本当だった?ある学生さんの気づき

スポンサードリンク

さて、以下
ちょっと面白かったので載せます。
ネット上である学生さんが書いた文章です。
世間では引き寄せの法則と言われているものがありますね。

普段思ってることが現実化する。
このブログでは、量子力学的に言うと、この世のすべては波なんだと書いています。
あらゆる世の中の物質、車だろうと家だろうと洋服だろうと。あなただろうとステージ上で歌って踊るAKB48さんだろうと。
あなたの認識する現実とは、あなたという波とまわりの波の干渉縞です。
量子力学でいうとすべての物はあなたとの関係性の中でなりたっています。
観測者がいなければ、観測される側も存在できないのです。

あなたがこの世界を作り出している。
全ての人には創造の力がある。

スクリーン上にあなたの波が他の波と干渉して現実を映し出しているだけです。
だから自分が映写機のようなものだと何度も書いています。

まぁ、ちょっと以下、面白いので読んで見て下さい。この学生さんは引き寄せの法則を使って
勉強もうまくいったし、就職もできたと書いてますね。
ちょっとうまく行き過ぎですが。
でも全体的には真実を言っていますね。

「引き寄せの法則」って知ってる奴いる? ヤバイ本物だったみたいだ
http://blog.livedoor.jp/chihhylove/archives/7170314.html
7f9e1c79.jpg

「引き寄せの法則」で俺の人生は180°変わったんだがきっかけは本を手に取ったこと。
数ページパラパラめくってるうちに引き込まれた。
「思考は現実化する」
って書かれてた

俺は受験勉強で一年で偏差値17上がった
自己暗示ではないんだよな…
「自己暗示」って思ってる時点でこの法則は作用しない
そもそも本質からして違うものだと思うわ
おまいらは、なぜ世界の1%の人が、世界の96%の富を占有しているのだと思う?
それは偶然だと思うか?
実はそのように仕組まれてるだけだ。

富を自分に引き寄せることが出来た人たちは、意識的であろうとなかろうと、「法則」を使用した。
彼らは豊かさや富を頭に思い浮かべて、それと相反するようなことは全く考えなかった。
気づいていようといまいと、彼らは富のことばかり考えていたので、富がやってきた。
「引き寄せの法則」が作動したってこと。
脳ってのは複雑なもので、スーパーコンピュータでも再現できないからな
「思考」は確実に力を持っている。

宇宙で最も偉大な法則は、「引き寄せの法則」らしい。

確実に出来るようになる。
でも注意!
「数学が出来るようになりたい」じゃなくて、「俺は数学が出来る!」って思い込まないとダメ。マジで。
あと「俺は数学が出来ないから…」って考えてるとマジでその通りになる
「思考は現実化する」から。
何度でも言うが、「引き寄せの法則」はガチ。
「思考は現実化する」から。

本当に思い込めばその通りになる。
何だって手に入る。何だって引き寄せられる。
豊かな生活を送っている自分をイメージすると、「引き寄せの法則」が力強く働いて、自分の人生を意識的に決めることが出来るようになる。それほど簡単なことだ。

だけどおまいらは、「それではなぜ人々は自分の夢見た生活を送っていないのか」とすぐに疑問が湧くだろう。
では何故か?ここが問題だ。
ほとんどの人は欲しくないものについて考えてしまっている。そして、なぜ嫌なことばかりが次々と起こってくるのか、不思議に思っている。

人々が自分の欲しいものを手に入れていない理由は、欲しいものよりも、むしろ、欲しくないものを考えている時間が長いからだ。
自分の思いや、発している言葉に注意を向けてみろ。「引き寄せの法則」はガチだから。

