなに寒いんだ。。
マッチ売りの少女のごとく指をかじかませながら書く一筆入魂の長編シリーズ。
ショッカーの皆様シリーズの続きです。

前回はこちら
ショッカーの皆様シリーズ その2 ダヴィンチコードとメロヴィンジアンさんについて

前回はダヴィンチコードと映画マトリックスは同じメロヴィング王朝を指していると書きました。しかし一方は救世主、もう一方は救世主とは正反対の最も危険な敵として描かれていますた。
これは、なぜなのでしょうか?

まぁ、回りくどくて申し訳ないのですが、今回は数字の13について書きましょう。
まぁ、言いたいことは奴らの手口。
奴らの歴史。
奴らというのは、重要な物を上書きします。
神聖な物とか、希望、夢、光。
そういうのが出てくると困ってしまうので、ぜーんぶすっかり上書きしてしまうのです。

そういう意味で13という数字は象徴的なので書いてみます。

皆様は数字の13と聞くと何を思い出すでしょうか。
キリスト教では、イエスを裏切った弟子のユダ。13番目の弟子などと言われてますよね。
他にもイエスが処刑されたのは13日の金曜日なので13日の金曜日という映画が流行って、ジェーソンさんがやってくる~とか。
1220986763_1221811127.jpg

12日の金曜だとなぜか力がでないジェイソンさん
jaisonkun20130425.jpg

サタンが13番目の天使という説があったり13のことを「悪魔のダース」(devil’s dozen)と呼んだりとか。
日本ではそれほどでもありませんが、西洋では、かなり13は忌み嫌われてますよね。
アパートなどの部屋番号、飛行機の座席番号、空港ゲート、13番が見当たらないことがしょっちゅうあります。
おトイレに入っても13番がなかったりとか。
建物だって12階の一つ上は、12b階、12半階、13階を飛ばして14階だったり。
わざわざ12+1として表記するオランダの家。
House_number_13_avoided.jpg
かなり西洋では13は忌み嫌われているのですた。

まぁ、日本だと13と言えば、処刑台の13階段ぐらいなもんでしょうか。
あれだってGHQの巣鴨プリズンの絞首刑台が13階段だっただけで、日本の処刑台が全部13階段な訳はないのですた。

とにかく、13に対する攻撃。13に対する排除。

つまり本当は逆だった。
13とは本来、神聖な数字。
復活の数字。元々生命エネルギーあふれる数字なのです。

13mainohanabira.jpg

例えば、13と言えば昔のアメリカ国旗の星の数ですよね。
元々13ですた。
最初は13州あったのです。
↓知っての通りアメリカ国旗は昔こんな旗だった。
rossflagamerica20130425.jpg

↓今はこうなってます。
wallusa01-1280-1024.jpg

今は53州なので星の数は53に変わってしまいましたが、未だにその横縞、ストライプの数は13ですよね。

奴らは13という数字を意識しているからに他なりません。

そして、ワタスはもちろん男なので何の関係もないですが。

月経周期。
102a5a2007e.gif
月のものとは言いながら、1ヵ月30日とか31日がサイクルではなんだかずれてしまう。
女性なら分かるのではないでしょうか。
そう。本当は28日サイクルなのですた。

つまり、1年365日を28日で割ると
365÷28=13ヵ月。
つまり1年は13ヵ月あった。

ぇあ?
皆様、驚くかもしれませんが。本当の話です。

他にも星座というのは12星座と言われていますが、
本当は13星座だったのを知ってるでしょうか?

バビロン野郎が12にしちゃったのです。

ミネソタ・プラネタリウム協会理事パーク・カンクル(Parke Kunkle)氏率いる天文学チーム。

http://www.foxnews.com/scitech/2011/01/11/age-aquarius-actually-age-capricorn-thanks-rotation-earth/#ixzz1B2XbG2V5
Universum.jpg

「紀元前3000年に占星術が始まって以来、問題があることはみんな知ってたんです」とカンクル氏は肩をすくめる。「古代バビロニア人は例えば、13星座もあるとわかると、あっさりと星座をひとつ放っぽり出しちゃったんです」
今日我々が知る12宮が作られた際、へびつかい座は、暦と正確に合わせるために除外されたのだという。また、てんびん座が含められるようになったのもジュリウス・シーザーの時代になってからだ、と氏はFox Newsに話している。
ソース:Fox News)

本当はいて座と、さそり座の間に蛇つかい座がいた。
128390976173416127516_hebitukai_zu.jpg

7b8425f25b0b33eb2bd1981198d14390.png

WIKIより抜粋
古来、占星術(星座占い)と天文学は同一の起源だった。
しかし占星術(星座占い)の星座と天文学の星座は別々の発展を遂げる。
英語では、占星術(星座占い)の星座(The Sign)と天文学の星座(a constellation)は全く区別されて使用される。
各星座の範囲と天の黄道の境界部分を全てをよく見ると、幅の広い星座や狭くなった星座もあり1年を13等分ではない。したがって星座ごとの日付けは均等に約30日ではなくなって、天の黄道上における幅の広い星座(おとめ座など)はそれだけ日数が多くなり、狭い星座(さそり座など)は数日といった取扱いとなっている。

hontonoseizauranai.jpg

星占いの12星座はいい加減に決まってるのです。

厳密に言うなら星座占いは13星座が正しく下記の期間が正しい。
今後は、実際の黄道上にある13星座星占いで占いましょう。

山羊座 1/20- 2/16
水瓶座 2/16-3/11
魚座 3/11-4/18
牡羊座 4/18-5/13
牡牛座 5/13-6/21
双子座 6/21-7/20
かに座 7/20-8/10
獅子座 8/10-9/16
乙女座 9/16-10/30
天秤座 10/30-11/23
蠍座 11/23-11/29
へびつかい座* 11/29-12/17
射手座 12/17-1/20

まぁ、星占いといい。
何でか知りませんが13という数字は隠されてしまった。

そもそも、皆さんが今使っている太陽暦。通称グレゴリオ暦と言いますよね。
なんでグレゴリオ暦というかというと、グリゴリ(監視団)から来てるのです。
監視団グリゴリというのは、エノク書に出てくる名前です。
奴らの話を書くにはエノク書の話を書かざる得ない。

うーん。
話しだすと長い。
これは次回以降に書きますが。

そもそも、皆様は不思議に思わないでしょうか。
世界標準時はグリニッジ天文台の時間を基準にしている。
何で極東に住む我々が、グリニッジ天文台などというイギリスのロンドンの数字を基準にして生活しなければならないのでしょうか。
おかしいと思いませんか?

この野郎。
なんで我々、日本人がロンドン野郎の数字に合わせて生きなきゃならないんだ。
おかしいじゃないか。

そういう至極まっとうな突っ込みが誰からもなされない不思議。

↓グリニッジ天文台の場所は以下。
a21sd14ifouozfcm,ewrj2013_000365

ったく。
奴らを調べれば調べるほど分かる。
奴らは別に金融を支配して金儲けを目的にしてる訳じゃない。

やりたいことは、真実を覆い隠し、生命エネルギーを覆い隠す。

恐れよ。喜ぶな。
druids.png

pope_star_wars.jpg

人々を委縮させ、生命エネルギーの覚醒を阻害する。
目覚めを送らせる。
それが奴らのやりたいことなのですた。

皆様は未だに深い深い洗脳の中にいる。
まぁ、しょうがないのです。
生まれた時からそういう教育をされているのですから。

このシリーズはまだ序章。まだまだ続きます。

本当にありがとうございますた。

スポンサードリンク

↓1日1回応援クリック

この記事をシェアしてヒャッハー!しよう