ウルトラセブンの言葉

スポンサードリンク

くほほほほほ

ちょっとお盆であっちこっちに行って忙しくしておりますた。
先日は横浜の鶴見のイベントに行っていました。
ミニコンサート&漫才はいかがだったでしょうか。
会場の皆様お笑い頂けたようで良かったです。
会場でお会いしたようにワタスは見ての通りハイパースカポンチンです。
今後とも宜しくお願いします。

それと黄金村はお盆ということで人がごったがえしていますた。
普段は泊れない人もいっぱい来ていますた。
おまけにワタスがロンドンオリンピック閉会式で何かあるなどとと煽ったせいでさらに人が増えていますた。
スカポンチンなことを書いて申し訳ありませんですた。
まぁ、以下のような気になる地震があったのですが。
nikkou_jambo.jpg
nikkou_jambo2.jpg
これは日航123便が墜落した時刻とまったく同時刻だそうです。
まぁ、偶然でしょう。
とっても楽しいお盆でしたね。

さて、お盆と言えばご先祖様の話。
ワタスのご先祖さんの話を書きましょう。

ワタスの場合は何度も言うように。
故郷はM78星雲。
最近、自分がウルトラマンだと思い出した。
これはワタスのお兄さんのウルトラセブンさんの有名過ぎる話です。

知っているでしょうか。
ちゃぶ台で対峙するウルトラセブンとメトロン星人の話。
知ってる人は知っている有名な場面です。

http://www2.u-netsurf.ne.jp/~okhr/sight7/page08.htm

アパートに潜入したダンは、うす暗い廊下をいちばん奥の部屋の前まで捜索する。
するといきなり扉が開いて部屋に連れ込まれ、眼前にはメトロン星人が待っていた。
そして…、あまりにも有名な、「ちゃぶ台を挟んで対峙する、ダンとメトロン星人」の画面。

metoron.jpg

「ようこそ、ウルトラセブン!…我々は、君の来るのを待っていたのだ…」(メトロン星人)
「なに!」(ダン)
「歓迎するぞ、アンヌ隊員も呼んだらどうだい」(メトロン星人)
ちゃぶ台の前に、あぐらをかいて座るメトロン星人。

metron2.jpg

つられたダンも思わず座ってしまう。
「君たちの計画は全て暴露された。おとなしく降伏しろ」(ダン)
「ハッハ…、我々の実験は十分成功したのさ」(メトロン星人)
「実験…?」(ダン)

metron3.jpg

「そうだっ!赤い結晶体が人類の頭脳を狂わせるのに、十分効力があることが分かったんだ。教えてやろう、我々は人類が互いにルールを守り、信頼しあって生きていることに目をつけたのだ。地球を壊滅させるのに暴力をふるう必要はない。人間同士の信頼感をなくせばよい。人間たちは互いに敵視し傷つけあい、やがて自滅していく。どうだ、いい考えだろう」(メトロン星人)
「そうはさせん、地球にはウルトラ警備隊がいるんだ」(ダン)
「ウルトラ警備隊?恐いのは、ウルトラセブン、君だけだ!だから君には宇宙へ帰ってもらう、邪魔だからな…」(メトロン星人)

さすがセブン兄さんです。
奴らの手口を余すことなく描いた秀逸な作品ですた。

弁証法。
争いのないところに争いを生み出し、分割して統治する。
お互いに争いことこそ、奴らの思う壺。

最近、尖閣諸島だの天皇訪韓で謝罪しろだの。
奴らの工作が忙しいようです。

そして、この赤い結晶体とは、金貨のことか硬貨のことか。

地球の皆様は、競争したり、いがみ合ったり。
本当の敵が誰なのかすぐに忘れてしまうようです。

メトロン星人の策略を見事に看破したセブン兄さんのように。
ワタスも多くの地球人を目覚めさえねばならない。

この回の最後に流れるナレーションが秀逸ですた。

「メトロン星人の地球侵略計画はこうして終わったのです。人間同士の信頼感を利用するとは恐るべき宇宙人です。でもご安心下さい、このお話は遠い遠い未来の物語なのです…。え、何故ですって?…我々人類は今、宇宙人に狙われるほど、お互いを信頼してはいませんから…」

2012年。ワタスは本当の自分を思い出した。
多くの地球人を目覚めさせることができるのか。
くほほほほ

本当にありがとうございますた。

スポンサードリンク

↓1日1回応援クリック

この記事をシェアしてヒャッハー!しよう