基本的に24時間に何回でも。
この法則のことを思い出す度強く念じる。
人間は一日に10万回思考してるから
そのうちの何割かをこれに回せ。

「念じる」って感覚とも少し違う。
「念じる」じゃ、「○○したい、○○なりたい」だろ?
「○○なんだ。○○するんだ。」って思い込まないと。

自分は「俺は上智大学生だ。英語が出来る。長文がスラスラ読める。あのキャンパスに通って、こういう暮らしをする。あの食堂で昼を食べて、夜はここに遊びに行く。」って30分に一回は思考した。
合格しました。
おまえが本当にそうなんだと、俺はイケメンなんだという幸福感を味わえたら
実現可能
「引き寄せの法則」は自然の法則だ。
個人的な感情を汲み取ってくれる法則じゃない。善悪の判断もしない。おまいらの思いを受信して、おまいらの人生経験にして送り返す。「引き寄せの法則」はおまいらの考えている事をすべておまいらに還元する。

例えば、タイガーウッズは「俺は打つ前に球が入るのは分かってるし、入らない時は打つ前に分かる」と言う。
ジョーダンも同じ。シュート売った時に「入った」って実感を味わう。
そしてシュートが入る。

入らない時は打つ前に分かる。
打つ前に入らないと思ったから入らない。

おまいらが欲しいものに意識を持続的に集中させると、最大のチカラで引き寄せの法則はその欲しいものを呼び寄せる。
が、残念なことに、否定形かどうかまで引き寄せの法則は判断しない。否定形の表現をしても、それを引き寄せてしまう。

つまり、
「私は遅れたくない」→「遅れたい」
「侮辱されたくない」→「侮辱されたい」
「ぼっちになりたくない」→「ぼっちになりたい」
「仕事が多すぎて全てをこなせない」→「仕事がもっと来て欲しい」
「大学に落ちたくない」→「大学に落ちたい」

信じようと信じまいと「引き寄せの法則」は動いてる、マジで。
成功者は意識してるしてないにかかわらず、この法則を実践してる。
さっき上の方のレスでも出たけど、イチローなんかはその典型だろうな。

そう。勉強する意志の有無にかかわらず、
思考さえすれば法則が自然とそっち(合格する方)に導いてくれる。
特に苦もなく勝手に勉強するようになり、合格する。

「大学に受かる」という思考が全て導いた結果。
例えこの法則を知らなくとも、勉強しまくった奴は自信がついて「合格する」って思考が高まるから合格する。
この法則を知らずに勉強しなかった奴は自信がなく、「落ちたくない」って思考のほうが大きいから「落ちたくない→落ちる」って思考が現実化する。
例え勉強しまくって模試で良い成績の越した奴でも、「合格する」じゃなく「落ちたくない」って思考の方が強かったら落ちる。

「引き寄せの法則」を本当に使いこなせるやつは、全く便利しなくてもマジで受かる。
だけど俺はまだそこまでの自信はなかったし、ノー勉で受験すればさすがに「落ちる」って思うから俺には無理だった。

だけどこの法則を信じていれば「合格する」って確信があった。毎日「合格する」の思考を続けていれば、並の受験勉強を周りに合わせて続けただけなのに記憶力が抜群になって偏差値がうなぎ登りになった。
当然俺は受験当日「合格する」の思考だった。

「いま考えている事」がおまいらの未来において全て実現化する。
おまいらが不平を言っていれば、引き寄せの法則は間違いなく、おまいらが不平不満を言いたくなるような状況を作り出す。

また、他人の愚痴を聞いてそれに集中し、それに同情し、それに同意していたら、
やはり、その瞬間に今度は不平を言いたくなる状況をおまいらの元に引き寄せてる。

どれくらい信じられるかがこの法則のキモだから、俺には東大合格は信じられなかった。
信じられなかったら全てが終わり。
不安を抱きだしたら終わり。
俺はその程度の器でしかなかったから

おまいらにマジでアドバイスする。
起こって欲しくないことや、怖いものや、避けたいものに意識を集中するのをやめろ。
そしてそれとは逆に、本当に欲しいものに意識を集中しろ。

量子物理学者、アランウォルフ
「私は馬鹿げた空想や希望的観測を言っているのではない。マインド(創造的思考力)なくして宇宙は存在し得ないことが、量子物理学によって発見されている。さらに、マインドは実際に知覚する全てのものを形成している。」
ここら辺は難しい

この法則に気がつかない人も
努力することでこの法則を実践している。
ただ、大学受験なんていくら努力をしたって実らない場合なんて多々ある。そいつは「落ちたくない」って思ってたやつ。

