大峠シリーズ再開について 常識、常識

スポンサードリンク

さて、先日このような読者の方からメールを頂きました。

規格外の人生街道を歩いていると、自分では充実してるし、納得も満足もしているのに、ときどき世俗の人間と話をすると奇妙な感覚を覚えます。理解しあえるようにと話をしても無駄で、一方的な価値観を押しつけられて閉口します。こちらのブログを覗くようになって、自分が解放されたというか、仲間を見つけたと心強く思いました。….

ワタスは何度もいうように規格外ならぬ既知外。
良いですか。
このブログは既知外ブログ。
ヒャッハー。
なんども書いてますよね。
そのようなヒャッハーなどとういう奇妙な感嘆詞を書き連ねるブログが他にあるでしょうか。
あまり他にないかと思います。

それにワタスは年齢がグレングレンひっくり返る人物です。
今度は何をひっくり返そうかと思案しています。
金玉をひっくり返しても玉金になるだけですし。
今度は性別でも変えようかなと思っています。
こんなブログが他にあるでしょうか。

そういうブログを書く人物を正常な人物と思う方がおかしいですよね?
分かりますね?
き、既知外。。

そう。
分かりますよね。
そこのところをちゃんと理解して読まなければなりません。

あなた方の信じるものと、ワタスが信じるものが単純に違うだけです。
ワタスはあなたの方が常識の方が単なる妄想だと思っている。
ただそれだけです。

黄金村の人達と話しています。
一般社会の人達は物語の中に住んでる。
ファンタジーの中の住人と呼んでいます。

人間というのは、それが正しいか正しくないか、真実かどうかはまったく関係ない。
まわりの人が正しいと言ってるかどうかだけが問題です。
多くの人が正しいという方、広く一般に広報する力のあるマスコミが正しいと言う方を正しいと思う頭の構造です。

前にも書きましたが、集団同調性バイアス。
韓国のテグ市で起きた地下鉄事故の様子。
↓辺りは煙が充満しているというのに逃げない乗客。
TKY200302190282.jpg
197人が死亡した大事故でした。
http://www.bo-sai.co.jp/tikatetuhoukajiken.htm
ぇえ?
この人達、頭がおかしいんじゃないの?
普通の人はそう思いますよね。

でも、実際、あなたが地下鉄にのっていて煙が充満してきた。
でもまわりの乗客が平然と座っている。
あなたは逃げるでしょうか?あたり構わず逃げる人は統計的に4%しかいないと言われています。

東京は既にチェルノブイリ強制移住地域を超えるホットスポットがいくつもあるのにほとんど引っ越さない。
ストロンチウム90な場所で平然とGWを楽しんでいる。
何が正しいかは関係ない。
狂った人々と思うでしょうが、多くの人がやってることを正しいと思う脳味噌のせいです。

とにかく、世の中の常識というのはまわりの多くの人がやっていること、信じてることで決まる。
何が正しいかは関係ない。

世の中の人は人間がサルから進化したなどと言うお馬鹿な学説を常識の如く信じている。
何が正しいかは関係ない。進化論は捏造、インチキ学説だなどというと、エロヒムという宇宙人を信じるエロリアンムーブメントか!などと突っ込まれるだけなのです。

最近は、量子力学などで最新の研究者は普通に異次元の話をしています。
巨額の資金を使って、どでかい量子加速器などをやってヒッグス粒子を見つける等々。異次元の存在を証明することに躍起になっています。
↓これはセルンの量子加速器
o0580038810347769881.jpg
どっからどう見ても、この世界は多次元構造体なのです。
周波数帯が違えば別の次元に行く。
別の次元に住んでいる生命体も普通に存在します。
そしてこの地球上では新しい次元が生まれつつあるのです。
こういう話をするとすぐにキチガイ扱いされてしまいます。

私自身の存在は、多次元に渡って存在していることを知っています。
肉体とは、古い3次元空間の入れ物なだけです。
私はこういう格好のこういう年齢のこういう性別の人ですという言い方は、入れ物を説明してるだけであって、本当の私はそんなものではない。多次元に渡って存在するエネルギー体に対して、年齢などどうでも良いのだし、金玉がついてようがついていまいが些細なことです。
地球上の人々は古い次元の中で新しい次元に移行しつつあります。そして古い次元のまま留まり続けるとつらい目に合う。
この次元がぶっ壊れてきているとはそういうことです。
だから新しい次元の方、軽い波動と共にありましょうといつも言っています。

ワタスがコンサート会場でグレンとひっくり返って登場したら、まじめにやって下さい!目を三角にして怒っていたおばちゃんがいますた。
ぇえ?
ったく。そっちが真面目にワタスのブログを読みなさいよと思ったものです。

あなたは一生懸命働いている。
でもそんなに働かなくても本当は良いんだ!
と言ってもだーれも信じない。

今、我々はお金(通貨)の存在する社会に住んでいます。
でも、お金などなくても暮らせる世界は普通に存在します。
別に経済行為はお金がなくなれば、回らなくなるとかそんなことはありません。

とにかく、常識などどっかの誰かが決めた勝手な物の見方。
愚にもつかない常識。
常識、常識。
勝手な理屈。一方的な価値観をこのブログにも押し付けてこようとする者達がいる。
正しいかどうかは関係なく多くの人が信じているファンタジー。
頑迷なファンタジーの森に住む人達。

ワタスは2012年初頭にファンタジーの世界に亀裂を入れたつもりだったのですが何も変わりませんですた。
つくづく白けてしまったのは言うまでもありません。

2012年になったのだから、いい加減気づいたら如何でしょうか。
なんでこんなことを書くかというと大峠の超え方シリーズを再開しようと思うからです。
いつも途中になってしまうのですよね。このシリーズは。

もうついてこれる人しか読めない。
とにかくこのブログは読者を選別する。
もう次元が分かれて来てるのでしょうがない。

本当にありがとうございますた。

スポンサードリンク

↓1日1回応援クリック

この記事をシェアしてヒャッハー!しよう