祝!4/30(日) 畑始め!ダーチャプロジェクト!今期畑隊員募集のお知らせ!

スポンサードリンク

ヒャッハーー!

ぁぁ。長かった。
なんと長い冬だったでしょうか。

この極寒の地長野もやっと暖かくなってきました。
4月になってやっとかよ!
昨日は、そうお空に向かってツッコミをしていますた。

さて、
やるぞ者ども!
そう呼びかけてはや何年経ったでしょう。
我々は毎年、大規模な畑や田んぼをやってます。

そして去年はダーチャプロジェクト金玉農園をやりました。

高田式自然農に挑戦!
とはいいつつ、何も実らなかったらどうしよう。。などと心配していたのですが。
蓋を開けてみれば豊作。

ぇえ?

こんなんで野菜できるの?
ってなもんです。

これは去年の6月の模様。

これは10月の収穫祭の模様。何たる豊作。

実は、ダーチャプロジェクト!金玉農園!ヒャッハーー!
といいつつも。
正直かなりユルーくやっておりますた。

ちょびっと農作業をやったら、

あーづかれた~。
お茶しよ~。

後はカフェでまったりと。
くほほほほ。

まぁ、言うなれば同好会のノリでしょうかね。
しかしながら、結果は豊作。

ぇえ?

ワタスはその勝因を分析しますた。

・肥料が良かった。(柳田ファームのEMBCを使った)
・高田方式の縦穴を掘った。
・みんなの波動が良かった。
・ワタスの波動が良かった。

このどれかではないかと思っています。

ワタスとしては個人的に、やはり自分の波動が高いためだと認識しています。

食べ物とか野菜。やはり作り手の波動が作物に伝搬するのです。
とかなんとか。

さて、このように去年の豊作に味を占めた我々はもっと本格的にやろう。
今期はなんと販売!まで視野に入れてやることにします。

そして、今期はちゃんと真面目に先生(プロの農家)に来てもらってやります。

そして、ちょびっと広めの畑を山梨に借りますた。
3反ちょっとです(と言っても坪数1000坪あります)

なぜ長野じゃなくて山梨にしたかというと、参加者がほぼ都内の人なのです。
皆さん週末に車を相乗りして来てます。

で、山梨までは都内から2時間ですが、長野は3時間かかるのですね。
だから近場にしたのです。

という訳で、
農業技術を身につけたい方。
都内からやってきて土日の週末農業を楽しみたい方。
山梨にご自分の畑スペースを確保したい方。

いよいよ今年から経済がぶっ壊れ3年後の2021年がクライマックス。

良く都内で週末農業をやってる人もいますが、
いざとなれば全部モヒカン野郎どもに略奪されてしまうことでしょう。

山梨の笹子トンネルを越えたところに畑を持ってることが重要なのです。

Sponsored Link

と言うわけで今期のダーチャプロジェクト始動!
金玉農園隊員募集!
考えるな耕すんだ!

4/30(日)11:00~に農業指導開始します。

参加費は、今期は超絶に安い3千円/月としました。
普通、先生ありで都内で畑借りたら月1万はするでしょう。

都内からの交通費を考えての激安価格としました。

と言うわけで祝!ダーチャプロジェクト。
金玉ファームの隊員募集!
ヒャッハーー!

以下よりこぞってお申込み下さい。

本当にありがとうございますた。

今期2017年度ダーチャプロジェクト黄金農園の募集要項

○ 2017年 黄金農園 プロジェクト (黄金ダーチャ! 会員募集要項)

参加費: 年間 ¥24,000   (月額¥3,000)

↓お申込み先
http://www.haramura-green.jp/product/468

↓月払いはこちら
http://golden2.shop/product/golden-farm-club/

(1日体験参加のみは体験参加とお書きの上お申し込み下さい。1回 3,000円になります。)

■目的
一緒に農作業することで農業技術を身につけ、各種イベントを通して黄金村の仲間を増やす。
ダーチャ建設等々の活動に参加する。

■農園所在地:

黄金農園
山梨県 長坂ICより車で10分 中央高速新宿から片道2時間程度

 

■会員の特典!