この引き寄せの法則に気がついてる奴は、
努力すれば確実に受かると思ってるので「落ちたくない」の思考ではなく「受かる」の思考をする。その思考を、確信を、より強固なものにしようと勉強する。
その時点で大きなアドバンテージ。

ちなみに本当にこの法則を使いこなせる奴は勉強しなくても大学に受かる。
そんなことしても大抵のやつは当日までは「たぶん受かるだろう→本当に受かるだろうか→落ちるかも」っていう思考になり、
当日もテスト用紙を目の前にした時点で落ちると確信する。
普通の精神力の奴はそうして落ちる。

思考のアンテナなら存在するよ。
自分が宇宙で一番強力な電波を発信してる放送局だと想像してみればいい。
頭は思考を形成し、その映像は人生の経験として放送されて行く。テレビで別の映像が見たかったら、チャンネルを替えて、別の周波数に同調させればいいだけ。

理解出来ないからという理由で、法則を拒否するべきだということはない。
俺たちは電気を理解出来なくても、それを使いこなすことが出来る。俺は文系だから、電気がどのような仕組みで働くのかは知らない。でも電気を使って人に料理を作ることは出来る。そしてこの法則を使って自分の人生を変えられるんだってことも知ってる。

引き寄せの法則は磁石だと思えば良い。
周波数のある磁石だ。

嫌な過去を思い出す→それの実現
素晴らしい未来を想像する→それの実現

人は一日に10万回思考する。
それを全部コントロールするのは難しいが、「感情」がその物差しになる。
良い思考をしてる時は良い気分に、悪い思考をしている時は悪い気分になる。
これには善悪とかそんなものは関係ない。

良い気分=良い思考は、お前が起こって欲しいと思ってることを引き寄せ、
悪い思考=悪い思考は、お前が起こって欲しくないと思ってることを引き寄せる。

ミスチルの歌詞に
「良い事があってこその笑顔じゃなくて
笑顔でいりゃ良い事あると思えたら
それが良い事の序章です」
ってフレーズが出てくるが、まさにその通り。
初めは幸福な気分に浸って幸福ではないことでも幸福に思えてるだけかとも思うが、
気がついたら気のせいじゃなく本当に幸福になっている。

あなたは子供のころから洗脳されまくって育った。
たいしたことのないやつ。ダメなやつ。どうでも良いやつ。
そうやって自信なさげな平々凡々な大人に育てられた。

常識で考えなさい。
あんたにできる訳ないでしょう。
そうやって徹底して刷り込まれて教育されて来たためにそれが当たり前のように思う脳みそになってしまった。

だから、あなたはあいもかわらず、放射能降りしきる中、満員電車に揺られている。

はぁ。。
なんでこんなことやってるんだろう。
でも、しょうがない。私はたいしたことないんだし、平凡な能力しかない。
好きなことをやって生きていける能力なんてない。
そういう人は特別な人なんだ。
私には無理。。
だから、こういうつまらない現実だって受け入れざる得ないんだ。

本当にそうでしょうか。

奴らというのはあなたが作り出している。
あなたの心が作り出している。
なぜなら、あなたが支配されたいから。
今の状態が当たり前のように思ってしまっているから存在するだけです。

そろそろ気づく時ではないでしょうか。
これから、すべてがぶっ壊れていきます。

そういう時、あいもかわらず外側で起きることに右往左往して生きるのでしょうか。
弁証法に引っかかって生きるのでしょうか。
テーゼとアンチテーゼ。そこで争ってる限りそこからは抜け出せない。
それは自分自身が作り出した現実の中でもがいているだけだからです。

ジンテーゼ。
まったく新しい世界を創造しよう。

その心の奥底に眠る想像の力。
黄金の光。

2012年半ばを過ぎた今。
そろそろ気づく時ではないでしょうか。

学生さんらしい文章を読んで思ったことです。
本当にありがとうございますた。

 

スポンサードリンク

↓1日1回応援クリック

この記事をシェアしてヒャッハー!しよう