地震情報 地震予兆いろはかるたについて

スポンサードリンク

さて、地震の予兆 いろはかるたというのがあるんですね。(ニニギさん日記より)
1837515760_114.jpg

この「地震予知いろはガルタ」は戦後の地震研究家の故亀井義次博士が過去の地震の前兆現象を調査して出版した「地震の起こるとき」(ダイアモンド社1976発行)の内容を子供たちに引き継ぐために「いろはカルタ」にまとめたものです。地震予知をカルタで覚えて事前の避難に役立てようと製作されたものです。

以下のような読み札があるようです。

い  いわしの大群川さかのぼる
の  飲めなくなった井戸水にごる
ろ  ろくろく食べずに犬ほえまわる
お  温泉噴いて大地震
は  花が咲き出す時期はずれ
く  狂った満ち引き潮だ
に  虹で予知する亮平さん
や  山から聞こえる山鳴り地鳴り
ほ  砲台も無いのに大砲の音
ま  毎夜まい夜の稲光り
へ  蛇のように朝日とり巻くいやな雲
け  けたたましいキジの鳴き声地震の知らせ    
と  冬眠の蛇やかえるも飛び出した
ふ  増えたり減ったり井戸の水
ち  地鳴りが聞こえて大きい地震
こ  こんな大漁はじめてだ
り  陸地へぞろぞろ海のカニ
え  えたいの知れない稲光り 
ぬ  ぬるま湯になる井戸や川
て  天気もうろう大地震
る  るいるいと魚の死骸波打ちぎわに
あ  アワビもエビも浅瀬に集まる
を  沖に浮かぶは深海魚
さ  サザエも見えず海にごる
わ  湧き水はにごり泉は涸れる
き  金魚やコイが浮き上がる
よ  酔っ払いダコが浮き上がる
ゆ  雪が溶けて地面がほてる
た  ただならぬ犬の遠吠えあちこちで
め  メダカもハゼも異常にふえる
れ  列を作ってネズミが逃げる
み  見上げる太陽まっかだ大きい
そ  空低く星が大きく見える夜
し  深海魚網にかかって大騒ぎ 
つ  月が真っ赤で火の玉だ
え  えさも食べずにニワトリおどおど
ね  ネズミもネコも仲よく逃げる
ひ  干潟になった潮引いた
な  ナマズがあばれる飛び跳ねる
も  もくもくわき出る入道雲が
ら  らくらくとウナギもコイも手ずかみに
せ  セミが地面にうずくまる
む  むしむし暑い頭が重い
す  すごい火柱沖に立つ 
う  ウシがおびえて奇妙な叫び
ん  うんと異常続出大地震

うーん。
先日も大阪のタコを紹介しましたが。。

よ 酔っ払いダコが浮き上がる
確かにゆらゆらと空中にタコが浮き上がっていますた。
前兆かもしれない。。

他に
い  いわしの大群川さかのぼる
め  メダカもハゼも異常にふえる

まぁ、いわしやハゼではないですが。
以下のニュースは知ってますよね。
20120411k0000e040225000p_size5.jpg
伊勢市の勢田川で魚が異常大量発生 (4月初旬)

動画を見たのですが。
うーん。キモい。。ですね。

先日も「夫婦岩」が引き潮でもないのに完全に潮が引いて岩の下まで露出してしまったというニュースを載せましたが。
それは、これですよね。
く  狂った満ち引き潮だ
ひ  干潟になった潮引いた

最近、太平洋岸各地で異常に潮が引く干退現象が見られるということです。
以下の地域です。

・三重県伊勢市(二見興玉神社)
・神奈川県茅ケ崎市の茅ヶ崎海岸
・神奈川県湘南海岸
・鹿児島県種子島
・千葉県君津市
・静岡県沼津市
・福島県いわき市四倉町~久之浜町久之浜海岸

また4/11 千葉の銚子港では水深が5メートル下がっているとの報告。
o0594039511916682507.jpg

以下は週刊プレイボーイ誌の記事。

こ  こんな大漁はじめてだ
し  深海魚網にかかって大騒ぎ

ですね。

「去年もそうだった。3月11日の1ヵ月ほど前から、三陸産の根魚が異常なほど入ったんだ。最初は『なんだ?』と思う程度だったが、水揚げが日に日に増えるにつれて“嫌な予感”がしてきた。そして、あの巨大地震だ。ここ数日、根魚の入りは少し落ち着いているが、仲間内であえずガソリンは備蓄しとけ!』なんて言い合ってるよ」

50年に一度の大豊漁と、ここ30年でも初めての大凶漁……。さらに、ほかにも海底から“避難”しているような動きを見せる魚がいた。沼津市の漁師がこう話す。

「3月8日、駿河湾沖で体長約2mの“生きた化石”とも呼ばれる深海ザメ『ラブカ』が底引き網にかかりました。水深500mから1000mに生息し、ぶっとい棘(とげ)のような歯が何本も突き出た姿は漁師でもめったにお目にかかれない。実は、2008年4月にもラブカが相模湾で捕獲されたんですが、その1ヵ月後に茨城県沖でM(マグニチユード)7級の地震が起きた。今回も捕獲から1ヵ月がたつので、そろそろ……」

「私の場合、『サガミザメ』を目安にしています。漁では水深350mにいるメスを狙って延縄(はえなわ)を垂らすので、さらに100mから200m深海にいるオスは普段はまったくかからない。ところが、忘れもしません。地震が発生した09年8月11日(M6.5・駿河湾地震)、昨年3月11日(M9.0・東北地方太平洋沖地震)、同8月1日(M6.1・駿河湾地震)、今年1月28日(M5.5・山梨県東部・富士五湖地震)に限っては、その3、4日前からオスばかり大量に揚がったんです! 『今度、オスがたくさん獲れたら連絡しろ』と、知人や親戚にはしつこく言われています」

これだけの前兆。
干退現象も出始めた。
もう、それほど時間は残されてないのでしょう。
あんまり書いてもしょうがないと思いましたが。
まぁ、時期については、ワタスは勝手に来月後半からと見ていますが。

本当にありがとうございますた。

スポンサードリンク

↓1日1回応援クリック

この記事をシェアしてヒャッハー!しよう