ナースが聞いた「死ぬ前に語られる後悔」について

スポンサードリンク

さて、昨日2/7は良い線行った推理だと思ったのですが、なんにもなかったです。
福島原発が温度上昇の2号機にホウ酸水注入というニュースがありますたが。
もう原発情報はバカバカしいので最近書いてませんでした。
たしか12月ごろドジョウ総理が冷温停止宣言してましたよね。冷温停止しても温度上昇するんでしょうか。不思議な話です。

さて、最近はツイッターの方が楽なのでツィートすることが増えますた。@fuguri_tamazo
昨日はこんなツィートをしていますた。

ナースが聞いた「死ぬ前に語られる後悔」トップ5

もし今日が人生最後の日だったら、あなたは後悔を口にしますか。それはどのようなものですか。

人生最後の時を過ごす患者たちの緩和ケアに数年携わった、オーストラリアの Bronnie Ware さん。彼女によると、死の間際に人間はしっかり人生を振り返るのだそうです。また、患者たちが語る後悔には同じものがとても多いということですが、特に死を間近に控えた人々が口にした後悔の中で多かったものトップ5は以下のようになるそうです。
 
1. 「自分自身に忠実に生きれば良かった」
「他人に望まれるように」ではなく、「自分らしく生きれば良かった」という後悔。Ware さんによると、これがもっとも多いそうです。人生の終わりに、達成できなかった夢がたくさんあったことに患者たちは気づくのだそう。ああしておけばよかった、という気持ちを抱えたまま世を去らなければならないことに、人は強く無念を感じるようです。
 
2. 「あんなに一生懸命働かなくても良かった」
男性の多くがこの後悔をするとのこと。仕事に時間を費やしすぎず、もっと家族と一緒に過ごせば良かった、と感じるのだそうです。

3. 「もっと自分の気持ちを表す勇気を持てば良かった」
世間でうまくやっていくために感情を殺していた結果、可もなく不可もない存在で終わってしまった、という無念が最後に訪れるようです。
 
4. 「友人関係を続けていれば良かった」
人生最後の数週間に、人は友人の本当のありがたさに気がつくのだそうです。そして、連絡が途絶えてしまったかつての友達に想いを馳せるのだとか。もっと友達との関係を大切にしておくべきだった、という後悔を覚えるようです。
 
5. 「自分をもっと幸せにしてあげればよかった」
「幸福は自分で選ぶもの」だと気づいていない人がとても多い、と Ware さんは指摘します。旧習やパターンに絡めとられた人生を「快適」と思ってしまったこと。変化を無意識に恐れ「選択」を避けていた人生に気づき、悔いを抱えたまま世を去っていく人が多いようです。
 
以上、どれも重く響く内容でした。これを読んで、あなたは明日からどう過ごしますか。

2012年になってしまった。
あなたは、まだ人の目を気にして生きてるんでしょうか。死ぬまで人の目を気にして、やりたいこともやれず。

ワタスはどうでしょう。
年齢がグレングレンひっくり返ろうが平気の平左で暮らしています。
くほっ
不思議ですね。ローヤルゼリーを大量に食べたためなのか。ヒアルロン酸を大量に注射されたためなのか。
2012年以降、なぜだか知りませんが急激に若返ってしまいますた。
やはり嬉し嬉しの世界が始まったようです。

くほほほ
2011年まではご愛顧ありがとうございますた。
2012年以降はこっちで行きます。ヒャッハー!

今度、コンサートはどこでやろっかなぁ。
また懲りずにコンサート計画を練ったりしているのです。

楽しいですねぇ。
くほほほほ

どっちを基準にするか。
どっちの波を選択するのか。

心の中の羅針盤を思い出すのか。

一国の総理が、原子炉の温度が上昇してるのに冷温停止と言ってるお馬鹿な国。
エレベーターガールが上に行くのに、下にまいりま~すなどと案内してる国ということです。

ぇえ?

世の中がグレングレンひっくり返りってるのに。
あなたはまだそっちのエレベーターに乗ってるのですか。

もう覚悟を決めたら如何でしょうか。
後で後悔しないように。

いち抜けた~
その狂ったエレベーターから降りる時期でしょう。

本当はこんなおバカな社会に付き合いたくなかったんだ。

もう自分を許しましょう。
そういう時期です。

誰がどう思うかなんてどうでもいい。自分が納得すればそれで良い。
心のおもむくまま。なすがまま。

ヒャッハー。皆さんおはようございます。
明日からモヒカン刈りで元気にあいさつするあなた。

自分を信じる勇気。自分を許す勇気。

本当にありがとうございますた。

スポンサードリンク

↓1日1回応援クリック

この記事をシェアしてヒャッハー!しよう