原発情報 ストロンチウムは均一に広がっている

スポンサードリンク

さて、東京湾の放射能は去年に比べて減るどころか増えてるというニュースがありますたね。

img_1466673_66474657_4.jpeg d8ec51ed.png

■2012年5月9日 NNN(日本テレビ系)
東京湾の土で放射性セシウム増 川から流入http://www.news24.jp/articles/2012/05/09/07205352.html
福島第一原発事故による影響で、東京湾の土に含まれる放射性セシウムが増えていることが、近畿大学の研究チームの調査でわかった。
近畿大学・山崎秀夫教授の研究チームが先月2日、荒川などの河口付近の3か所で海底の土を採取し、一平方メートルあたりに含まれる放射性セシウムの量を調べたところ、去年8月の調査結果と比べて、3か所とも放射性セシウムの量が大幅に増えていることがわかった。これにより、川から放射性セシウムを含む土が東京湾に流れ込んでいることが裏付けられた。東京湾の魚などへの影響について、山崎教授は、「土や泥に付着した放射性セシウムは剥がれにくく、魚に取り込まれても吸収されずに排せつされるため、体内には蓄積しにくい」として、

こういう調査は今までセシウムばかりの調査結果しか出ていませんでしたよね。
ところが、最近、ストロンチウムの調査結果も出てきました。

海上保安庁の調査です。(ソースはこちら)
このグラフを良くみて下さい。各地点の濃度です。
赤い線がストロンチウム90の濃度を示しています。青いのがセシウム。
セシウム134/137濃度に比べて均一に広がっています。

↓クリックすると大きくなります。
strontium90_1.jpg

ストロンチウム90は1000km範囲で均一に拡散している。
1/12から1/15まで、海上保安庁がセシウム134,137およびストロンチウム90の濃度を太平洋沖で計測しました。
ストロンチウム90は、文部科学省の予測ではセシウム134,137のおよそ1/1000とされてきましたが、実際は17%~62%のセシウム比で検出されました。
ストロンチウム90は千葉沖170kmから1000kmまで、かつ表層1mから水深100mまでほぼ均一に拡散していることが分かりました。

srontium90.png 201111000007.jpg

今回は海で計測ということですが、これだけ海で拡散してれば、陸地でも同じじゃぁないでしょうかね。
この早川マップのセシウム検出されてるところは、その16~72%の割合でストロンチウム90も拡散してるのではないでしょうか。

0305Gmap.jpg

ストロンチウム90と言えばあの肥田先生も一番危険だと言っている物質です。

肥田舜太郎医師 妊娠可能な年齢層の女性がストロンチウム90を体内に取り込んでしまうと、免疫系に障害を受け、後になって生まれてくる子供たちに奇形が増えることもわかっています。

肥田舜太郎医師 ストロンチウム90その毒性は非常に強く、第二次世界大戦中に米国で「ドイツの食料を汚染させる」という作戦において「最も危険」だとして候補にあたったほどです。

「ストロンチウム90は骨に沈着して最も排出されにくいことで知られている。このことについては1943年、原爆製造中のマンハッタン計画の中枢で、中心的な科学者のエンリコ・フェルミが主任のオッペンハイマーに「ヒットラーに原爆製造を思い留まらせるには放射性物質をドイツの小麦畑に蒔くのが効果的だ」と話した時、オッペンハイマーが「それには骨に沈着して離れにくいストロンチウム90が一番よい。ただし、50万人を殺せる確信ができるまではやめた方がいい」と答えたという話が残っている。」(内部被爆の脅威 p.81)

ぁ、ぁはぁ?
あのストロンチウム90?
ストロンチウムの中で東京ディズニーランド?スペースマウンテン?
なんて豪快な休日の過ごしかたなんだ。

東京の皆様は、世界の人々が口から泡を吹きながら失神してしまうようなスリルある休日を過ごしています。
やはり真面目に考える時期は過ぎているようですね。
もっと楽しく生きましょう。
ものは考えようです。
こういう時代があっても良いし、その中で楽しくバカンスしても良い。
そしてたぶんこれも何らかの神様の意図なのかもしれません。

※おまけ
↓ストロンチウム90を対外排出するには?
土井理沙先生の記事です。

本当にありがとうございますた。

 

スポンサードリンク

↓1日1回応援クリック

この記事をシェアしてヒャッハー!しよう