・玉蔵さんと一緒のイベントに参加できる。

・黄金農園ライングループに参加できる。
・月1回の農業講習会に参加可能。(講師は、八ヶ岳Yesファームさん
・玉蔵さんと農作業後に楽しく飲み会、お茶会ができる。

・約10坪 32平方メートル(8m×4m)の区画が自由に使えます。

※ご夫婦やお友達と一緒に共同で1区画借りてもOKです。

利用可能期間  2017年4月1日〜2017年11月31日(約8ヶ月間)

耕運機等が無料で利用できます。

 

 

自分の菜園で採れた収穫物(全て持ち帰り可能)です。



■会員特典についてないもの

自分で育てたい独自の苗や種、現地までの交通費、宿泊、食事代などはご自分でご用意下さい。

*参加者にご用意していただくもの
帽子、軍手、長靴、収穫用のハサミ、麻ひも、カッターナイフ、支柱(誘引が必要な野菜を作る場合)
*徐々にそろえていっていただきたいもの
クワ、カマ、バケツ、ジョウロ、メジャー
(混雑時は順番待ちとなりますので、なるべくご用意下さい)
・ 月に1回程度の方におすすめな品種
ジャガイモ、トウモロコシ、サツマイモ、ハクサイ、ダイコンなど

・ 頻繁にこれる方は、一般的な家庭菜園で作られているお野菜は大概OKです。

・ 初めて参加される方未経験者でも大歓迎です。
応募者多数の場合は抽選になります。

○2017年イベントの予定

第一回 講習会4月30日(日)11:00〜

都内から車に乗り合わせて行くので、車を出してもらえる方。
乗車のみの方かご連絡下さい。

5月以降は随時ご連絡します!

およそ月1回のイベントを予定してます。

イベント予定
・春〜夏野菜の植え付け
・除草、土寄せ、追肥
・夏野菜の収穫
・秋野菜の植え付け
・除草、土寄せ、追肥
・秋野菜の収穫かたずけ
・玉ねぎ・ニンニクの植え付け

 

利用規約
———-

農地法により土地の貸出しは規制されております。
黄金農園では、作業を体験していただくサービスを提供するものであり
土地の貸出しでは行っておりません。収穫したお野菜はお持ち帰りいただけますが
農地の耕作権は、黄金農園が有するものとします。

■途中退会はできません。(途中から来なくなっても11月までの残りの料金は発生します。)
最初の一回だけお試しの参加をして決めて下さい。

■ゴミ処理の件
使用済みのポリマルチ及び、肥料袋などは各自で処理願います。
ビニール製品や苗のポッドは各自で持ち帰ってください。
当農園付近は、時折強風が吹くので、不要なものがあると隣接の水田などに 飛んでしまいます。
風で飛ばされるようなものは、畑に放置しないで下さい。

■水路の件
農園隣接の水路は、水田へ水をひくための農業用水です。
鍬や泥を荒いながしたり水を汲む事はOKですが、他の水田の取り込み口には手を触れないでください。
特にお田植え前後の水の管理は、稲作農家の方々は、かなりシビアに管理しているので要注意です。
また、ペンキや油を流したり石などでせき止めたりしないようご注意ください。

■使えるエリア、土手について
参加者が使用できるのは、区画されたエリア内だけとなります。
通路や土手には、残さや石、運び込んだ物資を含め絶対に置かないで下さい。

■耕耘機について
耕耘機は、トラックで運んでいきます。ご利用の際はメールでお教えください。
また、動力部は危険ですので、ふざけたりお子様には、使わせないでください。
ケガなどは、各自の責任で対処願います。
※申込多数の場合は抽選になります。


※直近イベント:高田宏臣氏 自然農&里山再生技術ワークショップ9/16(土),9/17(日)

スポンサードリンク

↓1日1回応援クリック

この記事をシェアしてヒャッハー!しよう